飼い主の心構え - ペット

2013年10月2日

ペットの飼い主の心構えについて

inu.JPG 大仙市に寄せられる苦情の中で、最近犬に関するものがとても増えています。しかし、いずれの苦情も飼い主のみなさん一人ひとりがモラルやルールを守れば解消できることばかりです。

 生活に潤いを与えるはずのペットが原因でご近所とのトラブルを引き起こさないためにも、飼い主のみなさんのより一層のマナー向上が求められています。

犬のフンの始末は飼い主の責任

 公園・道路などの公共の場所や他人の土地・建物などに、犬のフンを放置することは深刻な迷惑行為です。犬を散歩に連れて行くときはスコップやビニール袋等を持参し、フンをそのまま放置したり埋めたりしないで、必ず自宅に持ち帰り処分してください。

犬の放し飼いはとても危険

 犬の放し飼いは、人の生命に関わる大きな問題です。犬を家の敷地外に放したり、夜だからといって引き綱をはずして公園などで走らせたりする行為はとても危険です。人に危害を与えないよう、必ず鎖などでつなぐか、柵やおりの中で飼ってください。

不幸な犬を生ませない

 生まれた子犬を飼えない場合は、去勢手術、不妊手術を実施するよう努めましょう。

お問い合わせ

環境交通安全課
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加