ふるさとこんにちは

秋田県大仙市公式ブログ

Home » Articles posted by 仙北地域の広報担当 (Page 4)

払田柵跡「史跡保存80周年」

写真の説明

史跡の里せんぼくの顔とも言える国指定史跡「払田柵跡」。

今年は払田柵跡の保存開始から80年の節目を迎えました。

史跡保存80周年を記念して、これまでの保存事業の歩みをパネルにした企画展示を払田柵総合案内所で行っています。

また、昭和5年の第1次発掘調査の様子や実際に発掘された柵木も展示しています。

1,200年前、平安時代から現代によみがえった史跡の保存作業の歴史をご覧ください。

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

【記念展示】

期間/11月30日(金)まで

時間/午前9時~午後4時

会場/払田柵総合案内所

入場料/無料

【問い合わせ】

払田柵総合案内所 ℡0187-69-2397

さくら満開!

仙北地域のさくらも満開になり、見ごろを迎えました。

【真山公園】ソメイヨシノ、ベニヤマザクラ等 約100本

写真の説明

地域内での花見と言ったら、やっぱり真山公園。

ソメイヨシノの白にベニヤマザクラのピンクが映えます。

こぶしも見ごろです。

写真の説明写真の説明

写真の説明

山頂への道にはソメイヨシノのアーチ。

今年は昨年よりも咲きぶりがいいようです。

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

今週いっぱいは花見を楽しめそうです。

連休後半の始まりは天気がぐずつきそうですが、

終盤まで散らないことを祈りましょう。

【国指定名勝「払田柵跡」】ソメイヨシノ 約10本

写真の説明

史跡の里せんぼくの代名詞、払田柵のさくらも満開。

県道沿いに見事に咲き誇っています。

歴史散策をしながらの花見もいいのではないでしょうか。

写真の説明写真の説明

【ふれあい親水公園】ソメイヨシノ 約20本

写真の説明

意外と穴場なのが「ふれあい親水公園」。

丸子川と矢島川の合流地点にあります。

ふれ文からみどり幼稚園へ向かって1つ目の橋を渡ってすぐ、

みどり幼稚園の脇の道へ右折して入っていきます。

写真の説明写真の説明

写真の説明

今年はどこのさくらもいい咲きぶりです。

さくらは春だけ、期間限定。

散ったら来年まで見られません。

農繁期ですが、ちょっと一休み。

のんびり花見でもどうでしょうか。

仙北地域 「踊りと唄のフェスティバル」

写真の説明

仙北地域「踊りと唄のフェスティバル」が、3月18日に仙北ふれあい文化センターで行われました。

仙北踊り連盟(大山トク子会長)が主催となり、懐かしの「仙北小唄」と「仙北音頭」を復活させ、

次の代へ伝承していこうと企画したもの。地域枠予算を活用して、大々的に行われました。

写真の説明

写真の説明写真の説明

踊り連盟やカラオケ同好会の会員が普段の練習の成果を披露。

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

熟練の踊りや唄に会場からは大きな拍手がおくられました。

写真の説明写真の説明

また、ゲストとして民謡日本一の高橋節子さんや深瀬康子さん、

フラダンスグループのラ・フラ・レオマナが招かれ自慢ののどやダンスを披露しました。

仙北音頭

写真の説明

【仙北音頭】

ハアー 春は花咲くしょうぶ台はヨー

むかし国司のいたところ チョイトナソレ

四方の眺めの 四方の眺めのすばらしさ

ソウトモソウトモ ソウトモネ 仙北村はおらが村

ハアー 夏は青田の碁盤目模様はヨー

草取るあの子も気だてよく チョイトナソレ

風もさやかに 風もさやかにそっと寄る

ソウトモソウトモ ソウトモネ 仙北村はおらが村

ハアー 秋はたわわな黄金の波がヨー

千両万両と村みたし チョイトナソレ

踊る調子も 踊る調子もみなそろう

ソウトモソウトモ ソウトモネ 仙北村はおらが村

ハアー 冬は一面雪化粧だがヨー

嫁も姑もぬくぬくと チョイトナソレ

世間話に 世間話に花さかす

ソウトモソウトモ ソウトモネ 仙北村はおらが村

仙北小唄

写真の説明

【 仙北小唄】

ハアー

ひがし山から 春風吹けば

仙北そだちの 気がはづむ

ハアー

花は見頃か 夕焼けとんび

払田の森を ひとめぐり

ハアー

みのる稲穂を 黄金に染めて

虹がつなぐよ 北南

ハアー

月に浮かんだ 田茂木の橋に

川の水さえ 逢いにくる

ハアー

雪にほんのり 部落の灯り

かよう心も ほのぼのと

