給与特別徴収 - 税

2019年12月3日

  給与特別徴収とは、1年間で納めていただく市・県民税を6月から翌年5月までの年12回に分け、毎月の給与から差し引いて納めていただく仕組みのことです。

 なお、秋田県と県内市町村では、賦課徴収の公平性を確保するため、平成26年度から、要件に該当するすべての事業主に行っていただくこととしています。

給与支払報告書を提出願います

 事業所の方は、平成31年1月1日~令和元年12月31日の間に給与の支払を行った場合、令和2年1月1日現在、大仙市に住所のある人に係る給与支払報告書を大仙市役所に提出してください。(源泉徴収票は支払いを受けた人に渡してください)

  • 提出期限:令和2年1月末日
  • 提出場所:大仙市役所 本庁 税務課 または 各支所 市民サービス課
  • 提出方法:郵送、eLTAXまたは光ディスク等の媒体
    ※ ファクシミリでは受け付けできません。
    ※ 光ディスク等での提出は事前に承認を受ける必要があります。

お早めの提出をお願いします。eLTAXによる提出にもご協力をお願いします。

法定代理人や税理士の方が代わりに窓口に提出する際は、代理権等の確認書類を添付してください。

様式

  様式 記載例
給与所得者異動届出書 PDF
一括徴収 PDF
普通徴収(退職) PDF
普通徴収(休職)

PDF

転勤 PDF
給与所得者異動届出書(特別徴収への変更依頼書) PDF PDF
特別徴収義務者の所在地・名称等変更届出書 PDF PDF
市民税・県民税特別徴収の納期の特例に関する申請書 PDF PDF
給与支払報告書の光ディスク等による提出承認申請書 PDF
給与支払報告書(総括表)・仕切り紙

PDF

 

退職所得に係る住民税の特別徴収

 退職所得に係る住民税は、他の所得と分離して、退職金が支払われる際に支払者が税額を計算・徴収して、翌月10日(祝日の場合はその翌日、土曜日の場合は翌々日)までに、退職金が支払われた年(通常は退職した年)の1月1日現在におけるその納税義務者(退職所得の受取人)の住所地の市町村へ申告・納入することになっています。

 退職所得に係る住民税の申告書は、大仙市指定の「特別徴収納入書」裏面に付いています。手元にない場合は、税務課までご請求ください。

お問い合わせ

税務課
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加