○大仙市荒川鉱山跡地観光施設条例

平成17年3月22日

条例第187号

(設置)

第1条 荒川鉱山跡地の史跡保存及び自然の中でのスポーツ、レクリエーションの振興を図り、心身の健全な発達並びに観光に資するため、大仙市荒川鉱山跡地観光施設を設置する。

(名称及び位置)

第2条 大仙市荒川鉱山跡地観光施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

荒川鉱山跡地施設

大仙市協和荒川字嗽沢及び百目石山地内

自然公園施設

大仙市協和荒川字嗽沢地内

オートキャンプ場

大仙市協和荒川字嗽沢地内

(管理及び運営)

第3条 大仙市荒川鉱山跡地観光施設は、常に良好な状態に管理され、その設置目的に応じて最も効率的に運営されなければならない。

2 大仙市荒川鉱山跡地観光施設は、市長が管理及び運営する。

3 前項の規定にかかわらず、大仙市荒川鉱山跡地観光施設の管理及び運営は、法人その他の団体であって市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(指定管理者の業務等)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行う。

(1) 利用の制限に関する業務

(2) 施設及び設備の維持管理に関する業務

(3) 利用料金に関する業務

(4) 前3号に掲げるもののほか、大仙市荒川鉱山跡地観光施設の管理及び運営に関し市長が必要と認める業務

2 前条第3項の規定により大仙市荒川鉱山跡地観光施設の管理及び運営を指定管理者に行わせる場合は、第6条の規定は適用しない。

3 前条第3項の規定により大仙市荒川鉱山跡地観光施設の管理運営を指定管理者に行わせる場合における第9条から第11条までの規定の適用については、これらの規定中「市長」とあるのは「指定管理者」と、「使用料」とあるのは「利用料金」とする。

(管理及び運営の基準)

第5条 指定管理者は、大仙市荒川鉱山跡地観光施設の管理及び運営に当たっては、この条例に定めるもののほか、この条例に基づく規則で定める管理及び運営の基準に従ってこれを行わなければならない。

(使用料)

第6条 オートキャンプ場を利用する者(以下「オートキャンプ場利用者」という。)は、別表に定める使用料を納入しなければならない。

(利用料金の収受)

第7条 指定管理者は、オートキャンプ場利用者から利用料金を自己の収入として収受するものとする。

(利用料金の承認)

第8条 前条の利用料金は、指定管理者があらかじめ市長に申請し、その承認を受けて定めるものとし、これを変更しようとするときも同様とする。

2 市長は、前項に規定する承認の申請があった場合において、当該申請に係る利用料金が次の各号のいずれにも適合していると認めるときは、同項の承認をしなければならない。

(1) 別表に規定する使用料の範囲内であること。

(2) 大仙市荒川鉱山跡地観光施設に係る業務の適切な運営に要する費用に照らし、妥当なものであること。

(3) 特定のオートキャンプ場利用者に対し、不当な差別的取扱いをするものでないこと。

3 市長は、第1項の承認をしたときは、速やかに当該承認をした利用料金を公告するものとする。

4 指定管理者は、第1項の承認を受けた利用料金を大仙市荒川鉱山跡地観光施設において公衆の見やすい場所に掲示しておかなければならない。

(使用料の減免)

第9条 市長は、公益上その他特別の理由があると認めたときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第10条 既納の使用料は、還付することができない。ただし、市長は、オートキャンプ場利用者の責に帰することができない理由によりオートキャンプ場を利用させることができなくなった場合その他特に必要があると認めた場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(利用の制限)

第11条 市長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、利用を拒否し、又は退場させることができる。

(1) 感染症患者と認められるとき。

(2) 場内の秩序を乱し、又は施設設備等を損傷するおそれがあると認められるとき。

(3) 係員の指示に従わないとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が利用させることが不適当と認めるとき。

(損害賠償)

第12条 利用者は、施設、設備及び展示物を損傷し、又は滅失させたときは、市長の定める方法で賠償しなければならない。ただし、市長が特別の事由があると認めたときは、この限りでない。

(委任)

第13条 この条例に定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成17年3月22日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の協和町荒川鉱山跡地観光施設設置条例(平成5年協和町条例第15号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年12月22日条例第370号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月22日条例第27号)

(施行期日)

1 この条例は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例第1条の規定による改正後の荒川鉱山跡地観光施設条例別表の規定は、この条例の施行の日以後の入場に係るものから適用し、同日前の入場に係るものについては、なお従前の例による。