写真の説明写真の説明

「仙北小唄」と「仙北音頭」では踊り連盟の会員が、

昔懐かしい唄に合わせて会場に大きな踊りの輪をつくりました。

写真の説明写真の説明

訪れた方々は唄を口ずさんだり、手拍子で拍子を合わせたりして、

懐かしの「仙北小唄」と「仙北音頭」を楽しみました。

社日の梵天奉納

3月18日(日)は社日で、長野地区では長野神社に梵天奉納が行われました。                           ○♪朝の出掛けを互いに待ちて ここで逢うのも縁じゃらや                                      写真の説明                                           ○♪一の鳥居に朝顔植えて 今日も咲け咲け 明日も咲け                                         写真の説明

史跡の里に今年も幾千のほたるが舞い降りる《払田柵の冬まつり》

2月18日(土)、払田柵跡外柵南門広場を会場に「払田柵の冬まつり」を開催し、市内外から大勢の方々が訪れ、冬ならではの「スキー」「けっちすべり」のほか、「鍋まつり」「餅つき」も行われ、仙北地域冬の風物詩を堪能しました。

今回は、東日本大震災で被災された福島県の親子を招待し、地元仙北地域の子供たちとの「蝦夷ほたる(ミニかまくら)づくり」を通じての交流も行われ、秋田の冬を楽しんでいただきました。

子どもスキー大会

子どもスキー大会

けっちすべり大会

けっちすべり大会

雪上グラウンドゴルフ大会

雪上グラウンドゴルフ大会

鍋まつり

会場の様子

蝦夷ほたるづくり

蝦夷ほたるづくり

福島県の子ども達との記念撮影

福島の子ども達との記念撮影

餅つき

餅つき

蝦夷ほたる点灯

蝦夷ほたる点灯

蝦夷ほたる

メーンの「蝦夷ほたる」ではライトアップされた払田柵南門をバックに、夕暮れともに夜空に浮かび上がるほたる達の姿をカメラに収めようと続々と人が訪れ、幻想的な雰囲気を楽しんでいました。

蝦夷ほたる

まだまだ厳しい寒さや雪が降る毎日ですが、ほたる達が舞い降りると間もなく仙北地域に春が訪れます。

仙北地域冬の風物詩!!今年も払田柵に蝦夷ほたるを飛ばそう《「払田柵の冬まつり」》

お知らせ

今週末の2月18日(土)に、国指定史跡「払田柵跡」外柵南門広場を会場に、仙北地域冬の風物詩「払田柵の冬まつり」が開催されます。

当日は、「子どもスキー大会」を始め、「雪上グラウンドゴルフ大会」「けっち滑り大会」「蝦夷ほたるづくり」「餅つき」「鍋まつり」等々、イベント盛り沢山の一日です。

「払田柵の冬まつり」チラシ表

「払田柵の冬まつり」チラシ裏

メーンは夕暮れ時に行われる「蝦夷ほたる(ミニかまくら)」の点灯です。

外柵南門をバックに徐々に暗闇と夜空に浮かび上がる幻想的な光景を一目見ようと毎年カメラを片手に多くの方々が訪れます。

内容について詳しくはこちらをご覧ください。

■大仙市ホームページ「払田柵の冬まつり」

■「払田柵の冬まつり」会場位置図

■昨年の「払田柵の冬まつり」様子

仙北地域除雪デー

写真の説明

先月末からの寒気の停滞で降雪が続いている大仙市。

1月31日には市内の最大積雪深が122㎝(太田)になり、

今後も降雪量が増えることが予想されたため、

市では「豪雪対策本部」を設置しました。

仙北地域でも2月1日には積雪深が100㎝に。

道路の両側には雪壁ができ、交差点での視界が悪くなっています。

そこで仙北支所では2月2日に支所職員が分担し、

地域内の除雪を行いました。

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

朝方は気温が氷点下10℃を下回っていたものの、

日中の天気は快晴。

6班に分かれた職員は、主に通学路などの交差点にできた

雪壁を崩す作業などを行い汗を流しました。

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

この日は天気が良かったため地域内の各家庭や事業所でも

雪寄せをしている姿が見られました。

写真の説明

一夜明け、本日2月3日はまた雪。

まだ雪との戦いは続きそうです。

市では今後も引き続き、市内のパトロール強化をはじめ

事故防止の呼びかけ、除排雪体制には万全の体制でのぞみます。

写真の説明

払田柵 秋の風物詩《よみがえる平安の柵》

10月24日(月)に史跡払田柵跡で横堀小学校高梨小学校の児童と地元「蝦夷ほたるを飛ばす会」「白銀会」の会員が参加し、払田柵跡の周囲約3.6キロに旗を立て、当時の外柵を再現しました。

