ふるさとこんにちは

秋田県大仙市公式ブログ

Home » Archive by category "未分類" (Page 4)

伝統・文化に触れる(刈和野の大綱引き) ~西仙北小学校4年生グミ編み体験~

 2月10日(水)に開催する刈和野の大綱引きに向けて現在大綱づくりの真っ最中ですが、1月19日(火)午後1時30分より、大仙市立西仙北小学校4年生56名が、刈和野の大綱引きの綱づくりを体験しました。
 綱づくりの中でも今回は「グミ編み」と呼ばれる作業を体験しました。グミ編みは三つの藁の小たばを交互に組み(編み)ながら綱が切れにくく固く締まるように、藁をねじり込みながら編む作業のことです。
P1430032
 建元の説明を熱心に聞いて、いよいよグミ編みに挑戦です。
 *建元とは刈和野の大綱引きを主宰する人、責任者です。
P1430056
 悪戦苦闘しながらも、児童達は一生懸命作っていました。
P1430079

刈和野駅前イルミネーション点灯式開催

12月24日(木)午後4時から、刈和野駅前でイルミネーションの点灯式が開催されました。当日は、刈和野保育園にじ組園児も参加し、主催者である刈和野駅関連施設管理運営組合信田健組合長のカウントダウン後にイルミネーションが点灯され、参加者からは歓声が上がっていました。
P1420977
点灯したイルミネーション
P1420980
信田組合長からプレゼントをもらって、園児達はとても喜んでいました。
P1420999
最後はみんなではいポーズ!綺麗なイルミネーションを一度ご覧になってみてください。
P1430005

「首都圏にしせんぼく会」開催

平成27年11月7日(土)に、成田東武ホテルエアポート(千葉県成田市)で、「首都圏にしせんぼく会」が開催されました。今年は、創立20周年の記念すべき年にあたり、会員など74名が参加し、総会・懇親会で1年ぶりの再会に楽しい一時を過ごしました。

DSCN3084

 

あいさつする嵯峨浩会長

DSCN3082

 

市長や地元から参加した来賓に花束のプレゼント(贈呈者の皆さんと)

DSCN3088

 

お酒を酌み交わしながら、昔話に花を咲かせました。

DSCN3095

 DSCN3091DSCN3093

DSCN3092

おおた はなだより№10 来春に向け水仙の球根植えを実施

11月2日、「おおた花の会」と「太田地域活性化推進室」が主体となり、みずほの里ロードの路肩に水仙の球根植え作業を行いました。IMG_1722

IMG_1726おおた花の会の会員や老人クラブのメンバー、そして太田公民館と太田支所の職員が総勢20人参加し、みずほの里ロードの永代から石神までの路肩両側に、手際よく球根を植えていきました。今回植えた球根は、この春に水仙が咲き終えた頃に、水仙の球根を譲って欲しいと地域に呼びかけ集まった球根で、軽トラック3台分ほどの量となりました。

 

春、太田地域の主要道路は両側に水仙が咲き誇る「水仙ロード」となります。

IMG_2437IMG_0684 

おおた花の会では、毎年水仙の球根植えを実施し、太田地域の全道路を水仙ロードにしようとがんばっています。みずほの里ロードは、田沢湖方面から横手方面に向かう観光地巡りに便利な道路です。多くの方に太田の水仙ロードをご覧いただけることと思います。黄色の優しい色で、太田地域のおもてなしの気持ちを伝えられたらいいですね。

参加いただいた皆さん、ありがとうございました。太田地域では、今後も花いっぱい運動をがんばっていきます。皆さんのご協力、引き続きよろしくお願いします。

準備を進めています。「第31回ふるさと西仙まつり」

 来る8月15日(土)に開催予定の「第31回ふるさと西仙まつり」に向け、準備が進んでいます。写真は、地元町内会、保育園児、西仙北小学校・中学校・高校生の生徒の皆さんによって作られた灯ろうです。この灯ろうは、当日、会場前の雄物川を流れ、皆さんを幻想的な気分にさせてくれますよ。灯ろう流しの他、各種出店、約2,000発の花火が夜空を彩ります。また、当日は「ふるさと西仙ふれあいコンサート」(16:00~)や納涼ビールまつり(17:00~)も併せて開催されます。みなさん、来てけれな!!CIMG7529

