ふるさとこんにちは

秋田県大仙市公式ブログ

Home » Archive by category "神岡地域" (Page 6)

歓 農業体験学習 迎

5月30日(水)横浜市から農業体験学習に中学生が来県しました。 神岡地域では、6件の受け入れ農家に29名の生徒がお世話になりました。

歓迎会では、鈴木支所長より「農家の方々との交流や自然とのふれあいを通じて、収穫の喜びや感謝の心を養い、そして食べ物の大切さ、など少しでも農業を理解してくれることを期待している。」とあいさつがありました。

写真の説明

写真の説明写真の説明

初めての田植え機械カエルとポーズ!

写真の説明

受け入れ農家の皆さん、ありがとうございました。

ボランティア団体-さくらの会-

5月16日(水)、神岡のボランティア団体-さくらの会-と支所職員約50人が、中川原コミュニティ公園周辺のクリーンアップを行いました。

さくらの会は、今年3月『元気なふるさと秋田づくり』で地域づくりに積極的に取り組む功績がたたえられ表彰されました。

写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

約1時間半でダンプトラック2台分のゴミが集められました。

-さくらの会- 構成人数46人。中川原コミュニティ公園の桜を中心とした枝の剪定や天狗巣病除去、地域のクリーンアップ等積極的に活動しています。

笹倉放牧場入牧

今年度も35.2haの放牧場に67頭が放牧されました。

畜産農家の農繁期の労力軽減、複合経営の推進及び飼養頭数の増加を目的としています。

写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

下牧予定は11月上旬。 自然を満喫できるささくら公園にお出でください。

祝 神岡小学校入学式

4月6日(金)神岡小学校入学式が挙行されました。

写真の説明

写真の説明

写真の説明写真の説明写真の説明

『あいさつ あんぜん あなたのために』スーパーあ3人(アスリート)を目指し、ありがとうと言える子に、ありがとうと言われる子になりましょうと田口校長先生からことばがありました。

写真の説明写真の説明

写真の説明

交通安全協会から黄色い帽子が贈呈されました。

写真の説明写真の説明写真の説明

嶽六所神社奉納梵天

3月18日(日)、春を告げる行事「嶽六所神社奉納梵天」が行われました。朝早くから威勢のいい若者たちが梵天を振りかざし、祝い唄を歌いながら家々を回り、家内安全・商売繁盛・五穀豊穣を祈願しました。

町内を練り歩く梵天

町内を練り歩いた梵天は、中町大門口の一の鳥居跡へ次々に集まり、鳥居跡をくぐろうと男衆たちが激しい押し合いを繰り広げました。

鳥居跡をくぐる前

鳥居跡へ!!

押し合い

押し合い

押し合いの横では、お餅やお菓子などがばらまかれ、縁起物にあやかろうとたくさんの見物客が集まりました。

お餅やお菓子のばらまき

一の鳥居をくぐった梵天は、神宮寺嶽山頂にある嶽六所神社を目指し山を登ります。

嶽六所神社を目指す若者たち

嶽六所神社を目指す若者たち嶽六所神社に梵天を奉納

無事に嶽六所神社に梵天が奉納されました。

137年間ありがとう!!神宮寺小学校閉校式

2月26日(日)、神宮寺小学校閉校記念式典が挙行されました。明治7年、對嶽(たいがく)学校として創立された神宮寺小学校も137年の歴史に幕を閉じます。

神宮寺小学校舎

式典

市長あいさつ

式では、学校の歴史やたくさんの思い出などを映像で紹介し、「Jingujiキャンで~ず」による飴売り節に合わせて踊りが披露され、全員で校歌を斉唱。137年間の歴史・校舎・地域・人々に感謝しました。

Jingujiキャンで~ずによる飴売り節

出席者全員で校歌斉唱

器楽部が校歌を演奏父兄のみなさん

4月には、神宮寺小学校の校舎を利用し、北神小学校と統合して誕生する「神岡小学校」に伝統が引き継がれます。

木造校舎のときの神宮寺小学校

51年間ありがとう!北神小学校閉校式

平成24年4月に神岡地域にある2つの小学校が統合することに伴い、2月14日(火)北神小学校閉校記念式典が挙行されました。この日は、北神小学校の開校記念日となっており、51年間にわたり住民の方々に愛され、たくさんの卒業生を送り出してきた、思い出いっぱいの学舎も3月31日をもって閉校となります。4月からは、現在の神宮寺小学校を利用し「大仙市立神岡小学校」として新たな歴史が刻まれます。

