ふるさとこんにちは

秋田県大仙市公式ブログ

Home » Archive by category "太田地域" (Page 19)

春の地域清掃活動

写真の説明

当日は春の青空が広がりましたが、まだ大台山には雪が残っています。

写真の説明

高所作業でのボランティアです。

写真の説明

ミラーは磨き上げられ、しっかり交通安全確認ができますね。

写真の説明写真の説明

大曲農業高校太田分校生による授業一環としての地域清掃ボランティア活動です。

写真の説明

学年毎に清掃ルートが決められていました。

写真の説明

活動の最後に先生からボランティア精神のお話がありました。

企業のみなさん、高校生のみなさん、おつかれ様でした。

春の清掃ボランティア、本当にありがとうございました。

太田に豪風関がやってきた「ようこそ豪風さん集会」

6月17日、太田東小学校(佐々木公高校長・児童数129人)で「ようこそ豪風さん集会」が開かれ、 北秋田市出身で大相撲幕内力士の豪風関が同校を訪れました。 この催しは、昨年、同校にある相撲場の上屋と柱を改修したことから「こけら落とし」として豪風関を招いて行われたもの。

この日は「みんなの登校日」ということもあり、地域の方々も訪れ、豪風さんとの交流を楽しみました。

【第1部】「豪風さんとふれあおう!」

体育館を会場に豪風さんと子どもたちがふれあいました。

写真の説明

「ようこそ太田東小学校にお出でくださいました。この日が来るのを楽しみに待っていました。 お会いできてとてもうれしいです」と、児童代表の田中裕也君(6年生)が歓迎のあいさつ。

写真の説明

校歌斉唱に続き、豪風関への質問コーナーへ。

子どもたちの驚きの声が体育館いっぱいに響きました。

写真の説明

「泳ぐことができますか?」 「こう見えてけっこう泳げます」

「相手にやられるとイヤな技は何ですか?」 「張り手です」

「好きな食べ物は何ですか?」 「ちゃんこ鍋です」

「ご飯は何杯食べますか?」 「10杯です」

(子どもたち)エーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

「豪風という名前の由来は何ですか?」 「豪快な相撲をとって豪快な風が流れるようにと、親方と女将さんがつけてくれました」

写真の説明写真の説明

などなど、いろいろな話を聞くことができて子どもたちも満足の様子でした。

ここでサプライズが・・・。

「6月21日に誕生日を迎える豪風さんにみんなでハッピーバースデーを歌いましょう」

写真の説明

子どもたちから歌のプレゼントをもらい豪風関も喜んでくれたようでした。

【第2部】「豪風さんにチャレンジ!」

場所を移して土俵へ。太田風の子スポーツ少年団員11人などと豪風関が勝負しました。

写真の説明写真の説明

子どもたちを軽々とつり上げる豪快な取り組み!!

写真の説明

写真の説明写真の説明写真の説明

写真の説明

今度は5人がかりで挑戦!!

写真の説明

土俵下からは「ガンバレェーッ!!」と声を張り上げて応援します。

写真の説明

足をすくおうと足にしがみつく姿も。

これには会場から笑いがわき起こりました。

写真の説明

取り組み後は子どもたちや地域の人たちと記念撮影をしました。

写真の説明

写真の説明

【第3部】豪風さんといっしょに給食!

