地震が発生した場合

地震が発生した場合

  1. 身の安全の確保 急いで机、テーブル、布団等の下に潜り込む
    • あわてて外に飛び出さないこと
    • 転倒の恐れがある家具や照明器具の下から離れる
    • ガラス等による怪我を避けるため、室内でも履物を履く
  2. 火災の防止 揺れが小さいとき、または、揺れが収まったら、火の始末をする
  3. 避難路の確保 ドアや窓を開けて逃げ道の確保
  4. 避難 激しい揺れの場合や、家具等の転倒により、室内で危険を感じる場合、または火災が発生し、カーテン、天井等に燃え移ったときは、すぐに避難する。
    • 慌てずに、頭上からの落下物に注意すること
    • 塀から離れて歩くこと
    • 火災で避難する場合は、大きな声を出して近所の人と協力して周囲に知らせること
  5. 通報 火災が発生した場合は、119番通報する。
  6. 用法収集 テレビやラジオで情報を収集する。
  7. 帰宅 十分な安全が確認できたら帰宅する。

お問い合わせ

総務部 総合防災課
TEL 0187-63-1111(内線288)