北神小学校舎

山崎校長先生あいさつ

児童のことば~北神の風にのってはばたけ未来へ~

元気いっぱいの北神太鼓

全員で校歌斉唱

クリスマス会

12月21日、すくすくだけっこ園でクリスマス会が行われました。赤鼻のトナカイやジングルベルを歌ったり、みんなでダンスも踊りました。

ダンス「ね」

嶽オーケストラ

キャンドルサービス

途中、鈴の音が聞こえ、サンタさんが登場!!園児たちは大喜び!!さらに、プレゼントをのせたトナカイのそりがステージに登場すると、みんな大はしゃぎ!

サンタさん登場!!

サンタさんへインタビュー

サンタさんへインタビュー

サンタさんへインタビュー

園児ひとりひとりにサンタさんからプレゼントが手渡され、みんなで元気にお礼の歌を披露し、楽しいひとときを過ごしました。

プレゼントをもらう園児たち

プレゼントをもらう園児たち

秋田飴売り節全国大会

11月23日、第2回秋田飴売り節全国大会が、神岡農村環境改善センターで開催されました。大会は、神岡地域で長年親しまれている民謡の普及と伝承を目的に、地元の実行委員会が主催しています。

一般の部に66人、年少の部に7人が出場し、自慢ののどを競い合い、見事優勝を手にしたのは、横手市の伊藤隆志さん(63)です。伊藤さんは、「昨年は予選落ちだったので信じられない。とてもうれしい。」と喜びを語っていました。

優勝した伊藤隆志さん

予選を通過した15名

年少の部では、元気いっぱいの歌声に場内から大きな声援と拍手が沸きあがりました。

【年少の部 最優秀賞】高橋 愛実香さん

年少の部で優勝した高橋愛実香さん

大きな声援と拍手をおくる観客

【Jingujiキャンで~ず】(神宮寺小学校)

Jingujiキャンで~ず

【北神太鼓】(北神小学校)

北神太鼓

だけっこポリス

11月16日(水)、大仙市交通安全母の会神岡支部による交通安全啓発活動が、すくすくだけっこ園で行われました。これは、入園児を通して各家庭に交通安全意識の向上を促進し、交通事故防止の徹底を図ることがねらいです。

園児たちは、ミニ警察官の格好で交通安全についてお話を聞いたあと、パトカーの前で写真を撮りました。撮った写真は、交通安全の願いを込めて、各家庭に渡されます。

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明写真の説明

男性のための料理教室

10月25日(火)、神岡福祉センターで「男性のための料理教室」が開催されました。これは、男性のみなさんが自らの健康に気を配り、元気に暮らしていくことができるように、すこやかな食生活の支援と生活習慣病の予防を目的に開催されました。

教室には9名の男性が参加し、食生活改善推進員の指導のもと、「豚しょうが煮のさっぱりサラダ」と「ジャーマンポテト」、「豆乳みそ汁」に挑戦しました。

思いのほか慣れた手さばきで調理する男性陣にビックリ!!家でも作ってみたいと意気込んでいました。最後はみんなで自分たちで作った料理を美味しくいただきました。

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

かみおか地域文化祭

10月15日(土)・16日(日)にかみおか地域文化祭が農村環境改善センターや神岡体育館、かみおか嶽雄館、嶽ドームで開催されました。「Jingujiキャンで~ず」による飴売り節やドンパン節、力強い「北神太鼓」、「センセーショナルZIP」のマーチングバンドが披露され、会場は盛り上がりました。

そのほか、ふるさと民謡めぐりや歌や踊りなどの芸能発表もあり、また、農特産物販売やバザーなど実りの秋の食材を買い求める人たちで賑わいました。

Jingujiキャンで~ず

北神太鼓

ZIPのマーチング

フライングディスク大会

ふるさと民謡めぐり

ふるさと民謡めぐり

縁日コーナー

物産販売

盆栽展

菊花展

マスコットキャラクター展示(平和中学校)

