ホームタンク破損による「油流出事故」について - 公害

2015年11月16日

ホームタンク破損による「油流出事故」について

 

油流出事故防止啓発チラシ.jpg 

 

 秋田県内で、屋根からの氷柱(つらら)によりホームタンクが破損し、灯油が流出する事故が発生しています。雪下ろしや除排雪を行う際は、ホームタンクや配管を破損することがないよう、十分に注意して作業するようお願いします。

 また、不注意による油流出が多くなる時期でもあります。ポリタンクなどに灯油を小分けする際は、絶対にその場を離れずに作業するようにしてください。

 通報の遅れは被害を大きくし、回収費用も大きくします。油もれ事故が発生した場合は、速やかに消防か市役所に連絡をお願いします。

 

次の点には特に注意して事故を防止しましょう。

  • 除排雪の際にタンクや給油管を傷つけない。
  • 落雪から給油管を保護して破損を防止する。
  • 配管に腐食や亀裂がないか定期的に点検する。
  • 強風等によりタンクが倒壊しないよう定期的に点検する。
  • 作業後、タンクの栓がしっかり閉められているか確認する。
  • ホームタンクに防油提を設置する。

 

お問い合わせ

各支所市民サービス課
環境交通安全課 電話0187-63-1111
広域消防本部 電話0187-63-0150

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加