参加した児童たちは、1200年前の当時を想像し、今自分たちの住んでいる地域に存在した、払田柵跡の大きさにみな驚いていました。

今回立てられた旗は11月26日(土)までの1ヵ月間、晩秋の風に吹かれながら払田柵跡周辺を彩ります。

お近くをお通りの際は、ぜひお立ち寄りいただき、払田柵跡の広さ、雄大さご覧ください

写真の説明

写真の説明

史跡の里の秋まつり《仙北公民館まつり&史跡の里ふれあいコンサート「海上自衛隊大湊音楽隊」》

10月15日(土)・16日(日)の二日間、大仙市仙北ふれあい文化センターを会場に「仙北公民館まつり」が開催されました。

日ごろ生涯学習の場として公民館を利用、活動している各種団体の作品が多数出品され、訪れた方々の目を楽しませてくれました。

イベントホールではふれあい文化センター自主事業の「史跡の里ふれあいコンサート」も開催され、昨年の「陸上自衛隊東北方面音楽隊」に引き続き、今年は「海上自衛隊大湊音楽隊」による演奏を披露していただき、訪れた大勢の聴衆のみなさんは迫力ある演奏に大満足でした。

仙北公民館まつり

仙北公民館まつり

仙北公民館まつり

史跡の里ふれあいコンサート「海上自衛隊大湊音楽隊」

史跡の里ふれあいコンサート「海上自衛隊大湊音楽隊」

史跡の里ふれあいコンサート「海上自衛隊大湊音楽隊」

白球に思いを懸ける、親父たちの甲子園《全県500歳野球大会》

10月4日(火)・5日(水)、雨のため大会が延期となっていた「全県500歳野球大会」の5回戦と準々決勝が大仙市仙北球場で行われ、地元神岡地域の「神岡大浦クラブ」が5回戦で「オール大森(横手市)」を下し、準々決勝進出を果たしました。準決勝進出かけて「八郎潟セイルズ(八郎潟町)」と対戦しましたが惜しくも敗れ、ベスト8の成績を残しました。

《試合結果》

【 5回戦 】 神岡大浦クラブ 7―0 オール大森

【準々決勝】 八郎潟セイルズ 4―2 神岡大浦クラブ

往年の名選手たちが繰り拡げる白熱した試合に、観客、ベンチから盛んに歓声が上がっていました。選手のみなさん大変お疲れ様でした。

神岡大浦クラブVSオール大森 対戦の様子

神岡大浦クラブVSオール大森 対戦の様子

神岡大浦クラブVSオール大森 対戦の様子

紅葉の名勝庭園公開中!!《旧池田氏庭園特別公開》

11月3日(水)から13日(日)まで国指定名勝「旧池田氏庭園」の特別公開が開催されています。

本家庭園内では木々たちが色づき、今週末あたりから紅葉の見頃を向かえようとしています。

今回の公開では土日のほか、平日の公開を加えて公開期間を拡大して開催しています。

お近くの方はゆっくりと鑑賞いただける、平日のご来園をお勧めします。また本家庭園とあわせて紅葉の隠れた名所である払田分家庭園にもご来園お待ちしています。

●公開期間:11月3日(水)~11月13日(日)

●受付時間:午前9時~午後3時30分(最終入場)(閉園午後4時30分)

●受付場所:旧池田氏庭園(本家庭園)正門内側の園内(大仙市高梨字大嶋1)

●駐 車 場:平日…旧池田氏庭園正門前(駐車30台)

土日祝日…庭園正門前(駐車30台)及び仙北南保育園臨時駐車場(駐車80台)

●公開整備協力金:一人200円(中学生以下無料)

