ふるさとこんにちは

秋田県大仙市公式ブログ

Home » Archive by category "未分類" (Page 5)

第50回全県花だんコンクール表彰式で太田中学校が「第50回記念特別賞」を受賞

   第50回全県花だんコンクールの表彰式が、10月29日に「遊学舎」で行われました。この表彰式は秋田県内の花の会及びこの運動の趣旨に賛同する各種団体、機関、個人などでつくる県花いっぱい運動の会の主催で行われています。

 1  太田中学校は、記念すべき第50回目ということで、今回のみの「第50回記念特別賞」を受賞しました。

4

 黒澤一紀校長と3年生の福原瑞希さんが長年にわたる花壇づくりを通した学校の取り組みや地域住民との連携、最近の活動内容の紹介などを事例発表し、表彰式に参加した皆さんは感心したり、スクリーンに見入るなど喜んでいました。

 2 太田地域からは太田中学校を始めとする4団体、2個人が表彰されました。

       〇第50回記念特別賞  大仙市立太田中学校    

    〇秋田県教育長賞  おおたわんぱくランドのびのび園

    〇毎日新聞社秋田支局長賞  小神成花の会

    〇秋田魁新報社賞  駒場新生会

    〇秋田県花いっぱい運動の会会長賞  後藤圭子さん

     〇花いっぱい運動功労者表彰  高橋千恵子さん

3  大仙市太田地域に入ると道路の両脇に花が咲いていることにお気づきでしょうか。太田地域の花いっぱい運動は昭和39年、東今泉子ども会が道路の両脇約1㎞にスイセンを植えたのがはじまりです。以来50年にわたり地域ぐるみの花いっぱい運動が続いています。特に夏から秋にかけては、道路脇や民家の庭先、公共施設の前などあちこちに、美しくレイアウトされた花壇が広がっています。

 毎年8月末から9月上旬には、 「太田花だんフェア」が開催され、太田地域が色とりどりの花でいっぱいになります。

 花いっぱいの太田で、みなさんのお越しをお待ちしています。

 

 

太田の髙橋雄太さん  ふるさと秋田農林水産大賞 受賞

  10月24日に秋田市のキャッスルホテルにて、秋田県農林水産フォーラムが開催されました。
 このフォーラムの中で太田町惣行の髙橋雄太さんが秋田県農林水産大賞担い手部門未来を切り拓く新規就農の部にて大賞を受賞され、太田町中里の田村辰徳さんが青年農業士に認定されました。

1

 

2

※ふるさと秋田農林水産大賞 受賞者の業績より

 髙橋雄太さんは今年度の大仙農業元気賞も受賞しており、仙北地域振興局管内でもトップのリンドウ作付面積を誇っています。営農に関しても農家としての感覚だけでなく、種苗会社での研修を活かしたビジネス面での経営者としての鋭い感覚を兼ね備えており、積極的に雇用を行う等して地域への貢献を果たしています。

3
 4※平成26年度新農業士プロフィールより

 青年農業士の役割とは、①地域農業青年の目標となる農業経営の実践、②農業近代化ゼミナール等地域集団活動への積極的な参加と農業青年集団の育成指導を行うことで、活動期間は40歳までとなっています。また、辰徳さんのお父さんである田村健郎さんは指導農業士として認定されており、親子2代で農業士としてご活躍されることになります。
 なお、田村辰徳さんも髙橋雄太さんと同じく平成22年度に大仙農業元気賞を、平成23年度にふるさと秋田農林水産大賞を受賞されています。
 
 太田地域は園芸作物等の作付けを積極的に行っている地域です。また、市の東部新規就農者研修施設もあり、現在も今後の地域農業を牽引していくであろう多くの研修生が研修をおこなっています。お二人のような先輩の背中を追いながら、今後の地域農業を担っていっていただきたいものです。

第16回協和ダム美山湖フェスティバル

10月5日(日)、協和ダム美山湖荒木沢公園内で「第16回協和ダム美山湖フェスティバル」が盛大に開催されました。当日は、市内外から約2,000人の来場者が訪れ、自然の中で釣り大会をはじめ、魚の釣り体験やつかみ取り、ステージ発表などのイベントを満喫しました。