5年生ミラクル学級(23人)の子どもたちと豪風関が一緒に給食を食べました。

写真の説明写真の説明

写真の説明

ここでも子どもたちから質問が・・・

写真の説明

写真の説明

「相撲はいつから始めましたか?」

「ウエストは何センチですか?」

「このクラスでタイプだなと思う女の子は?」などなど。

写真の説明

写真の説明

写真の説明

教室中が笑いに包まれた楽しい給食時間でした。

楽しい時間はあっという間に過ぎ・・・ 豪風関とお別れの時間です。

写真の説明 写真の説明

写真の説明

豪風関とのふれあいの中で努力することそして夢を持つことのすばらしさを学んだ子どもたち。

「元気・本気・根気」をテーマに活動している太田東小学校の子どもたちにとって貴重な時間になりました。

新緑に包まれたコースを歩く~てくてくウォーキングinおおた~

6月6日「てくてくウォーキングinおおた」が行われました。

当日は小雨の降るあいにくの天気でしたが、市内外から33人が参加。思い思いのペースでウォーキングを楽しみました。

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

コースは、奥羽山荘を出発して大台スキー場を経由し、真木渓谷入口の関根緑地広場までの片道5kmと往復10kmの2コース。

写真の説明写真の説明写真の説明写真の説明

参加した皆さんは、新緑や初夏の花に囲まれながら歩き、すがすがしい汗を流しました。

満開のニッコウキスゲに感動~ニッコウキスゲ観賞登山

7月12日、ニッコウキスゲ観賞登山が行われ、県内外から48人が参加しました。

今年はニッコウキスゲの当たり年で、薬師平と和賀岳山頂両方で満開のニッコウキスゲを見ることができました。

一行のリーダーを務めてくれた県立自然公園管理員の倉田さんも「薬師岳と和賀岳の両方でこれだけニッコウキスゲが咲いているのは見たことがない」とのこと。

天気にも恵まれ、とてもラッキーな登山でした♪

写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

写真の説明

和賀岳山頂まで長く険しい道のりでしたが、その疲れを吹き飛ばしてくれるほどの美しいお花畑に参加者は感動しきりのようでした。

真木真昼県立自然公園は、県内に8箇所しかない県立自然公園のひとつ。

この美しい自然を守り、後世に残していくことは今を生きる私たちのつとめです。

この貴重な財産をいつまでも大切にしていきましょう。

地区伝統の小正月行事「田ノ尻の火まつり」

2月14日、田ノ尻地区の火まつりが同地区内で行われました。

この催しは、古くからこの地区で行われている小正月行事で、親から子へと代々受け継がれている伝統行事です。

この日も子どもからお年寄りまでたくさんの方が参加しました。

日中、子どもたちが作ったミニかまくらにはあかりが灯され、焚き火で 暖をとる地域の皆さん。

時折雪がちらつき、弱いながらも冷たい風が吹く中でしたが、その光景は会場をあたたかい雰囲気にしてくれました。

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

初めは「雪中田植え」。

揃いの袢纏姿で、今年の五穀豊穣を祈りながら雪中田植えを行いました。

写真の説明写真の説明

写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

紙風船上げでは、3つの紙風船が夜空高く舞い上がりました。

とても大きく、美しい絵が描かれていました。

写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

写真の説明

天筆では、火をつけようとする大人とそれを消そうとワラを持って走り回る子どもたちの元気な姿が印象的でした。

写真の説明写真の説明

写真の説明

五穀豊穣や無病息災を祈るこの行事。

皆が一堂に会し、協力し合って地域を盛り上げている姿を目にし、そして集落の皆さんが一体となって伝統行事を守り、親から子へと何世代にも渡って受け継いでいくんだという想いを感じ、とてもあたたかい気持ちになると同時に元気をいただきました。

20日には、奥羽山荘広場を会場に「太田の火まつり」が行われます。

こちらも同じく太田地域の冬の伝統行事。

雪中田植えをはじめ、約40個の紙風船上げ、ワラで作った高さ10メートルの「かまくら」に火をつけての天筆焼きなどが行われます。

皆さんのお越しをお待ちしています。

第10回チーム対抗雪像コンテスト

2月7日、大台スキー場で「第10回チーム対抗雪像コンテスト」が開催されました。

今年は4チームが参加。

午前9時から雪像作りがスタートし、6時間かけて作った雪像は力作揃い。

どれもすばらしい出来栄えでした。

順位、出場チーム、雪像テーマは次のとおりです。

優勝:ウィズスタンド「やった~ワン」

優勝:ウィズスタンド(やった~ワン)

準優勝:ナインスターズ「トラ」

準優勝:ナインスターズ(トラ)

