大仙市基本計画 基本構想 - 各種計画

2013年9月20日

人が活き 人が集う 夢のある田園交流都市

 

 平成17年3月に誕生した「大仙市」は、県内有数の拠点都市です。

 また、生活文化を農業とともに作り上げてきた田園都市であり、まちのにぎわいを商業の発展とともに作り上げてきた商業都市でもあります。

 平成18年からの10年間の総合的かつ計画的な行政運営を図るための基本構想である「大仙市総合計画」を策定しました。

 「人が活き 人が集う 夢のある田園交流都市」を将来都市像に掲げ、合併旧8市町村の有形無形の地域資源を生かしながら、地方分権時代にふさわしい住民主体のまちづくりを目指して取り組みます。

 

 

(平成18年3月20日議決)

 

基本構想 目次

 表紙

 あいさつ

 もくじ

 第1編 序論

  第1章 総合計画とは~市政運営の基本方針~

  第2章 大仙市の今~現状と課題~

 第2編 基本構想

  第1章 めざすべき10年後の姿~大仙市がめざす理想のまち~

  第2章 構想の実現に向けて~大仙市の経営方針~

  第3章 6つの施策の柱~まちづくりの基本方針~

  第4章 都市機能構想~大仙市の土地利用~

 裏紙

 

お問い合わせ

総合政策課
電話:0187-63-1111(内線228)

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加