●IMG_2350

つり大会にはフライ・ルアー・餌づりの部合わせて52名が参加しました。

●IMG_2140

美山湖ウオーキング・ダム見学会には51名が参加しました。

●IMG_2169

わんぱく釣り体験には121名が参加しました。

●IMG_2176

●IMG_2218

ジャンボ鍋コーナーでは、今年も600食の豚汁が完食となりました。

●IMG_2293

ステージイベントも行われ、たくさんのお客様がご覧になりました。写真は協和小学校和太鼓クラブによる演奏です。

●IMG_2294

●IMG_2302

協和小学校ブラスバンド部による演奏もあり、顧問の先生が熱唱する場面もありました。

●IMG_2315

●IMG_2335

協和中学校吹奏楽部による演奏もありました。

●IMG_2344

●IMG_2349

毎年恒例の大抽選会もありました。

●IMG_2360

●IMG_2377

今回の美山湖フェスティバルは天候にも恵まれ、たくさんの方が来場され、イベントを楽しんでいただきました。次回も天候に恵まれることをお祈りいたします。

秋の園遊会に太田分校と国見ささらが出演

 第29回国民文化祭・あきた2014 旧池田氏庭園「秋の園遊会」に、大曲農業高校太田分校郷土芸能部と国見ささらが出演しました。

①

 太田分校郷土芸能部のみなさんの公演は、太田地域のイベントには欠かせませんが、国民文化祭が開催されている今年度は、各地から出演依頼があり、秋の園遊会の出演で15回目だそうです。

②

 ③

 秋晴れの心地よい天気のもと、高校生のフレッシュな歌や踊りは、園遊会に訪れた方々から、たくさんの拍手を浴びていました。

④

 この日の公演のフィナーレは国見ささら。

⑤

  国見ささらは昭和39年に秋田県の無形民俗文化財に指定を受け、今年で50年になります。

⑥

 紅葉が見ごろとなった旧池田氏庭園でのささら舞は、勇壮な中にも華やかさがあり、見る方々を引き込んでいました。

⑧

鈴木空如特別展 画聖 空如・祈りとかたち展 ~法隆寺金堂壁画模写に生涯を捧げた素顔を探る~

 本日、10月24日金曜日から「鈴木空如特別展 画聖 空如・祈りとかたち展」が太田文化プラザ(大仙市役所太田支所となり)で開催されています。 

1

 鈴木空如は旧小神成村(大仙市太田町小神成)出身で、明治から昭和にかけて、仏画の研究に生涯をささげた仏画家です。代表作は、昭和24年(1949)に惜しくも 焼損した法隆寺の金堂壁画を、焼損する前に原寸大で精密に模写した作品です。

2

 今回は、彼の描いた法隆寺金堂壁画を中心に、仏画研究の足跡的な作品が展示されています。

3

 初日の今日は、平日にもかかららずたくさんの皆さんが訪れていました。

 

 4

 鈴木空如特別展は、11月3日月曜日、午前9時から午後4時まで開催されています。入場無料ですので、是非、鈴木空如の素顔を探りにお越しください。

太田地域被災地交流報告会~私たちは忘れません 被災地のことを~

 太田の秋まつり2日目に、青少年健全育成大仙市民会議太田地域会議が主催し、太田地域被災地交流報告会が開かれました。

 この日は、小中学生やPTA、ライオンズクラブ、太田花の会,、そして青少年育成太田地域会議の関係者がそれぞれの立場から、被災地支援の交流活動について報告がありました。

IMG_1229

 太田中学校が東日本大震災の被災地、岩手県大槌町・大槌中学校と交流を始めてから4年目を迎えました。「色のないまちに花を届けよう」そんな中学生の思いから始まった交流に促されて、地域や小学校も交流に加わり、今では太田地域全体が被災地の一日も早い復興を願い、交流を続けています。

IMG_1255

 最初に太田地域の3小学校6年生代表から、7月9日~10日に3小学校合同で行われた修学旅行で、仙台市若林区の種次地区の被災地に太田から持ち込んだベゴニアの苗600株を植えた活動や、被災された農家の方が農業を再開したお話を聞き、がんばって生きようとする被災地の方々から感じ取ったことなどが発表されました。IMG_1233

IMG_1230

 太田中学校では、学年ごとにテーマを決めて交流を行っており、それぞれの学年の代表から発表がありました。

IMG_1249

IMG_1244

 子供たちの発表を聞き、被災地が元の姿を取り戻すまで、被災地のことを忘れず、同じ東北の仲間として少しでも役に立てるよう一人ひとりができることを地道に続けることが必要だと教えられた思いです。

IMG_1258

IMG_1252

いよいよ米蔵公開!