第3位:山崎ダイカスト「サウザントニー号」

第3位:山崎ダイカスト(サウザントニー号)

4位:山童「バレンタイン」

第4位:山童(バレンタイン)

できあがった雪像に子どもたちは大喜びでした。

写真の説明

写真の説明

秋季リーグ戦優勝を目指して

 8月2日から14日までの約2週間、東京六大学野球リーグに所属する立教大学野球部が太田球場で恒例の夏季キャンプを行いました。

秋季リーグ戦の優勝を目指し、選手たちは連日、気迫あふれる練習をしていました。

8月11日には、大仙市長杯が行われ、第58回全日本大学野球選手権大会準優勝の富士大学(北東北大学野球リーグ)と対戦。

写真の説明

栗林市長が始球式を行いました。

写真の説明

写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

3対3の引き分けでしたが、大会規程により安打数が多かった立教大学が勝利をおさめました。

キャンプ最終日の14日には、少年少女野球教室が開催されました。

この日は、大仙・仙北市、美郷町のスポーツ少年団12チーム約200人が参加しました。

各チームに分かれて指導したあと、ポジションに分かれてより細かい指導。また、基本動作だけではなく、野球に対する心がまえやメンタル面の指導も行いました。

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

立教大学野球部は今年で創部100周年。この記念の年にぜひともリーグ制覇の栄冠を勝ち取ってほしいものです。

9月12日から始まる秋季リーグ戦。

立教大学野球部の皆さん優勝目指して頑張ってください!!

太田地域の冬の伝統行事~太田の火まつり~

2月21日、太田の火まつりが奥羽山荘西側広場で開催され、太田の冬の伝統行事を一目見ようと約2,500人が訪れました。

まつりでは雪中田植えや紙風船上げ、天筆焼きなどが行われ、五穀豊穣と無病息災を祈願しました。

今年のまつりの様子を紹介します。

写真の説明

チューブ滑り遊びでは、雪まみれになって楽しむ姿が。

写真の説明

2回にわたって行われた餅つき大会。

つきたての柔らかい餅が振る舞われました。

写真の説明

写真の説明写真の説明

夜の帳がおりる頃、会場にはさらに人が集まってきました。

雪の中、暖をとりながら夜のイベントを待ちます。

写真の説明写真の説明写真の説明

神事、開会式に続き、田ノ尻集落の皆さんによる雪中田植え。

写真の説明写真の説明

東今泉八幡太鼓の皆さんによる勇壮な太鼓の演奏。

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

そして紙風船上げ。

今年は41個の紙風船が夜空に舞い上がり、辺りは幻想的な雰囲気に包まれました。

写真の説明写真の説明写真の説明

写真の説明

ワラで作られた高さ約10メートルの「かまくら」に火をつけての天筆焼き。

写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

花火が夜空を彩り、まつりのフィナーレを飾りました。

写真の説明写真の説明

果敢に旗門を攻める~2009大台タミヤカップ~

2月8日、2009大台大回転(タミヤカップ)スキー大会が開催されました。

当日は、県内の小学4年生から中学3年生までの男女161人がエントリー。

時折吹雪模様となる悪天候でしたが、選手たちは熱い戦いを繰り広げました。

この1本にかけスタートを待つ選手。

写真の説明

コーチから声援を受けスタートする選手。

写真の説明

これまでの練習の成果を発揮しようと集中し、そして1秒を競い果敢に旗門を攻める姿が見られました。

写真の説明

写真の説明

各部門の市内上位入賞者(6位まで)は次のとおりです。

■小学5年女子の部=【2位】高橋沙湖(太田北)

【4位】碓氷 愛(花館)

■小学5年男子の部=【6位】高橋 央(太田東)      〈敬称略〉

雪の晴れ間、眼下には一面の銀世界。

写真の説明

来年も選手たちの熱戦を期待します!!