附 則(平成18年6月27日条例第50号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年3月24日条例第13号)

(施行期日)

1 この条例は、公布の日から施行する。

(大仙市まほろば唐松中世の館条例の一部改正)

2 大仙市まほろば唐松中世の館条例(平成17年大仙市条例第188号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

(大仙市工学博士物部長穂記念館条例の一部改正)

3 大仙市工学博士物部長穂記念館条例(平成17年大仙市条例第189号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

附 則(平成25年12月20日条例第42号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

2 第1条の規定による改正後の大仙市南外コミュニティセンター条例別表第2の規定、第2条の規定による改正後の大仙市地上デジタル放送再送信施設設置条例第6条第1項の規定、第3条の規定による改正後の大仙市健康文化活動拠点センター「ペアーレ大仙」条例別表の規定、第4条の規定による改正後の大仙市総合営農支援施設設置条例別表の規定、第5条の規定による改正後の大仙市南外多目的集会施設設置条例別表の規定、第6条の規定による改正後の大仙市南外農林漁業者創作研修センター設置条例別表の規定、第7条の規定による改正後の大仙市南外生活改善センター設置条例別表の規定、第8条の規定による改正後の大仙市西仙北農村交流施設条例別表の規定、第9条の規定による改正後の大仙市協和農作業準備休養施設設置条例別表の規定、第10条の規定による改正後の大仙市協和農業体験学習館条例別表の規定、第11条の規定による改正後の大仙市太田地域農産物等活用型総合交流促進施設条例別表の規定、第12条の規定による改正後の大仙市営放牧場使用料徴収条例別表の規定、第13条の規定による改正後の大仙市牧野使用料徴収条例第3条の規定、第14条の規定による改正後の大仙市牧野管理利用機械使用料徴収条例別表の規定、第15条の規定による改正後の大仙市南外特用林産研修施設設置条例第5条第2項の規定、第16条の規定による改正後の大仙市南外森林総合利用施設設置条例別表第2の規定、第17条の規定による改正後の大仙市緑の交流空間施設設置条例別表の規定、第18条の規定による改正後の大仙市死亡獣畜取扱場設置条例別表の規定、第19条の規定による改正後の大仙市太田高齢者等活動・生活支援促進機械施設条例別表の規定、第20条の規定による改正後の大仙市中仙地域農業総合管理施設条例別表の規定、第21条の規定による改正後の大仙市立太田就業改善センター条例別表の規定、第22条の規定による改正後の大仙市神岡農山村多面的機能活用施設及び交流促進センター施設条例別表の規定、第23条の規定による改正後の大仙市西仙北ぬく森温泉ユメリア条例別表の規定、第24条の規定による改正後の大仙市八乙女温泉さくら荘条例別表1の規定、第25条の規定による改正後の大仙市協和温泉条例別表の規定、第26条の規定による改正後の大仙市南外ふるさと館条例別表の規定、第27条の規定による改正後の大仙市太田ふるさと館条例別表の規定、第28条の規定による改正後の大仙市太田四季の村条例別表の規定、第29条の規定による改正後の大仙市観光情報センター設置及び管理に関する条例別表の規定、第30条の規定による改正後の大仙市協和モーターサイクル場設置条例別表の規定、第31条の規定による改正後の大仙市荒川鉱山跡地観光施設条例別表の規定、第32条の規定による改正後の大仙市まほろば唐松中世の館条例別表の規定、第33条の規定による改正後の大仙市工学博士物部長穂記念館条例別表の規定、第34条の規定による改正後の大仙市まほろば唐松公園施設設置条例別表の規定、第35条の規定による改正後の大仙市立太田南部コミュニティ・センター条例別表の規定、第36条の規定による改正後の大仙市史跡の里交流プラザ「柵の湯」条例別表の規定、第37条の規定による改正後の大仙市協和農林水産物直売・食材供給施設条例別表の規定、第38条の規定による改正後の大仙市協和遺跡・陶芸の里交流施設条例別表の規定及び第39条の規定による改正後の大仙市大曲地域職業訓練センター条例別表の規定は、施行日以後に行う利用の許可に係る使用料等について適用し、同日前に行う利用の許可に係る使用料等については、なお従前の例による。

別表(第6条、第8条関係)

オートキャンプ場使用料

単位

使用料

1区画 1泊(午後零時から翌日の午後零時まで)

2,060円

1区画 日帰り(午前9時から午後4時まで)

1,030円

大仙市荒川鉱山跡地観光施設条例

平成17年3月22日 条例第187号

(平成26年4月1日施行)