ペットの最期 - ペット

2016年4月1日

ペットは最期まで家族の一員として責任を持って飼いましょう!

20101029.jpg

飼う前に考えて欲しい、命の尊さ・ペットを飼うことの責任

 新しく犬や猫などのペットを飼う前に、「終生そのペットを飼育できるのか」をよく考えましょう。(犬の平均寿命は約10年以上、猫は10~16年)

  • ペット飼育が可能な居住状況か
  • 人に迷惑にならないようにしつけができるか
  • 散歩や餌やり、遊びなどの世話ができるのか
  • 犬が年老いた時の世話ができるのか
  • 転勤などで飼えなくなることはないのか など

飼うと決めたら最期まで飼うのが飼い主として最低限の責任です

 飼うと決めたら飼い主が正しいしつけを行い、最後まで責任をもって飼いましょう。ペットが病気になったなどの理由で処分するのは、無責任な行為です。家族が病気になったら、処分をしますか…。

もし万が一ペットを飼えなくなった場合は

 どうしても飼えない犬猫については、県による引き取り制度があります。引き取りを依頼する場合は事前に大仙保健所(環境指導課 電話 0187-63-3683)にご相談ください。

お問い合わせ

環境交通安全課
電話:0187-63-1111(229)

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加