亀田街道・雄清水まつり開催

 8月2日(日)午前9時から大沢郷地区旧亀田街道を会場に、「亀田街道まつり」が開催されました。亀田街道まつりは、江戸時代の参勤交代の際に、江戸への往復の道として使われたとされる亀田街道の往事を偲ぼうと行われているまつりで、地域の子どもや住民らが仮装姿で行列を作り、街道を歩きました。

CIMG4371

 

 その後、11時からは大沢郷宿地区湧水雄清水にて「雄清水まつり」が開催されました。湧水を利用した流しそうめんや、イワナのつかみ取り、出店などがありたくさんの人たちでに賑わいました。

CIMG4397CIMG4393CIMG4401

FMはなびで「ふるさと西仙まつり」をPR

 8月15日(金)に西仙北地域にて、「ふるさと西仙まつり」が行われます。当日は関連イベントとして、「ふるさと西仙ふれあいコンサート」と「納涼ビールまつり」も併せて行われます。それらイベントのPRとして、7月24日(金)に西仙北庁舎にて、8月8日に開局する「FMはなび」の収録が行われました。地元西仙北中学校からは、吹奏楽部部長吉田佳奈さん(3年)と渡部由美さん(2年)、納涼ビールまつりを主催する「ほじの会」からは、田村浩祥さんが出席し収録に臨みました。今回収録した内容は8月12日(水)午前8時30分から9時まで放送予定ですので是非お聞きください。

CIMG7418

首都圏「ふるさと太田会」を応援する会 設立

平成27年7月14日、首都圏「ふるさと太田会」を応援する会の設立総会が中里温泉で開催されました。

IMG_2990

22名の出席者で、設立の経緯、会則、事業計画、収支予算などが承認され、24人の会員でスタートすることになりました。

IMG_2993

首都圏「ふるさと太田会」は設立して今年で23年目を迎え、会員の高齢化や、年々会員の減少傾向が続いています。

会の活動も停滞気味になりつつある中で、更なる活発な活動をしていただくため、ふるさとに在住する方や趣旨に賛同する方々で応援してまいります。

IMG_2995

特に、応援したいのは、若い会員を増やすため、ふるさとで開催される厄年等の同期会・同級会などで、首都圏「ふるさと太田会」の宣伝及び会員募集をしていきます。

IMG_2997

首都圏「ふるさと太田会」との絆を大切に。ふるさとの情報を伝え、語り、交流を深めふるさとのみなさんで応援しましょう!

「NISHISEN FLOWER」花壇新設

 6月9日(火)大仙市立西仙北中学校技術室・美術室横に、西部わくわくランチ(西部学校給食センター)竣工記念(平成27年4月1日開設)として、「NISHISEN   FLOEWER」花壇が新設されました。

IMG_1828

 

 この花壇の設置にあたり、地元業者の田村燃料施設工業さんの地域貢献事業として設置に協力をいただきました。

CIMG7117

 花植え作業は、西仙北中学校1年生が行いました。

CIMG7127

CIMG7138

CIMG7141

 西仙北地域にお越しの際は、是非ご覧になってみてください。

CIMG7155

秀麗無比なる鳥海山

♪秀麗無比なる鳥海山よ…で始まる秋田県民歌は、大仙市太田町横沢の倉田政嗣の作詞によるものです。

太田地域では、子どもたちの健やかな成長を祈り、町民の善意を募って建てた「愛の鐘」が、秋田県民歌のメロディで午前6時と正午の時刻をお知らせしています。また太田支所の電話保留音に県民歌のメロディを流し、作詞者のふるさととして県民歌を継承しています。

秋田県民歌は、昭和5年10月30日に制定され、今年85年となります。

「見渡す広野」「黄金と実りて豊けき秋田」という秋田県民歌の歌詞は、政嗣のふるさと太田地域そのものです。

今日は太田地域から鳥海山が美しく見えました。

IMG_0085大台スキー場からの景色

 

IMG_2708

太田町中里からの景色①

IMG_2696

太田町中里からの景色②

政嗣も、85年前にこの美しい鳥海山を見ていたのではないでしょうか。

政嗣は病気のため39歳という若さで亡くなりましたが、作詞当時も病床からこの美しい景色を眺め、歌いだしの第一節目に「秀麗無比なる鳥海山よ」と筆をすべらせたことでしょう。

政嗣が秋田県民歌にこめた秋田への深い想いを、政嗣のふるさととしてしっかり伝えていきたいものです。

仙北地域振興局「元気なふるさと秋田づくり」顕彰事業・協和地域の2団体に表彰状

3月2日(月)、仙北地域振興局において同局の「元気なふるさと秋田づくり」顕彰事業の表彰式が行われ、協和地域の協和ボランティア学級と田舎暮らし体験塾「自在屋」の2団体に表彰状が贈られました。