「学び合いたい」子どもたちが集合~太田キッズ学びぃ教室~

1月6、7日の2日間、太田公民館で「太田キッズ学びぃ教室」が開かれました。

太田キッズ学びぃ教室

この教室は、夏休みと冬休みそれぞれ開かれているもので、今回が8回目。太田地域内3小学校から延べ166人が参加し、国語・算数・理科・社会・英語・書道に取り組みました。

太田キッズ学びぃ教室

子どもたちに勉強を教えてくれたのは、ボランティアで参加してくれた地元住民や高校生などの「オタスケマン」。

太田キッズ学びぃ教室

太田キッズ学びぃ教室

太田キッズ学びぃ教室

太田キッズ学びぃ教室

太田キッズ学びぃ教室

また、校長先生や教頭先生も飛び入りで参加し、オタスケマンと一緒に子どもたちへ丁寧に指導してくれました。

参加した子どもは「わからなかった問題が解けるようになってうれしい」「夏休みもまた参加したい」と話し、仲間と一緒に学ぶ楽しさと喜びを実感しているようでした。

真っ赤なリンゴを収穫♪

9月19日(金)、おおた保育園の園児たちが太田農業振興情報センターでリンゴの収穫を体験をしました。

収穫を手伝ってくれたのは、パンダ組(4歳児)の子どもたち19人。

収穫の前に、リンゴについての勉強をしました。

「リンゴはどうして赤いのかな?」「上を押さえてやさしくとってください」

リンゴの勉強リンゴのとり方

早くリンゴ狩りをしたくて、子どもたちは待ちきれない様子。

リンゴのとり方

さぁいよいよ収穫です。

みんなすぐにコツをつかんで教わったとおりに1つずつやさしくリンゴをとってくれました。

大事に収穫

収穫後にはとりたてのリンゴと、センターでとれたトウモロコシを食べてみんな大満足。

みんなで試食トウモロコシも試食

秋晴れの空の下、稔りの秋を実感した貴重な体験となりました。

リンゴとパチリみんなで記念撮影

県大会で大健闘

9月9日、秋田県建設技能組合連合会全県野球大会が 潟上市の元木山野球場と八郎潟町の

弁天球場で行わ れ、8チームが熱戦を繰り広げました。

県南代表として出場したのは太田建設技能組合。

初戦は潟上市と対戦し、6対0の完封勝ち。

続く準決勝の象潟町戦は、最終回に逆転し5対3で勝 ちました。

そしていよいよ決勝戦。

相手は前年度優勝の藤里町です。

初回に先制されるも3回にはすぐに追いつき終盤へ。

5回、6回に得点を奪われ、あと一歩及ばず3対1で敗れ ましたが、見事準優勝に輝きました。

選手のみなさんおつかれさまでした。

来年こそは全県制覇を!!

太田チーム

全国から唄い手集う「秋田おはら節全国大会」

9月6日(土)、第13回民謡秋田おはら節全国大会が太田文化プラザで開催されました。

第13回大会

一般の部、熟年の部、少年少女の部の3部門に、今年は全国各地から68人が出場。

予選

「秋田おはら節」は、哀調を帯びた独特の節回しに乗り、家族を想う鹿の心情が切々と流れる、数多い民謡の中でも第一級の名調。

詞(ことば)と節の絶妙な響き合いが物語となるこの唄には、今も昔も愛好者を引きつけて離さない魅力があります。

果たして、この優勝旗は誰の手に。

優勝旗

予選の間に行われたアトラクション。

アトラクション

昨年、一般の部で優勝した深瀬康子さんや大農太田分校郷土芸能部の皆さんなどがゲストとして出演しました。

熟年の部と少年少女の部表彰式に続き、一般の部予選を勝ち抜いた20人で決勝大会が行われました。

今年の優勝は・・・

東京都の内山久子さん。

優勝インタビュー

出場2回目にしての栄冠です!!(ちなみに、昨年初出場で準優勝!!)

内山さんは「(優勝という結果に)ビックリしました。でもとても嬉しいです。一緒に東京からみんなの応援が力になりました」と笑顔で話してくれました。

優勝歌唱

来年もたくさんの方の出場をお待ちしています!!

