非核平和都市宣言に関する決議 - 大仙市議会

2013年10月2日

決議第1号 「非核平和都市宣言」に関する決議

平成17年6月27日

 真の恒久平和は、人類共通の願いである。

 しかるに、近年世界における核兵器の増強は、依然として続けられ、世界の平和と人類の生存に深刻な脅威と危機をもたらしている。

 わが国は、世界唯一の核被爆国として、再びこの地球上に、あの広島、長崎の惨禍を繰り返させてはならない。

 大仙市は、平和憲法の精神にのっとり、非核三原則を将来ともに遵守し、あらゆる国の核兵器の廃絶を全世界に強く訴え、人類共通の念願である恒久平和を希求するものである。

 ここに、大仙市は「非核平和都市」であることを宣言する。

 以上、決議する。

大仙市議会

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加