ふるさとこんにちは

秋田県大仙市公式ブログ

Home » 2016 » 10月 » 03

間もなく鈴木空如展が始まります

10月7日(金)から16日(日)まで、太田文化プラザ(太田支所向い)で「空如の画業を探る」をテーマに、鈴木空如が模写した法隆寺金堂壁画12面と関連作品の展示が開催されます。

4日から文化財保護課と太田支所の職員チームによる作品展示作業が始まっています。

空如は太田町小神成出身の仏画家で、明治から昭和にかけてひたすら仏画の模写に取り組み、生涯名利を求めない生き方から「画聖」とも呼ばれています。

日本の世界遺産第1号である法隆寺は、金堂の内壁に描かれた日本最古の仏教仏画が昭和24年の火災で焼損しており、空如の模写した作品は、火災前の壁画を忠実に描いていることから、非常に貴重なものとなっています。

法隆寺金堂壁画の模写作品は、大きなもので8畳、小さなものでも6畳ほどのサイズです。

普段は、さまざまな催しが行われる多目的ホールですが、空如作品を展示するためにホールの壁を模様替えし、天井から吊るすために移動式の足場を組み、上、中、下とそれぞれ2人の6人がかりで展示をします。

作品にキズをつけないよう細心の注意を払い、6人が呼吸を合わせて吊るす作業を行っていました。img_5325img_5331img_5337

法隆寺金堂内壁を再現するように12面が展示されるのは7年ぶりです。

このほか、関連作品の展示も行われます。img_5359

 

また、空如の金堂壁画模写が縁で、15日(土)には法隆寺の大野玄妙(げんみょう)管長による「日本のこころと和の文化」と題した特別講演なども行われます。20161003151111-0001

秋のひととき、空如の絵にふれ、大野管長のお話しを聞き、心豊かな時間を過ごしてみませんか。

中里温泉「秋の温泉まつり」初開催

10月1日(土)、中里温泉駐車場を会場に「秋の温泉まつり」が開催されました。

「秋の温泉まつり」は今年が初開催、主催は中里温泉ですが、販売ブースで販売を担当する方も、舞台発表に出演する方も、ほとんどが中里温泉の常連さんたちで、出店料や出演料なども何もなく皆さんの協力により実施されました。そして来場し、お祭りを楽しんでいる方々もまた、中里温泉の常連さんと地域の皆さん。いかに地域に愛されている施設かがうかがえます。

当日は天候にも恵まれ、1,000人近い来場者があり、舞台発表を楽しみながら、気仙沼の海産物・地元山菜・手作りお菓子など秋の味覚を堪能していました。先着150名のさんまの塩焼きプレゼントは行列ができるほどの人気でした。dsc_1476img_5308

 

太田地域のイベントにはおなじみとなった本格ピザ窯も出動し大盛況。東京から修学旅行で訪れていた中学生達もテキパキとピザ焼き体験をお手伝いしていました。img_5311img_5320

 

中里温泉の年間入湯者数は延べ約12万人と、大仙市内の公共温泉ではダントツで№1の多さを誇ります。地域の方に愛され、多くの方に利用されている中里温泉。今回の「秋の温泉まつり」でも地域の真ん中で、人が集い元気を与えてくれる場所であることが感じられました。

中里の湯っこは塩化物、硫酸塩泉で、入浴後も湯冷め知らず。関節痛にも評判のいい温泉です。

いつも利用してくださっている方も、来たことない方も、秋の農作業で疲れた体を癒しに、中里温泉へぜひおこしください。