〇CIMG2030

〇CIMG2031

写真の左側が協和ボランティア学級、右側が田舎暮らし体験塾「自在屋」の代表の方です。

協和ボランティア学級は長年に渡って老人福祉施設でのボランティア活動や高齢者へのふれあい弁当づくりなどの活動を継続的に行っており、元気なふるさと秋田づくりに貢献されました。

田舎暮らし体験塾「自在屋」は平成10年に都市住民を対象として田舎暮らし体験塾を開講し、地域住民が参画した体験プログラム(田舎料理作りや魚捕り、田植えなどの体験)を提供するなどの活動を継続的に行っており、元気なふるさと秋田づくりに貢献されました。

太田の紙ふうせん海を渡る

毎年太田の火まつりで恒例となっている紙ふうせんが、今年は海を渡り台湾の夜空にあがりました。

というのも、太田の火まつり実行委員会より2名の方が大曲青年会議所(JC)と台湾の中和JCとの交流事業に同伴し、『平渓天燈祭』というイベントで紙ふうせんをあげてきたのです。

本番は3月5日夜。気候の違いもあり、無事に上がるか心配されましたが、無事に約300個のランタンと共に夜空に舞い上がりました。

PB230052 PB230061 PB230066  PB230070 PB230068 

来年は台湾から太田地域に招く計画があるようです。

太田のイベントを通して大仙市の冬の観光振興につなげたいものです。

レイアウトで販売力アップを 直売所現地直接アドバイス支援事業を活用

 太田町新興地区の農事組合法人 新興エコファーム(代表理事 細川良喜さん)にて、専門家による直売所の現地アドバイスが行われました。

今回の現地アドバイスは市の事業である「直売所現地直接アドバイス支援事業」を活用したものであり、直売所のレイアウトや接客方法についてアドバイスを受けました。

①

 指導前②

  指導後③

       みなさん、どこが変わったかお気づきでしょうか?

 商品ポップの色の使い方、乾燥野菜を使ったレシピの数、壁面の角に新たな棚を設けてギフトセットの紹介を行う等の改良を行いました。

 このように、専門家の方からは全体のレイアウトから壁面の使い方、パネルの作り方や情報の盛り込み方まで細かくアドバイスを受け、パッと見では気づきませんが指摘されると「なるほど!」と思う面も多々あり、とても有意義な時間となりました。

 農事組合法人 新興エコファームは平成19年に地元農家で設立し、水稲・小麦・枝豆・菌床しいたけ・加工用野菜等を中心に作付しています。

また、6次産業化にも積極的に取り組んでおり、首都圏や地元小売店への販売と併せて自社事務所に直売所を設けて乾燥野菜を販売しており、平成22年度にはふるさと秋田農林水産大賞と農林水産大臣賞を受賞して秋田県でも有数の農事組合法人として活動しています。

 

④

 

 ⑤⑥

 ⑦

  豚汁セット、ギフトセット、柿やりんごの果物、ごぼう等多種多様な商品展開を行っています。

 現在は一年の中でも特に品ぞろえの多い季節ですので、ご家庭での鍋、贈り物にと是非ご利用ください!

農事組合法人 新興エコファーム

ホームページ http://www.ab.auone-net.jp/~ecofarm/

〒019-1611
秋田県大仙市太田町斉内字南茨島165-1
TEL 0187-88-2310

FAX 0187-88-2315

E-mail shinko-ecofarm@ab.auone-net.jp 

おはなしボランティア「いろりの会」10周年記念クリスマス会

 太田地域の絵本や昔話が好きな仲間が集まり、おはなしボランティア「いろりの会」(藤原サチ会長 会員18名が結成されて10周年となりました。

 12月20日に太田地域敬愛館でいろりの会10周年記念クリスマス会が開かれました。

1

 クリスマスの歌をみんなで歌って始まりはじまり。

2

 続いて大きな絵本「いちべえ沼の101ちゃん」のおはなし会です。

3

 そして美郷町六郷在住のシャイニングユウさんによるマジックショー。

4

5

6

 

7

 お母さんやおばあちゃんたち大人が、子どもたち以上に楽しんでいました。

8

 いろりの会は、小学校や福祉施設での読み聞かせやおはなし会、月1度の読み聞かせ会「どんぐり文庫」、そしてクリスマス会を開き、地域の子どもたちばかりでなく、子育て孫育て中のお母さん、おばあちゃんたちにもとても喜ばれています。

