70歳以上75歳未満の人の所得区分 - 国民健康保険

2018年10月4日

70歳以上75歳未満の人の所得区分

 ※現役並所得者の内、70歳以上75歳未満の国保被保険者の収入額が、二人以上で合計520万円未満、一人で383万円未満または後期高齢者医療制度移行で国保をぬけた方含めて合計520万円未満の場合は申請により、「一般」の区分と同様となります。

現役並所得者 III

同一世帯に住民税課税所得が690万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人。

 

現役並所得者 II

同一世帯に住民税課税所得が380万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人。

 

現役並所得者 I

同一世帯に住民税課税所得が145万円以上の70歳以上75歳未満の国保被保険者がいる人。

 

一般

現役並所得者以外の住民税課税世帯の人

 

低所得者 II

同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税の人(低所得者 I 以外の人)。

 

低所得者 I

同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人。

お問い合わせ

市民課
保険班
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加