神宮寺小学校作品展示

北神小学校作品展示

嶽友大学押し絵学科展示

八幡神社祭典

9月15日、八幡神社の祭典で伝統行事の「旗背負い」と「奴振り」が行われました。旗背負いは江戸時代末期この地方に疫病が流行したときに、地域の苦難(悪病)を力自慢の若衆1人で背負うために始めたのが起源とされています。雄物川の玉石を詰めた「かます」6個(約150㎏)と長さ8mののぼり旗をセンバと呼ばれる背負子にくくりつけ、町内を練り歩き八幡神社に奉納します。

写真の説明写真の説明

途中、路上の低い電線を旗竿の先端をかわすのが難しいと言われていますが、奉仕会のベテランたちは、先端につけたヒモを引きながら、中腰でバランスをとり、くぐりぬけていきます。今ではこれが妙技となっています。

写真の説明写真の説明

所々で旗背負いは立ち止まり、子供たちに股をくぐらせます。力自慢の若衆の股をくぐると丈夫になるといい伝えられています。

写真の説明写真の説明

写真の説明写真の説明

センバ(左)とかます(右)

写真の説明写真の説明

町内を練り歩き、いよいよ八幡神社の境内へ入ります。

写真の説明写真の説明

鳥居をくぐりぬけるのは、至難の技です。

写真の説明

神社を時計回りに3周して、住民の無病息災を祈願しました。

写真の説明写真の説明

写真の説明

旗背負いの後に大名行列が続き、ひげやまゆを墨で描いたひょうきんな奴たちが「ヨーイヤ、ヨイ」のかけ声に合わせて体を左右に振りながら、江戸絵巻を展開しました。

奴振り

写真の説明写真の説明

中川原コミュニティ公園クリーンアップ

9月4日(日)、中川原コミュニティ公園のクリーンアップが行われました。公園が神岡南外花火大会の会場となっていることから、毎年この時期に実施されています。当日は、台風による雨風が心配されましたが晴天に恵まれ、午前6時前から地元の町内会や神岡支所職員など200人を超える参加があり、草刈りやゴミ拾いに汗を流し、またたく間にきれいになりました。ご協力ありがとうございました。

写真の説明

写真の説明

写真の説明

写真の説明

14日(水)には、この公園で「第32回神岡南外花火大会」が盛大に開催されます。打ち上げは午後6時30分からです。夏の終わりをつげる色鮮やかな美の競演を、是非観にお越しください。

いつまでもお元気で!「神岡地域敬老会」

9月1日、西仙北ぬく森温泉「ユメリア」で神岡地域敬老会が開催され、神岡地域から76歳以上のお年寄り約300人が出席しました。今年80歳(傘寿)になられた方には楢岡焼の記念品が、88歳(米寿)の方には、お祝い金と賀詞がそれぞれ代表の方に三浦教育長より手渡されました。神岡地域の最高齢は104歳、続いて101歳、100歳が2名となっています。

式典

式の最後には、「好かれる・話せる・役立つ老人になる」ことを全員で朗読して誓いました。

誓いのことばを朗読万歳三唱

式典終了後は、地域包括支援センター西部より、「消費者被害にあわないために」と題し、悪質な訪問販売や振り込め詐欺などにあわないためのミニ講話がありました。

お待ちかねの祝宴では、大曲農業高校郷土芸能部による「飾山囃子」や「秋田おはら節」・「ドンパン節」など民謡や踊りが披露され、会場を盛り上げました。

祝宴

大曲農業高校郷土芸能部の踊り

久々に顔をあわせたみなさんは、仲間たちと「元気だったが?」や「久しぶり」など挨拶をかわし、近況報告など話しは尽きることなく祝宴を楽しんでいました。

来年も元気に再会しましょう!!