接戦のプレーオフを制したのは・・・!?

8月30日(土)・31日(日)の2日間、秋田太田奥羽グラウンド・ゴルフ場で第16回秋田太田南部忠平杯グラウンド・ゴルフ大会が開催されました。

会場開会式

この大会は、ロサンゼルスオリンピック陸上男子三段跳び金メダリストで(社)日本グラウンド・ゴルフ協会初代会長の故南部忠平さんからカップを寄贈されたことを記念して開催されたもの。

全国でさまざまな大会が開催されていますが「南部忠平杯」の称号がある大会は、沖縄県宮古島大会とこの大会だけです。

開会式終了後には始球式も。

市長始球式

全国各地、遠くは愛知県から610人が参加。

互いに交流を深めながら優勝をめざして熱戦を繰り広げました。

各コースの優勝者で争うプレーオフでは逆転に次ぐ逆転。

プレーオフプレーオフ

最終ホール、ホールインワンで再逆転し接戦を制したのは雄和グラウンド・ゴルフ協会の佐藤和憲さん。

なんと・・・

第12回大会に続き2度目の栄冠!!

スコアはダントツトップの67でした。

スゴイ。

南部忠平杯が贈られ・・・

南部忠平杯

副賞は・・・

11月15日(土)・16日(日)に行われる沖縄県宮古島大会の宿泊付往復航空券!!

沖縄・・・うらやましいですね。

佐藤さん、宮古島大会も頑張ってきてください!!

優勝者

花真っ盛り!!

8月30日(土)から太田中学校前庭で開催されているおおた花だんフェア。

今年は約1,860点の花だんが訪れた人の目を楽しませています。

花だんフェア

花だんフェア

花だんフェア

花だんフェア

おおた花だんフェアは、9月6日(土)まで開催されています。  どうぞおこしください♪

ガンバレ!!立教大学!!

東京六大学野球リーグ所属の立教大学野球部が8月2日から太田球場で夏季キャンプを行いました。

練習風景

秋季リーグ戦を目前に控えた選手たちは、個々に高い目的意識を持って練習に励んでいました。

今日はそのキャンプ最終日。

恒例となっている「学童野球教室」が開催されました。

参加したのは市内外の9スポーツ少年団の147人。

スローイングや

スローイング指導

バットスイング

スイング指導

ボールの握り方など細かいものまで

握り方指導

レベルの高い選手たちからたくさんの指導を受けました。

熱心に見聞きする団員たちの目が輝いていました。

熱心なまなざし

最後は、宇津井投手と前田捕手によるデモンストレーション。

ちなみに宇津井投手のストレートは最速148km。

団員からは

「おーすげー!!」(ホントにすごかったです)

「はえくて見えねー!!」(ホントに速くて見えませんでした)

という声があがりました。

野球教室の最後、学生コーチの松浦さんから「みんなから元気をもらった」との言葉が。

12日間におよぶキャンプを終えた選手たちは、団員たちからもらった「元気」を力に9月13日から神宮球場で始まる秋季リーグ戦に全力で向かいます。

立教大学野球部ガンバレ!!

メンバー集合

売り切れ御免!!

今日12日(火)は「夕市」が開催されます。

夕市会場

場所は太田球場向かいにある太田交流プラザ。

時間は午後4時から6時までです。

4月から11月まで月1回「朝市」を開催していますが、「夕市」はお盆前の今日だけ。

お買い得な切り花や、大農太田分校生徒が心を込めて作った枝豆、とうもろこし、じゃがいももありますよ。

そのほか地域のみなさんが丹精込めて育てた旬の農産物が盛りだくさん!!

農産物販売

切り花販売

とれたて&直売なのでとても新鮮ですよ。

お買い逃しなく!!

「夕市」は毎年大盛況で、人気商品はあっという間に売り切れてしまいます。

今日の夕方は太田交流プラザ「夕市」でお盆の準備をどうぞ。

★特典★ 販売農家の方から直接、調理方法や栽培方法などなど、とっておきのお話しが聞けますよ♪”