「旧池田氏庭園」の周辺地図はこちらから ⇒ 「旧池田氏庭園」周辺地図

「旧池田氏庭園はライブカメラでリアルタイムでご覧になれます ⇒ 旧池田氏庭園ライブカメラ

仙北地域振興局のブログにも「旧池田氏庭園」が掲載されています ⇒ Daisen百彩 花火100歳

【問い合わせ先】 月~金曜:大仙市教育委員会 文化財保護課 0187-63-8972

土日祝日:大仙市役所 仙北支所 0187-63-3003

旧池田氏庭園(本家庭園)

旧池田氏庭園本家庭園

旧池田氏庭園本家庭園

旧池田氏庭園本家庭園

旧池田氏庭園本家庭園

旧池田氏庭園(払田分家庭園)

旧池田氏庭園払田分家庭園

旧池田氏庭園払田分家庭園

優雅で華麗な踊りや舞が共演!!《仙北ふれあい文化センター自主事業「民俗芸能フェスティバル」》

9月18日、大仙市仙北ふれあい文化センターを会場に自主事業の「民俗芸能フェスティバル」が開催されました。

昨年開催し好評だった「盆踊りフェスティバル」に引き続き、第2弾として開催された今回は、岩手県から「鬼剣舞」(北上市)と「盛岡さんさ踊り」(盛岡市)が出演。秋田県からは「願人踊」(八郎潟町)と地元中仙地域の「ドンパン踊り」が出演し、両県を代表する伝統芸能が一堂に介して、優雅で華麗な踊りや舞に訪れた530人の観客を魅了しました。

「ドンパン踊り」(中仙地域)

ドンパン踊り(中仙地域)

「願人踊」(八郎潟町)

願人踊(八郎潟町)

「鬼剣舞」(北上市)

鬼剣舞(北上市)

「盛岡さんさ踊り」(盛岡市)

盛岡さんさ踊り(盛岡市)

 「会場内の様子」

会場内の様子

晩夏の名勝庭園に涼を求めて《「旧池田氏庭園」特別公開 北東北インターハイ特別協賛》

8月15日(月)~19日(金)の5日間、北東北インターハイの「なぎなた競技」が大仙市仙北ふれあい体育館を会場に開催されたことを受けて協賛として「旧池田氏庭園」特別公開が開催されました。

白亜の洋館

今回の特別公開では、地元仙北中学校の生徒がボランティアスタッフとして参加、来園者の受付や案内業務に従事してくれました。生徒のみなさん暑い中ありがとうございました。

仙北中学校生徒による受付・案内・庭園内説明の様子

修復作業中の「米蔵」

庭園内では現在、年次計画により、明治建築の米蔵味噌蔵内蔵の三棟の修復工事中で、屋根、土壁、床敷石等の解体修理を実施しています。

滝口から流れる水の音、そして夏の終わりを惜しむかのように鳴き続けるセミの声が庭園内に響きわたっていました。

北東部庭園内の様子

大正時代建築の洋館内では、建築当初の姿を再現するために、大正から昭和にかけて制作された椅子が修復され、今回お披露目となって展示されました。

修復された椅子

雪見灯籠と洋館

次回の公開は、今週27日(土)に開催される「大曲の花火」の翌日8月28日(日)です。

晩夏の名勝庭園をぜひ御覧ください。

仙北地域夏の風物詩盛大に開催《彩夏せんぼく2011》

8月15日(月)、「払田柵跡」内特設会場で「彩夏せんぼく2011」が夏空のもと開催され、天気にも大変恵まれて市内外から大勢の方々が訪れお盆の一時を楽しみました。

「ふれあいウィンドオーケストラダイナミックス演奏」

まつりのオープニングは毎年恒例のふれあいウィンドオーケストラダイナミックスによる演奏で幕を開け、子どもたちの元気いっぱいの演奏と可愛らしいダンスを披露してくれました。

