建築確認関係について(建築指導班) - 建築住宅課のお知らせ

2018年7月19日

1 建築指導班の業務概要について

 大仙市建設部建築住宅課建築指導班は、建築確認関係業務における県との連携強化と来庁者の利便を図るため、秋田県仙北地域振興局内で業務を行っており、建築基準法第6条第1項第4号に掲げる建築物、一定規模以下の工作物などを取り扱っております。

主な業務

 内容は次のとおりです。

  1. 建築確認の受付、審査及び完了検査
  2. 道路位置指定
  3. 長期優良住宅の認定
  4. 低炭素建築物新築等計画の認定
  5. 住宅・建築物の省エネルギーの届出・認定
  6. 建設リサイクルの届出
  7. 建築物のバリアフリー協議等

2 建築確認申請等の受付について

建築基準法第6条第1項第4号に掲げる建築物、一定規模以下の工作物

1) 建築確認申請の受付

 建築確認申請の受付は、申請に係る工事施工地が大曲地域にあっては大仙市建設部建築住宅課建築指導班(秋田県仙北地域振興局庁舎内2階)で、神岡、西仙北、中仙、協和、南外、仙北、太田地域にあっては当該地域の支所農林建設課で行います。

2) 完了検査申請の受付

 完了検査申請の受付は、申請に係る工事施工地にかかわらず、大仙市建設部建築住宅課建築指導班(秋田県仙北地域振興局庁舎内2階)で行います。

3) 申請手数料

 建築確認申請及び完了検査申請の手数料は、受付の際に現金で納付して頂きます。

 

確認申請添付書類

3 秋田県の建築確認申請等の受付について

建築基準法第6条第1項第1号から第3号に掲げる建築物及び一定規模を越える工作物

1) 秋田県の建築確認申請の受付

 秋田県が審査する建築確認申請の受付は、申請に係る工事施工地が大曲地域にあっては大仙市建設部建築住宅課(秋田県仙北地域振興局庁舎内2階)で、神岡、西仙北、中仙、協和、南外、仙北、太田地域にあっては当該地域の支所農林建設課で行います。

2) 秋田県の完了検査申請の受付

 秋田県が審査する完了検査申請の受付は、申請に係る工事施工地にかかわらず、秋田県仙北地域振興局建設部建築課で行います。

3) 秋田県の申請手数料

 秋田県が審査する建築確認申請及び完了検査申請の手数料は、受付の際に秋田県証紙で納付して頂きます。

 

建築確認申請の手続きについて

 

4 受付窓口等の一覧

申請に係る工事施工地によって受付窓口が異なります。

建築物等の区分

審査区分 工事施工地 受付窓口

建築基準法第6条第1項第4号建築物及び一定規模以下の工作物

(大仙市審査)

 確認申請  大曲地域

大仙市建設部

建築住宅課分室

大曲地域以外の地域

神岡、西仙北、中仙、協和、南外、仙北、太田地域

大仙市各支所

農林建設課

 完了検査  大仙市全域 大仙市建設部

建築住宅課分室

建築基準法第6条第1項第1号から3号の建築物及び一定規模を超える工作物

(秋田県審査)

 確認申請  大曲地域  大仙市建設部

建築住宅課分室

 大曲地域以外の地域

神岡、西仙北、中仙、協和、南外、仙北、太田地域

大仙市各支所

農林建設課

 完了検査  大仙市全域

秋田県仙北地域振興局建設部建築課

 

5 建築確認の審査及び完了検査等の審査区分一覧

  用途の区分 構造の区分 面積等の区分 大仙市 秋田県仙北地域振興局
建築物 特殊建築物(物品販売店舗、飲食店、共同住宅等) 全て その用途の床面積 (S) (S)≦100m2 (S)>100m2
上記以外(専用住宅、店舗付住宅等) 木造 階数(F) (F)≦2 (F)≧3
延べ面積 (S) (S)≦500m2 (S)>500m2
高さ(H) (H)≦ 13m (H)>13m
軒の高さ(h) (h)≦9m (h)>9m
非木造 (鉄骨、鉄筋コンクリート造等) 階数(F) (F)≦1 (F)≧2
延べ面積(S) (S)≦200m2 (S)>200m2
工作物 煙突 高さ(H) 6m<(H)≦10m (H)>10m
広告塔、広告看板 高さ(H) 4m<(H)≦10m (H)>10m
擁壁 高さ(H) 2m<(H)≦3m (H)>3m
※ 大仙市が審査する一定規模以下の工作物は、4号建築物の敷地内に築造するもの又は建築物の敷地外に築造するもの。
道路位置指定 全て
建設リサイクル法の届出 4号建築物 左記以外
秋田県バリアフリー条例の協議等 4号建築物 左記以外

