生活保護 - 生活保護

2013年9月29日

生活保護について

 生活保護は、病気や身体の障がい、思いがけない事故など、様々な事情により生活が困った方に対し、健康で文化的な最低限度の生活を保障するため、困窮の程度に応じて必要な保護を行い、その自立を手助けする制度です。

生活保護の種類

原則、世帯を単位として、次の8つの保護を行います。

  1. 生活扶助:日常生活に必要な食費、被服費、光熱費等の費用
  2. 住宅扶助:アパート等を借りている場合の家賃・地代などの費用
  3. 教育扶助:学用品、教材費、給食費、学級費など義務教育のための費用
  4. 医療扶助:病気やけがの治療に必要な費用
  5. 介護扶助:介護保険の給付対象となるサービスを受けるために必要な費用
  6. 出産扶助:出産に必要な費用
  7. 生業扶助:技能習得、高等学校での就学・就労の支度に要する費用
  8. 葬祭扶助:葬式のための費用

一時的に必要な費用として国の定める範囲内で次の支給ができます。

  1. 被服費
  2. 入学準備金
  3. 家具什器費
  4. 住宅改修費
  5. 配電設備費
  6. 水道等設備費
  7. 通院交通費

生活保護費の計算

 最低生活費-収入充当費=保護費支給額

 その世帯の最低生活費と世帯員全員の収入額を比較し、収入が下回る場合にその不足分が保護費として支給されます。

最低生活費

 世帯の実態(年齢、人数、健康状態、地域など)をもとに保護基準により算定された一月の生活費

収入充当額

 働いて得た収入、年金や手当、資産の賃貸や売却により得た収入、親族からの仕送り援助など、世帯員全員の収入額の合計

お問い合わせ

生活支援課
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加