寄附金の活用について - ふるさと納税

2017年12月21日

寄附金の活用について

みなさまの寄附金は観光、高齢者福祉、自然環境、子育て教育及び定住促進の5つの柱に関連する事業を推進するために役立てます。

1. 観光

 特色ある地域資源を活用した
 観光交流等に関する事業

大仙市では全国的に誇れる技術と伝統に培われた 「全国花火競技大会」(大曲の花火)、史跡 「払田の柵跡」や県内唯一の国宝である「線刻千手観音等鏡像」など多くの史跡や文化財を有するとともに、さまざまな民俗芸能などのイベントが開催されています。これらの観光資源のつながりを強めるとともに、観光案内の充実を図り、年間を通じた観光誘客を図ります。

hanabi.jpg

 

2. 高齢者福祉

老いを楽しみ、地域が支える
高齢者福祉に関する事業

大仙市では高齢化社会に直面する中、高齢者が住み慣れた家庭や地域において、健康で活き活きと安心して生活することができるような体制の整備を図ります。また、高齢者が地域社会の一員として、豊かな知識や経験、能力を活かせる場の確保や生きがいづくりに必要な機会の充実を図り、Uターン、Iターンなどをされる皆様にも安心して過ごしていただける地域づくりに努めます。

koreishafukushi.jpg

 

3. 自然環境

次代に残す豊かな
自然環境の保全に関する事業

大仙市には豊かな山、川など自然環境に恵まれており、次代を担う子ども達にこれからを残していくための事業を充実させます。また、豊かな水を湛える河川の水質を保つために河川の清掃や河川と親しむなど環境保全の大切さを学習できるような環境づくりを図ります。

shizen.jpg 

4. 子育て教育

 健やかな成長を願う子育てと
 教育の充実に関する事業

少子化が進む中、子どもを安心して健やかに育てることができるまちづくりを進めるにあたり、保育サポートなど子育て支援の拠点を充実させるとともに、保育に要する経費の軽減などを図ります。

baby.jpg 

 

5. 定住促進

魅力あるまちづくりと
若者等の定住促進に関する事業

若者の定住促進や文化財保護の施策充実を図ります。

大仙まちなみ.jpg

                                                                                                                  

                                                                                                                                                                                                                                                                       

実施した事業

平成27年度

・ 大仙市マスコットキャラクター着ぐるみ(2号機)製作事業(観光分野)

 事業費  1,360,800円

平成26年度

観光PR映像作製事業(観光分野)

 事業費   3,929,410円

地域中核病院整備支援事業

 事業費  8,715,000円

平成25年度

ふるさと納税文庫整備事業(子育て教育分野)
 事業費 4,957,820円

観光PR映像作製事業(観光分野)

 事業費  485,026円

平成24年度

ふるさと納税文庫整備事業(子育て教育分野)
 事業費 3,727,071円

平成23年度

ふるさと納税文庫整備事業(子育て教育分野)
 事業費 6,180,072円

  

お問い合わせ

まちづくり課
電話:0187-63-1111(227)

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加