6 建築確認申請等手数料一覧

 大仙市は現金納付となります。

1) 建築確認申請・計画通知手数料

区分 手数料の額
床面積の合計 30m2以内のもの 7,000円
30m2を越え、100m2以内のもの 13,000円
100m2を越え、200m2以内のもの 20,000円
200m2を越え、500m2以内のもの 26,000円
500m2を越え、1,000m2以内のもの 46,000円
1,000m2を越え、2,000m2以内のもの 63,000円
2,000m2を越えるもの 180,000円

(注)

  1. 確認を受けた建築物の計画の変更をして建築物を建築する場合(移転する場合を除く)
    当該計画の変更に係る部分の床面積の2分の1(床面積の増加する部分にあっては、当該増加する部分の床面積)
  2. 建築物を移転し、その大規模の修繕若しくは大規模の模様替えをし、又はその用途を変更する場合
    当該移転、修繕、模様替又は用途の変更に係る部分の床面積の2分の1
  3. 確認を受けた建築物の計画の変更をして建築物を移転し、その大規模の修繕若しくは大規模の模様替えをし、又はその用途を変更する場合
    当該移転、修繕、模様替又は用途の変更に係る部分の床面積の2分の1

2) 完了検査・完了通知手数料

区分 手数料の額
床面積の合計 30m2以内のもの 14,000円
30m2を越え、100m2以内のもの 17,000円
100m2を越え、200m2以内のもの 23,000円
200m2を越え、500m2以内のもの 31,000円
500m2を越え、1,000m2以内のもの 51,000円
1,000m2を越え、2,000m2以内のもの 73,000円
2,000m2を越えるもの 180,000円

(注)

  1. 建築物を移転し、その大規模の修繕若しくは大規模の模様替えをし、又はその用途を変更する場合
    当該移転、修繕、模様替又は用途の変更に係る部分の床面積の2分の1

3) 工作物手数料

区分 手数料の額
一定規模以下の工作物 確認申請、計画通知 8,000円
確認を受けた工作物の計画の変更 4,000円
完了検査、完了通知 9,000円

7 秋田県バリアフリー条例について

1) 秋田県バリアフリー条例に基づく協議等

 大仙市は、市町村への権限移譲の推進に関する条例(平成16年秋田県条例第71号)の規定により、秋田県バリアフリー条例に係る一部の事務について権限移譲を受けました。

2) 協議・届出先

 建築基準法第6条第1項第4号に該当する建築物についての協議・届出等は、大仙市が担当します。
 4号以外の建築物は秋田県(振興局)が担当します。

 大曲地域は建築住宅課分室、その他の地域は各支所農林建設課に提出してください。

 

関連リンク先

秋田県バリアフリー社会の形成に関する条例

8 長期優良住宅建築等計画認定について

1) 長期優良住宅建築等計画認定(制度概要)

 長期優良住宅とは、長期優良住宅の普及の促進に関する法律(平成20年法律第87号)に規定する、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が構造及び設備等に講じられた優良な住宅のことを言います。

 長期優良住宅の建築・維持保全をしようとする方は、住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画認定申請書)を作成し、所管行政庁の認定を申請することができます。認定を受けた住宅は、税の減免を受けることができます。

2) 認定の申請先(所管行政庁)

 建築基準法第6条第1項第4号に該当する住宅等は大仙市が担当します。4号以外の住宅等は秋田県(振興局)が担当します。

3) 認定手数料

 長期優良住宅建築等計画認定申請手数料及び変更認定申請手数料は次表のとおりです。

 認定申請の際、住宅品質確保法第6条第1項に規定する設計住宅性能評価書の写し※、または長期優良住宅の普及の促進に関する法律第6条第1項第1号に掲げる基準に適合することを証する書類(適合証)※を提出する場合、手数料の額は引き下げられます。

※ 設計住宅性能評価書の写しを提出する場合の手数料の額は、平成27年4月1日より適用します。

※ 適合証を提出する場合の手数料の額は、認定申請の際、長期優良住宅手数料条例に規定する「市長が認める者」が証する書類を提出する場合に適用になります。「市長が認める者」とは、住宅の品質確保の促進等に関する法律(平成11年法律第81号)第5条第1項に定める登録住宅性能評価機関のうち、長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査に関し必要な業務規定を定め、かつ、秋田県知事が所管する区域をその業務区域として定めるものです。