米蔵
10月4日から旧池田氏庭園秋の一般公開が始まります!

今回から修復作業を終えた「米蔵」が公開となります!
米蔵の隣には受付施設も整備され、雰囲気が一新されました。

受付

正門を入り、少し進むと「中の門」の隣に受付施設が。
今回からここで受付をしていただいてから、庭園内を散策していただくことになります。

受付2

受付を出て右手に米蔵の入り口があります。
中には市内の文化財などが展示されています。
今回は太田の仏画師・鈴木空如の作品などを展示しています。

米蔵2

旧池田氏庭園秋の一般公開期間は11月9日(日)まで。
紅葉はまだまだですが、今回の公開期間は長いので、何度でも足を運んで色づき移りゆく庭園をお楽しみください。

巨洲館

なお、期間中は国文祭事業として「秋の園遊会」も同時開催されます。
さまざまな催し物が企画されていますので、そちらも一緒にお楽しみください。

【秋の園遊会 催し物】

○華道/10月4日(土)~11月3日(月・祝日)
○茶道/10月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)、11月1日(土)、2日(日)
○琴/10月18日(土)、25日(日)、11月1日(土)
○句会/10月20日(月)~23日(木)、27日(月)~30日(木)
○歌会/10月23日(木)
○ささら/10月25日(土)
○郷土芸能/10月25日(土)
○書道パフォーマンス/10月25日(土)
○弦楽五重奏/10月25日(土)
○女流棋士囲碁対局/11月1日(土)

♪秋田県民歌を歌おう!倉田政嗣生誕120周年記念コンサート

 秋田県民歌の作詞者で、太田町横沢の倉田政嗣生誕120周年にあたり、9月24日(水)に中仙市民会館ドンパルを会場に「秋田県民歌を歌おう!倉田政嗣生誕120周年記念コンサート」が開催されました。

 当日は、山形大学の佐川馨教授や秋田大学の齋藤洋准教授をゲストに迎え、太田地域の小中学生、市民など約600人による秋田県民歌の大合唱を行いました。

コンサートの様子をご紹介します。

 

1

オープニングは、大仙市太田町在住の鷹觜 由紀さん(たかのはし ゆき)さんと、大仙市太田町出身の磯 万里奈さん(いそ まりな)さんによる秋田県民歌の独唱でコンサートの幕を開けました。

 

2

山形大学地域教育文化学部 佐川 馨(さがわ かおる)教授の「秋田県民歌の謎」の記念講演が行われました。

 

3

 

コール・ノーヴァがゲスト出演し、美しい歌声を披露してくださいました。

 

4

 秋田大学教育文化学部 齋藤 洋(さいとう よう)准教授による、ピアノの独奏も披露され、会場が美しピアノのメロディーに包まれました。

 

5

 

会場には、倉田政嗣の孫にあたる秋田市の倉田芳明(くらた よしあき)さんも駆けつけ、一緒に秋田県民歌を歌いました。

 

6

 

フィナーレでは、参加者全員で秋田県民歌を大合唱しました。

これからも、大仙市太田町から、秋田県民歌を発信し続けていきたいと参加者全員で心に誓いました。

定期能公演

9月7日(日)、まほろば唐松能楽殿で観世流能楽師の中森貫太師一行による定期能公演が開催され、約330人のお客様が来場されました。

●IMG_1898

下の写真は半能の「野宮」を演じている場面です。

●IMG_1783

●IMG_1808

●IMG_1809

●IMG_1813

下の写真は狂言の「仏師」を演じている場面です。いたずら者役の演者が様々な印相になる姿に会場では笑い声があふれておりました。

●IMG_1848

●IMG_1858

●IMG_1871

●IMG_1876

下の写真は能の「葵上」を演じている場面です。

●IMG_1987

●IMG_2012

●IMG_2030

●IMG_2036

●IMG_2047

●IMG_2099

会場で観賞された多くのお客様が幽玄の世界を楽しまれました。

第30回ふるさと西仙まつり

8月15日開催予定であった第30回ふるさと西仙まつり。今年は、あいにくの雨のため30回記念イベントのみ15日に行われ、花火大会は17日に延期されてしまいましたが、たくさんの方々が会場を訪れ盛大に行われました。