9

 これからも楽しいおはなしをいっぱい聞かせてください。

 

大台スキー場開き・・2015シーズン・・

平成26年12月20日、大仙市太田町大台スキー場開きが行われました。

ゲレンデはすでに滑走可能状態となっており、関係者19人が集まり今シーズンの安全祈願を行いました。大台スキー場は昭和56年度開業、34シーズン目に突入です。今シーズンも大台スキー場は、スキーヤーにとって安全で楽しく快適なスキー場運営をめざして行きます。          

                                         大台スキー場HP→  http://www.h7.dion.ne.jp/~ohdai/

IMG_0098

    安全を祈願しての『お清め』のようす。 

IMG_0133

    当日のスキー場開きには報道各社も詰めかけて取材していました。

IMG_0132    今年は早い時期からの降雪により、ゲレンデの積雪は80センチとなっています。

IMG_0116      今シーズンのオープニングセレモニー スキー場関係者によるテープカットのようす。

20141222110442-0001

    来年3月8日までの営業予定となっております。たくさんのお客様をおまちしております。ぜひお越しください。

祝!!太田町スキー連盟50周年

去る11月23日太田町スキー連盟の50周年記念式典が、中里温泉にて盛会に開催されました。

当日は来賓並びに昭和39年の設立から現在まで連盟の運営に携わった関係者が多数参加。

IMG_2945

太田スキー連盟会長髙橋会長のあいさつ。

 

IMG_2947

功労者への感謝状贈呈

右から美郷町金沢 渋谷祥順様、太田町横沢 上村克夫様、 高梨穂田原 熊谷隆世様

IMG_2949 IMG_2963

来賓あいさつ秋田県スキー連盟会長様、大仙市副市長様

IMG_2969

IMG_2970

記念講演には全日本スキー連盟会長様からお越しいただきました。

 

IMG_2977

祝典はそれぞれがそれぞれの50年を思い返しながら厳粛に執り行われ、万事滞りなく終了しました。

今後60周年、70周年と永く続いていくことと思われます。

本当におめでとうございます。

第23回協和地域文化財防火訓練

12月4日(木)、唐松神社において第23回協和地域文化財防火訓練が開催されました。下の写真は火事ぶれの様子です。

●IMG_2477

下の写真は開会式の様子です。

●IMG_2467

下の写真は消火活動の様子です。

●IMG_2485

●IMG_2510

小学生も参加し、バケツリレーによる消火活動も行われました。

●IMG_2493

●IMG_2500

協和分署員の指導で小学生の軽可搬式ポンプ消火訓練、水消火器による消火訓練も実施されました。

●IMG_2530

●IMG_2545

道の駅「協和」休憩施設完成記念セレモニー

11月8日(土)、道の駅「協和」内に建設された休憩施設の完成記念セレモニーが市長、市議会議員はじめ関係者が出席し執り行われました。

●IMG_2437

セレモニーではテープカットが行われました。

●IMG_2445

●IMG_2447

この休憩所は、木造平屋建て、延べ床面積が39.75平方メートル(約13坪)となっており、中のテーブル・イスは全て木製となっております。

◎IMG_2412

◎IMG_2406

皆様、ぜひご利用ください。

大台スキー場に休憩所(大台雪嶺ハウス)完成

 このたび大仙市太田町の大台スキー場に、休憩所(愛称:大台雪嶺ハウス)が完成し、11月23日に関係者が集まり竣工式を行いました。

 1

 休憩所は木造平屋建てで、38畳(うち床の間14畳程度)ほどの広さ。

 隣接するビジターハウスと渡り廊下で隣接され、今シーズンからスキー教室などの際の休憩所として無料で利用していただきます。

 また、夏場にはウォーキングや野外活動などの際に活用していただくように解放します。

2

 

3

 

 大台スキー場は12月20日(土曜日)にオープンする予定です。

 今シーズンも大台スキー場へ多くのみなさまからおいでいただきますよう、お待ちしております。

大仙市芸術文化協会太田支部「芸術文化振興大会」が開催されました。

 11月19日(水)に「芸術文化振興大会」が開催されました。

 はじめに、平成26年度の太田町芸術文化章の表彰が行われました。

 ①

 長年、太田地域の芸術文化の振興に貢献された、「太田町民謡同好会の倉田トキ子さん」へ太田芸術文化章が授与されました。②

 会長の髙橋章さんから「会員みなさんの融和を大切にし、太田地域の芸術文化の振興に努めてていきたいと思いますので、みなさんのご協力をお願いいたします。」というあいさつがありました。