暑い日は海洋センタープールへ

写真の説明写真の説明写真の説明暑い日が続いていますが、神岡B&G海洋センタープールは、毎日、多くの人たちでにぎわっています。 この日は大仙管内の学校保健会のサマースクールのお友だち約70人が訪れ水泳学習を行っていました。 上屋付きプールなので雨の日も安心して水遊びができます。 みなさんのご利用をお待ちしております。

第2分団3年連続優勝!神岡地域消防訓練大会

7月2日(土)、平成23年度神岡地域消防訓練大会が中川原グラウンドで開催されました。この大会は、消防ポンプ操法の習熟と基本的な規律を身につけ、消防力の強化とその向上をねらいとして毎年開催されています。

開会式

競技は、最初に小型ポンプ操法から行われ、神岡支団の第1分団から第5分団まで5人1チームで8隊が出場し、機敏な動作でホースを展張し、標的となる火点が倒れるまでの放水の操作タイムを競い合いました。

小型ポンプ操法

小型ポンプ操法小型ポンプ操法

小型ポンプ操法小型ポンプ操法

小型ポンプ操法小型ポンプ操法

引き続き行われた規律訓練では、第3・4・5分団の混成チーム(21人)が指揮者の号令のもと、行進や列の変形などの正確さを披露しました。

規律訓練

規律訓練規律訓練

審査の結果、小型ポンプ操法の部では、第1位は「第2分団1班」、第2位は「第4分団1班」、第3位は「第3分団1班」となりました。第2分団は、3年連続の優勝を勝ち取り、7月16日(土)に開催される「大仙市仙北市美郷町支部消防訓練大会」へ出場します。このほかに、規律訓練の部へ第3・4・5分団の混成チームが神岡代表として出場します。

優勝した第2分団

最後にみんなで万歳三唱!!

万歳三唱!!

「夫婦家庭バレーボール大会」

6月26日(日)、神岡体育館で「第45回神岡地域夫婦家庭バレーボール大会」が開催されました。

8チームにより熱戦が繰り広げられ、1チーム男女各4人の8人制で1組以上の完全夫婦が出場することなど独自の競技規則があり、お互い声を掛け合い夫婦ならではの息のあったプレーも見られました。

準備体操

熱戦展開中

熱戦展開中

大会結果 優 勝「宇船チーム」 準優勝「北栄チーム」 3 位「上高野チーム」と「上町岳見チーム」

優勝した「宇船チーム」

優勝「宇船チーム」

準優勝した「北栄チーム」

準優勝「北栄チーム」

今年もきれいに植えました!

6月14日(火)、公園美化のため神岡中央公園にマリーゴールドとサルビア約800株を植えました。

花植えにはすくすくだけっこ園5歳児、荒屋老人クラブ、ビュータウン嶽町内会等、総勢約90人にご協力をいただきました。

日頃から土に慣れ親しんでいる皆さんは作業の手際がよく、園児たちは植え方を教わりながら一つ一つ丁寧に植え、あっという間に花壇は色鮮やかになりました。

すくすくだけっこ園児と町内会のみなさん

花植えが始まりました

植え方を教わる園児たち

上手に植えれるかなぁ~こうやってとるんだよ~

きれいに植えました!

「みんなの安全を願って」~海外からの応援メッセージ~

外国語指導助手として旧神岡町に勤務していた、エリック・シュナイダーさん(現在教師)と生徒たちから、東日本大震災を悲しみ、日本のみんなの安全を願うメッセージが届きました。

応援メッセージ

大仙市のみなさんへ             2011年3月

私たちは今、大仙市の皆さんと日本の皆さんのことを思っています。

私たちは、皆さんの安全を願っています。

アメリカ合衆国ニューヨーク グレイスチャーチスクールの生徒たちより

エリックさんと生徒たち

エリックさんと生徒たち

エリックさんは、平成10年7月から1年間、旧神岡町の教育委員会に外国語指導助手として勤務され、平和中学校や神宮寺小学校、北神小学校などで、英語の指導助手として児童や生徒に英会話の指導や国際交流の活動を行っていました。

エリック・シュナイダーさん

あたたかいメッセージありがとう!

「むかしっこを聞く会」すくすくだけっこ園

2月15日(火)すくすくだけっこ園で、「むかしっこを聞く会」が開催されました。語り部は、羽後町昔がたり館の中川文子さんで、かすりの衣装でエプロンシアターなどの小道具を使いながら、「うさぎとかめ」などむかしっこを披露しました。絶妙な語り口でユーモアあふれる話に、園児たちはじっくり聞き入っていました。

写真の説明

写真の説明写真の説明

写真の説明

写真の説明