8月15日 西仙北中央公民館で行われた記念イベント

ミニSL運行や小・中・高校生による演奏会が行われました。

CIMG6375 花火会場で展示される予定だった絵灯籠・・・(写真は一般募集した絵灯籠です。)

 

CIMG6376

刈和野大綱太鼓の披露です。迫力満点でした。

 

CIMG6399

西仙北中学校と西仙北高校吹奏楽部の共演も素晴らしかったです。

CIMG6513CIMG6471 8月17日 延期された花火大会。この日もあいにくの小雨でしたが、たくさんの方々で賑わいました。

CIMG6569 CIMG6572

第30回 ドンパン祭り

平成26年8月16日(土) 時折、小雨混じりの中、第30回のドンパン祭りが盛大に開催されました。

オープニング

午後2時、清水小学校の「水小太鼓」でドンパン祭りは始まりました。

午後2時、清水小学校の「水小太鼓」でドンパン祭りは始まりました。

ドンパンッ子フェステバル

長野ささら(中仙小学校)

長野ささら(中仙小学校)

円満造甚句(豊川小学校)

円満造甚句(豊川小学校)

小沼山の詞(豊岡小学校)

小沼山の詞(豊岡小学校)

黒土神楽(清水小学校)

黒土神楽(清水小学校)

中仙中学校吹奏楽

中仙中学校吹奏楽

ちびっ子盆踊り1

なかせんワイワイらんど園児のちびっ子盆踊り

なかせんワイワイらんど園児のちびっ子盆踊り

ドンパンフェステバル

郷土民謡2

郷土民謡フェステバル

郷土民謡フェステバル

東今泉八幡太鼓

東今泉八幡太鼓

長野ささら

長野ささら・東長野ささら競演

長野ささら・東長野ささら競演

 