 

3)-1  認定申請手数料

住宅の区分 住戸の総数      手数料の額
   新築   増築又は改築
 通常  適合証を提出する場合

設計住宅性能評価書の写しを提出する場合 

 通常の場合   適合証を提出する場合
  一戸建て住宅

 45,000円

 17,000円  20,000円  68,000円  29,000円
  共同住宅等(長屋を含む)   5戸以下

 102,000円

 31,000円  57,000円  15,3000円  52,000円
6戸以上  163,000円  48,000円  90,000円  242,000円  80,000円

3)-2 変更認定申請手数料

住宅の区分 住戸の総数      手数料の額
   新築   増築又は改築
 通常  適合証を提出する場合

設計住宅性能評価書の写しを提出する場合 

 通常の場合   適合証を提出する場合
  一戸建て住宅

 22,500円

 8,500円  10,000円  34,000円  14,500円
  共同住宅等(長屋を含む)   5戸以下

 51,000円

 15,500円  28,500円  76,500円  26,000円
6戸以上  81,500円  24,000円  45,000円  121,000円  40,000円

4) 長期優良住宅の普及の促進に関する法律第9条第1項の規定による計画の変更の認定申請手数料(譲受人の決定)

1件について3,000円

5)  長期優良住宅の普及の促進に関する法律第10条第1項の規定による計画の認定に基づく地位承継の承認申請手数料

1件について2,000円

6) 認定基準

長期優良住宅の認定基準(概要)(112KB)

 詳しくは国土交通省のホームページに掲載してあります。
国土交通省長期優良住宅法関連情報

 

・居住環境の維持及び向上への配慮に関する基準

 大仙市で対象となる基準は、「駅東第1地区計画」があります。地区計画の内容等は都市管理課へお問い合わせください。
 

9 低炭素建築物新築等計画認定について

1) 低炭素建築物新築等計画認定(制度概要)

 低炭素建築物とは、都市の低炭素化の促進に関する法律(平成24年法律第84号)に規定する、二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物のことをいいます。

 低炭素建築物の新築等をしようとする方は、当該建築物の新築等に関する計画(低炭素建築物新築等計画)を作成し、所管行政庁の認定を申請することができます。認定を受けた住宅等は、税の減額等の特例の措置を受けることができます。

2) 認定の申請先(所管行政庁)

 建築基準法第6条第1項第4号に該当する住宅等は大仙市が担当します。4号以外の住宅等は秋田県(振興局)が担当します。

3) 技術的審査の事前審査

 申請に先立ち、認定に係る新築等の技術的部分について事前に適合証の交付を受けてください。

 事前審査を行う機関は次のとおりです。

  • 「エネルギー使用の合理化に関する法律」に基づく登録建築物調査機関
  • 「住宅の品質の確保の促進等に関する法律」に基づく登録住宅性能保証機関

※ なお、県内での機関は一般財団法人秋田県建築住宅センター(電話 018-836-7850)になります。

4)-1 認定申請手数料

用途若しくは建築物全体の認定又は住戸認定により手数料が異なります。次表は住宅部分のみの場合の手数料になります。

※ 住宅部分以外を含む場合(共同住宅の住棟認定、住宅と非住宅の複合建築物、非住宅建築物等)の手数料は、大仙市建設部建築住宅課建築指導班まで直接お問い合わせください。

4)-2 住宅部分のみの場合の手数料額表

戸数区分 手数料の額
新規 変更
一戸建て住宅 5,000円 2,500円
共同住宅等 1戸 5,000円 2,500円
2戸~5戸 9,000円 4,500円
6戸~10戸 16,000円 8,000円
11戸~ 26,000円 13,000円

5) 認定基準

 詳しくは国土交通省のホームページに掲載してあります。
国土交通省低炭素建築物認定制度関連情報

10 建築確認関係例規一覧

11 申請書等ダウンロード

12 問い合わせ先

大仙市建設部建築住宅課分室(建築指導班)
秋田県仙北地域振興局庁舎内(2階)
所在地 〒014-0062 大仙市大曲上栄町13番62号
電話 0187-88-8822
FAX 0187-62-4600
Email kenju@city.daisen.akita.jp

地図

大仙市建設部建築住宅課分室

関連ワード

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加