ふれあいウィンドオーケストラダイナミックス演奏

「子ども魚つかみ取り」

川の中を素早く泳ぐ魚たちに悪戦苦闘しながらも子供たちは夢中になって捕まえていました。

子ども魚つかみ取り

「仙北太鼓演奏」

会場内を和太鼓独特のリズムと迫力満点の音に包まれました。

仙北太鼓演奏

「歌好き!踊り好き!大集合」

歌好き!踊り好き!大集合

「ブラボー中谷マジックショー」

テレビでもお馴染みのブラボー中谷さんのマジックショーでは、独特の語り口で会場内を笑いに誘い、様々なマジック披露してくれました。

ブラボー中谷マジックショー

「会場内の様子(昼)」

夏休み中の子どもたちがたくさん訪れ、出店や屋台にくぎ付け(^_^;) みんなまつりを楽しみ満喫していました。

会場内の様子

「史跡の里づくり委員会委員長あいさつ・市長あいさつ」

史跡の里づくり委員会委員長あいさつ・市長あいさつ

「大道芸パフォーマンス」

大道芸パフォーマンス

「平安行列」

地元幼稚園児・小学生による「稚児行列」では、可愛らしい衣装を身につけて緊張した表情で行列を披露してくれました。

その後に続いての時代行列では、仙北中学校の生徒を中心に、平安時代の衣装を身につけて堂々たる行列で会場を練り歩きました。

平安行列「稚児行列」

平安行列「払田の司」

平安行列「陸奥国司」

平安行列「出羽国司」

平安行列

平安行列

平安行列フィナーレ

「会場内の様子(夜)」

夜になると観客も一気に増えて、浴衣姿の秋田美人も多数訪れ、まつりに華を添えてくれました。

写真の説明

[花火ショー] 第1部プラベート花火 第2部テーマ「頑張るみんなへ光のプレゼント」

払田柵南門をバックに目の前で夜空へ高々と、そして次々と打ち上げられる花火に観客は心奪われ、魅了されていました。

花火ショー

花火ショー

花火ショー

花火ショー

仙北地域の夏を彩る風物詩《彩夏せんぼく2011》

毎年8月15日、仙北地域の夏を彩る風物詩「彩夏せんぼく2011」が国指定史跡「払田柵跡」内特設会場で開催します。

オープニングは「ふれあいウィンドオーケストラダイナミクス」の演奏でスタートし、「こども魚つかみ取り」「仙北太鼓」の演奏、地元芸文協のみなさんによる「歌好き!踊り好き!大集合」「ブラボー中谷マジックショー」、まつりのメーンである「平安行列」「大道芸パフォーマンス&北川雄歌謡ショー」、フィナーレを飾る「花火ショー」等々、沢山のイベントを予定しています。

美味しい食べ物、飲み物の出店も沢山ございますので、お盆の一時をぜひ史跡の里でお楽しみください。みなさんからのご来場お待ちしています。

・昨年と一昨年の「彩夏せんぼく」の様子や「会場周辺図」はこちらからご覧ください。”

↓↓↓↓↓↓↓

■仙北地域ブログ「彩夏せんぼく2010」  ■仙北地域ブログ「彩夏せんぼく2009」

■「彩夏せんぼく2011」会場位置図

《お問い合わせ》

史跡の里づくり委員会事務局(大仙市役所仙北支所市民サービス課内)

電話 0187-63-3003 FAX 0187-63-3015

彩夏せんぼく2011パンフレット表

彩夏せんぼく2011パンフレットイベント内容

彩夏せんぼく2011パンフレット花火ショー内容

彩夏せんぼく2011パンフレット裏

史跡の里で夢の競演《仙北ふれあい文化センター自主事業「民俗芸能フェスティバル」》

平成23年度仙北ふれあい文化センター自主事業「民俗芸能フェスティバル」を開催します。

出演団体は、鬼剣舞(岩手県北上市)、願人踊(秋田県八郎潟町)、ドンパン踊り(大仙市中仙地域)、盛岡さんさ踊り(岩手県盛岡市)となっていて、各地を代表する踊りが一堂に会し、ダイナミックかつ艶やかな踊りをみなさんの目の前で披露します。

 日 時   平成23年9月18日(日) 開演:午後2時 (開場:午後1時30分)
 会 場   大仙市仙北ふれあい文化センター
 料 金   全席自由 1,000円(前売券が完売した場合は、当日券の販売はありません)

《プレイガイド》

・仙北ふれあい文化センター 0187-69-3333   ・大曲市民会館 0187-63-8766

・中仙市民会館「Don-Pal」 0187-56-7200    ・協和市民センター「和ピア」 018-892-3820

・サテライト六郷 0187-84-4888           ・タカヤナキ゛イーストモール 0187-62-1001

・イオン中仙店 0187-52-6100

《問い合わせ先》仙北ふれあい文化センター 0187-69-3333

民俗芸能フェスティバルチラシ表

民俗芸能フェスティバルチラシ裏

今が紫陽花の見ごろです《一ツ森公園&仙北庁舎前の紫陽花》

仙北地域では史跡の里交流プラザ「柵の湯」の西側にあります一ツ森公園内の紫陽花が見ごろを迎えています。

一ツ森公園

一ツ森公園の紫陽花(首都圏仙北町ふるさと会記念植樹)