栗林市長あいさつ

栗林市長あいさつ

 ドンパンナイトフェスティバル

円満造甚句踊り

円満造甚句踊り

ヤートセ

ヤートセ

 ドンパン踊り2

ドンパン踊り

ドンパン踊り

ロックドンパン

ロックドンパン

 飛び入り参加

北大1

全国各地の祭り行脚中、北海道大学「縁」のYOSAKOIパフォーマンス披露

全国各地の祭り行脚中、北海道大学「縁」のYOSAKOIパフォーマンス披露

花火ショー 「恋に効く映画音楽と花火」

花火

 花火ショーで第30回ドンパン祭りは終了しました。

横沢公園修景池の清掃を行いました。

 8月7日、横沢公園内にある修景池の清掃を、太田分校の野球部員17人、横沢地域の住民の方と太田支所の職員が行いました。

1

   当日は、台風の影響で蒸し暑い天気でしたが、ボートに乗り雑草を取り除いたり、集めたりする作業を頑張ってくれました。

2

  修景池は、絶滅の危機に瀕しているトミヨ属雄物型が生息している他、スギナミクリといった貴重な水生植物も観察できます。

3

 太田分校野球部の皆さんは、地域活動の積極的に参加してくれていて、太田地域の『ちから』となっています。 

5

雑草がなくなり、池の景観も見違えるほどきれいになりました。

横沢公園は、散策やキャンプ、バーベキューも楽しめます。

是非、横沢公園においで下さい。

太田分校野球部部員の皆さん、横沢地域の皆さん、本当にありがとうございました。

第4回太田の夏まつり

8月2日(土)午後5時より太田保健センターを会場に太田の夏まつりが開催されました。

DSC_3516

晴天にも恵まれ、早い時間から客席が埋まりだします。

DSC_3570

ステージショーには今年もダンス、太鼓、ヤートセなどなどたくさんの皆さんにご出演いただきました。

DSC_3381 DSC_3443 DSC_3738

中でも目玉は仙台を拠点に活躍中のシンガーソングライター『なかのや ひとし』さん。

プロ野球公式戦で国家独唱を行う程の有名歌手であり、太田地域出身という縁で、今回初の地元凱旋ライブとなりました。

ライブはアンコール含めて45分程でしたが、会場からは『ひとしっっ』と友人知人からの激が飛ぶなど、アットホームな雰囲気で会場を賑わせていただきました。

DSC_3597 DSC_3626 DSC_3583

なかのやさんも非常に楽しかった様子で、帰路につかれました。

フィナーレの夏花火を終え、予定時刻よりも若干の遅れはありましたが、事故も無く無事に終了することができ、来場者は主催者発表で2,000人。出店のみなさんによると売れすぎて座る暇もなかったとのこと。

DSC_3907

実行委員会のみなさんも大満足の内容ではなかったでしょうか。

 

第31回商工まつり「夜市」&感謝フェスティバル

8月2日(土)、午後5時から協和市民センター「和ピア」駐車場で毎年夏の恒例行事である「第31回商工まつり「夜市」&感謝フェスティバル」が開催され、400人の来場者がありました。
◎P8020029

会場には夜店が並び賑わいをみせました。

◎P8020017

会場ではお菓子まきや抽選会も行われました。

◎P8020020

◎P8020048

会場ではカラオケや踊りも披露され、たくさんの人が楽しみました。

◎P8020030

◎P8020037

太田出身の鈴木裕樹さんが、真木苑とおおたわんぱくランドにやってきました。

 7月17日におおたわんぱくランド、7月29日は真木苑に太田出身の鈴木裕樹さんが訪問されました。

 鈴木さんはわらび座で俳優をされていて、今回は今、上演中の奇想天外ミュージカルげんないに出演している「げんないチーム」の方々と一緒に、太鼓や歌、踊りなどを披露してくれました。

おおたわんぱくランドすくすく園での様子です。

 

IMG_0412

IMG_0407

 

 

IMG_0422

なまはげの登場に大泣きする子もいましたが、最後は手作りのうちわがプレゼントされ、また来年も会おうねと子ども達と約束をかわしていました。

 

真木苑での様子です。

1 2

 

3げんないに出演中の役者さんが劇中歌の「翼をくれた」「未来よやってこい」を歌ってくれました。タオルをふったり、手拍子をしたりして、みなさん喜ばれていました。
4
5

最後には、アンコールがかかり、角館のお祭りのお囃子を披露してくれました。

利用者の方も、真木苑の職員の方も鈴木裕樹さんと「げんないチーム」から、暑さに負けない元気とパワーをもらった時間でした。

太田勢大躍進を願って

  大曲農業高校太田分校が高校野球秋田県大会で初戦突破(大農太田6-花輪3)の朗報が入ったこの日、太田中学校野球部のみなさんが太田支所を訪れ、少年野球全県大会に向けた決意表明を行いました。

太田中学校野球部は、2年ぶり9回目の全県出場。

初戦は今月26日、午前8時半から能代球場で大館第二中学校と戦います。

大農太田分校と太田中学校と、今年の夏は「太田」の名を全県に響かせてほしいものです。

野球部のみなさん、優勝めざしてがんばってください。

IMG_0529

IMG_0355

IMG_0238

ニッコウキスゲ観賞和賀岳登山

7月12日早朝より、恒例のニッコウキスゲ観賞和賀岳登山を行いました。

前日までに台風の影響が心配されましたが、当日早朝の天気予報は回復に向かう見込みということで、予定通り午前6時にスタート。

IMG_0424

IMG_0458薬師岳の山頂付近では、ニッコウキスゲ(黄)だけでなくイブキトラノオ(白)も見ごろを迎えており、同行したガイドさんによると大変珍しいことだそうで、参加者一同感嘆の声を上げていました。IMG_0467

残念ながら途中大雨に打たれ、足場の悪い中での下山となりましたが、大きな怪我もなく、予定時刻までに下山。

 みなさん大変満足して、帰路についていただきました。和賀

横沢公園の菖蒲とアジサイが見ごろを迎えました。

太田体育館、太田球場に隣接する横沢公園の菖蒲とアジサイが見ごろを迎えました。

1

 