③

 ④

⑤

6

 

 交流会では、会員のみなさんから、コーラス、踊り、民謡等の芸能発表が行われました。日頃の練習の成果を披露していただき、会員同士の交流が行われました。

大曲仙北地区行政相談委員自主研修会が開催されました。

 11月18日に「大曲仙北地区行政相談委員自主研修会」が太田支所を会場に開催されました。 自主研修会には大仙市、仙北市、美郷町で行政相談委員としてご尽力いだだいているみなさん12名、秋田県行政評価事務局長の佐々木亨様を含む23人が出席しました。1

 講師に、大仙市総務部総合防災課 参与兼防災危機管理監 郡山茂樹さんを迎え、「東日本大震災に学ぶ地域防災と生活安全について」研修をしました。

2

  

 東日本大震災から学んだことを活かし、行政相談委員が市民のためにできることなどの具体的な話や、スライドでは平成25年8月9日に起きた豪雨災害の様子などの話もあり、身近に起きた災害についても振り返り、対策の必要性を感じることが出来ました。

 5

4

  午後からは、情報交換会が行われました。他地域の行政相談の内容などを聞くことで、今後の活動に役立てていける貴重な時間となりました。

大仙市太田地域老人クラブ大会が開催されました。

 11月17日(月)に大仙市太田地域老人クラブ大会が開催されました。

 第一部は、太田公民館主催で「ふるさと民謡めぐり 歌と踊りの民謡ショー」を観賞しました。

 手踊り「新花笠おどり唄」で幕を明け、フィナーレのドンパン節まで21曲が披露されました。

 1

3

 秋田おはら節を唄われた太田町の髙橋節子さんです。

 髙橋節子さんは、昭和62年に第10回NNS日本民謡大賞で「秋田おはら節」を唄って日本一に輝きました。その縁で、故郷の唄として広く市民に親しまれ、例年9月第1土曜日には、「秋田おはら節」全国大会が、太田文化プラザを会場に開催されています。

アイキャッチ

 太田地域からは、倉田トキ子さん、高橋邦子さんも出演されました。

 会場に集まった老人クラブの会員を含む165人の皆さんは、ふるさと民謡を満喫されていました。

5

 第2部では太田地域老人クラブで、今まで貢献された皆さんに、功労者表彰が行われました。表彰された皆さんは、次のとおりです。

 鈴木 潔さん(東今泉老人クラブ)

 倉田竜司さん(横沢老人クラブ)

 髙橋  操さん(三本扇東老人クラブ)

 斉藤幸悦さん(駒場老人クラブ)

 髙橋正雄さん(上堰北老人クラブ)

6

 前事務局長の戸嶋獣二さんには、感謝状が贈呈されました。

 7

8

 第3部は懇親会が開かれ会員同士の親睦を深め、会員参加者のカラオケショーなどもあり、皆さんとても喜んでいました。

日本赤十字社太田分区奉仕団の研修

   11月12日、日赤太田分区奉仕団の皆様と共に『秋田県防災学習館』へ行ってきました。災害への備えの基本を学ぶため総勢31名での研修会となりました。

    日赤の皆様は災害時には救護、炊き出し、避難所運営など、多岐にわたっての活動が期待されます。そのような奉仕団員の皆様にとって、今一度、防災の再確認をするための大変貴重な研修会となりました。

 

4ー2

   まずは、火災時などをシュミレーションした『煙中体験コーナー』です。ハンカチ、タオルなどの持参はお忘れなく。

 

4-1

   煙中体験の通路の中です。低姿勢での歩行で直接『煙』を吸わないように歩きました。実際の火事の時は写真(上)のように視界は全くありません。

 

3

  つづいて、『地震体験コーナー』です。阪神大震災、日本海中部地震など、それぞれの地震に設定して体験できました。

 

2

    つづいて、『初期消火体験コーナー』です。なかなか本物の消火器を使う機会が無いので、いい機会となりました。

1

    最後に『防災シアター』です。地震、津波など災害への備えをドラマ仕立て風に要点解説している内容でした。こちらも大変勉強になりました。

    大仙市太田地域では先頃『自主防災組織連絡協議会』を設立しました。日赤太田分区の皆様にも『地域の防災力』としての重要な役割があります。今後とも地域防災のため宜しくお願いいたします。