白色の紫陽花は首都圏仙北町ふるさと会設立10周年を記念して植樹された紫陽花です。綺麗で真っ白な紫陽花の花々が出迎えてくれます。

一ツ森公園の紫陽花(首都圏仙北町ふるさと会記念植樹)

公園内の周囲には白色以外にも青色や薄紫の紫陽花もたくさん咲いており、目を楽しませてくれます。

場所についてはこちらから ⇒⇒⇒ 「一ツ森公園」

一ツ森公園の紫陽花

一ツ森公園の紫陽花

仙北庁舎前

仙北庁舎前に植えられている紫陽花も薄紫やピンク色の花を咲かせて今が見ごろを迎えています。

仙北庁舎前の紫陽花

仙北庁舎前の紫陽花

仙北地域にお越しの際は、鮮やかに咲き誇る紫陽花たちに立ち止ってみてはいかがでしょうか??

平安衣装を身にまとい、夏の夜空に花火を打ち上げてみませんか?≪彩夏せんぼく「平安行列」参加者募集&「プライベート花火」打ち上げ募集≫

8月15日(月)に開催する仙北地域夏の風物詩「彩夏せんぼく2011」のメーンイベントである「平安行列」の参加者と花火ショーの「プライベート花火」の打ち上げを募集しています。

詳細については掲載している内容をご覧になり、史跡の里づくり委員会事務局(仙北支所市民サービス課内)電話0187-63-3003までお申込みください。

みなさんからの多数のお申し込みお待ちしています。

昨年の様子はこちらから ⇒⇒⇒ 「彩夏せんぼく2010」

「平安行列」募集チラシ

「プライベート花火」募集チラシ

彩り豊かなコントラストをお楽しみください《仙北地域板見内地区の芝桜》

春の匂いと風薫る仙北地域の板見内地区では、毎年田んぼの畔一面に芝桜が咲いています。

板見内地区の芝桜

例年よりも若干時期が遅くなりましたが、薄紫色、白色、ピンク色の色鮮やかな芝桜たちが通行する人たちの目を楽しませてくれます。

芝桜アップ

板見内地区の芝桜

芝桜の場所はこちらから ⇒ 仙北地域板見内地区周辺地図

彩り豊かなコントラストをお楽しみください《仙北地域板見内地区の芝桜》

春の匂いと風薫る仙北地域の板見内地区では、毎年田んぼの畔一面に芝桜が咲いています。

板見内地区の芝桜

例年よりも若干時期が遅くなりましたが、薄紫色、白色、ピンク色の色鮮やかな芝桜たちが通行する人たちの目を楽しませてくれます。

芝桜アップ

板見内地区の芝桜

芝桜の場所はこちらから ⇒ 仙北地域板見内地区周辺地図

春満開!!桜たちの共演をぜひご覧ください《真山公園の桜満開》

今、仙北地域では桜の名所である「真山公園」の桜たちが満開の花びらを開いています。

例年より開花が遅く心配されましたが、連休中に満開となったソメイヨシノとベニヤマザクラが青空のキャンバスの下で咲き誇っています。

真山公園の桜

真山公園の桜

真山公園の桜

連休終盤の今週末は史跡の里の桜を見にぜひお越しください。春の匂いを漂わせてみなさんをお待ちしています。

周辺地図はこちらからご覧ください ⇒ 真山公園

いつも利用している「柵の湯」のために頑張りました《「愛湯の会」清掃ボランティア》

4月19日(火)に史跡の里交流プラザ「柵の湯」で、常連客のみなさんがいつも利用している「柵の湯」のためにと、今回初めて有志で結成している「愛湯の会(あいとうのかい)」が主体となって清掃ボランティアを実施しました。

清掃作業前のあいさつ

会員のみなさんは、掃除用具片手に蛇口周りや鏡・タイル・窓ガラスといった汚れが付きやすいところを重点的に清掃しました。

浴場内の清掃作業

浴場内の清掃作業

「柵の湯」の営業時間は午前7時から午後8時まで(受付は午後7時まで)