水辺に咲く菖蒲は、この暑さを和らげてくれるようです。

 

2

 

3

 

横沢公園内には、林間広場に子どもの遊ぶ滑り台などもあります。

ピクニック広場では色鮮やかなアジサイを見ながら、散策が楽しめます。

 

6

 

 

5

 

キャンプやピクニック、バーベキュー、自然観察も楽しめます。

是非、横沢公園においで下さい。

 

「祈りの仏画~鈴木空如と法隆寺金堂壁画」の上映会を行いました。

 6月23日から6月25日まで大仙市役所太田支所の応接室にて、「祈りの仏画~鈴木空如と法隆寺金堂壁画」の上映会を行いました。

 上映した、「祈りの仏画~鈴木空如と法隆寺金堂壁画」は、5月18日にNHKeテレ「日曜美術館」で放送されたもので、鈴木空如の画業やその生き方が紹介され、全国から反響が届いています。

 

 

3

1

模写に用いられた下絵や法隆寺金堂壁画六号大壁を抜きえした掛け軸、空如にまつわる書籍も展示されました。

4

 

2

 

7月18日から8月17日まで新潟県立近代美術館に鈴木空如の作品が展示されます。

大仙市では、空如の作品が太田に帰ってくるのを待ち、太田文化プラザで10月24日(金曜日)から11月3日(月曜日)の11日間(仮称)法隆寺金堂壁画模写にかけた人生~鈴木空如の画業を探る~をテーマに空如作品の展示を行う予定です。

是非、ご覧下さい。

大仙市消防団協和支団消防訓練大会

6月22日(日)に、サンスポーツランド協和野球場駐車場で、「大仙市消防団協和支団消防訓練大会」が行われました。

●IMG_1433

開会前には新規女性消防団員2名に委嘱状が交付されました。

●IMG_1401

●IMG_1404

協和支団(菅原忠芳支団長)144名が観閲を受けました。

●IMG_1427

小型ポンプ操法の訓練の様子です。

●IMG_1467

●IMG_1472

続いて規律訓練の様子です。

●IMG_1526

小型ポンプの部 優勝 第1分団 準優勝 第5分団 第3位 第2分団

●IMG_1575小型ポンプ操法

規律訓練の部 優勝 第5・6分団 準優勝 第1・2分団 第3位 第3・4分団

●IMG_1578規律

最後は万歳三唱で訓練を終えました。

●IMG_1612

カーブミラー清掃で地域に貢献

 太田地域にある高禮建設株式会社(安宅 信之社長)の社員6人がカーブミラー清掃を行いました。①

この活動は、高禮建設株式会社が地域への貢献として行っているもので、今年で6回目になります。

②

 

今年も雨が降る中、朝から夕方までかけて太田地域内の151カ所のカーブミラーをきれいにしてくれました。

④

 

歩行者も運転者も、きれいになったカーブミラーのおかげでより安全に通行できそうです。③

 

 

銅像公園に日本庭園を寄贈

ライオンズクラブ国際協会322-F地区(秋田県)(伊藤稔ガバナー)から、高梨小学校前の公園に日本庭園を寄贈していただきました。

1

5月11日に同協会の第60回年次大会が、仙北ふれあい文化センターを会場に開催されたことを記念したもの。

作庭していただいた公園は通称「銅像公園」と呼ばれ、池田家13代当主、池田文太郎翁を顕彰する銅像が建てられていたところです。

2

今回の作庭にあたり使用している石灯籠と石組み、庭木の一部は旧仙北組合総合病院の中庭に使用されていたものを移設しています。

3

地域医療の中核を担ってきた旧仙北組合総合病院と、地域医療という言葉もなかった1916年(大正5)に地域住民のための診療所「池田家施療院」を開設した「池田家の精神」とが重なり合うことから、旧仙北組合総合病院と池田家を顕彰する願いを込めて、銅像公園へ作庭されました。

4

なかなか目立たない隠れたスポットですが、高梨小学校の道路を挟んで向かいにある公園ですので、近所に御用の際はぜひ立ち寄ってみてください。