サウナの利用時間は午前9時から午後8時までとなっています。

みなさんからのご利用お待ちしています。

「柵の湯」について詳しくは ⇒ 大仙市ホームページ「柵の湯」

⇒ 「柵の湯」公式ホームページ」をご覧ください。

あなたも新しい楽しみ見つけてみませんか?《総合型地域スポーツクラブ「啓発フォーラムinせんぼく」》

お知らせ

3月24日(木)に、仙北ふれあい文化センターを会場に、総合型地域スポーツクラブ「啓発フォーラムinせんぼく」が開催されます。

幅広い世代の人々が、各自の興味や関心、競技レベルに合わせて、様々なスポーツに触れる機会を提供し、クラブを中心に人と人とがつながり合う新しい地域のコミュニティが「総合型地域スポーツクラブ」です。

「啓発フォーラムinせんぼく」チラシ表

「啓発フォーラムinせんぼく」チラシ裏

この機会に総合型スポーツクラブについての知識を深めてみませんか?

参加希望の方は3月18日(金)までに電話かFAX等でお申込みください。

多数のご参加お待ちしています。

お申し込み・お問い合わせ

(財)秋田県体育協会 生涯スポーツ課

TEL 018-864-8094 (土日祝祭日除く 9:00~17:00)  FAX 018-864-5752

E-mail 3-akitaken@japan-sports.or.jp

仙北ふれあい文化センター

TEL 0187-69-3333 (土日祝祭日除く 9:00~17:00)  FAX 0187-69-2106

E-mail masato-honma17@city.daisen.akita.jp

静寂包む史跡の里に今年も幾千のほたるが舞い降りる《払田柵の冬まつり》

2月19日(土)、払田柵跡外柵南門広場を会場に「払田柵の冬まつり」が開催され、好天にも恵まれて市内外から大勢の方々が訪れました。

子どもスキー大会

午前中に仙北スキー場で行われ、34人の子どもたちが参加しました。子どもたちは、自分のベストタイムを出すために、果敢に斜面を攻め、設置されたポールをくぐりぬけてゴールを目指しました。

子どもスキー大会

子どもスキー大会

雪上グラウンドゴルフ大会

雪上に設置された難コースに参加者は悪戦苦闘しながらも、ホールポストに狙いを定めて、プレーしていました。

雪上グラウンドゴルフ大会

けっち滑り大会

寒さに負けない元気な子どもたちは、払田柵跡の斜面に作られた特設コースで冬ならではの遊びに夢中になって滑っていました。

けっち滑り大会

けっち滑り大会

「蝦夷ほたる」(ミニかまくら)づくり

午後からは、冬まつりのメーンとなる「蝦夷ほたる」づくりでは、大勢の子どもたちが参加して、バケツに雪を詰めて手際よく「蝦夷ほたる」を作っていました。

蝦夷ほたるづくり

蝦夷ほたるづくり

栗林市長あいさつ・「蝦夷ほたる」づくり・餅つき

今年も冬まつりに栗林市長が訪れ、あいさつに引き続き、子どもたちと一緒に「蝦夷ほたる」づくりと餅つきに参加していただきました。

栗林市長あいさつ・「蝦夷ほたる」づくり・餅つき

餅つき

毎年大好評のつきたてのお餅は、とても柔らかくてあっという間に無くなってしまいました。美味しそうに食べている子どもたちも笑顔満点でした。

餅つき

鍋まつり

会場では、地元の協力団体のみなさんが作った「とん汁」「もつ鍋」「おでん」「鶏つみれ鍋」「クリームシチュー」の他、「大曲納豆汁」「カレー温麺」が特別参加し、選りすぐりの鍋たちに舌鼓を打ちました。

鍋まつり

「蝦夷ほたる」点灯

今年は作った「蝦夷ほたる」の数は何と1,300個!!(#^.^#)

みんなで丁寧に作った「蝦夷ほたる」のローソクにいよいよ灯りの点灯です。灯りを全部の「蝦夷ほたる」につけ終わる頃、西の空へ綺麗な夕日が沈み夜を待ちます。

蝦夷ほたる点灯

「蝦夷ほたる」

暗闇のキャンバスに徐々に浮かび上がる「蝦夷ほたる」たちと、払田柵南門との共演を一目見ようと、カメラを持参した方々が大勢訪れ、幻想的な世界に目を奪われていました。

蝦夷ほたる

蝦夷ほたる

静寂に包まれた払田柵跡に灯る幾千のほたるたちは、まもなく訪れる春の便りを運んでくれるかのようでした。