個人市民税 - 税

2017年7月3日

個人市民税

個人市民税は、個人県民税と合わせて個人住民税(個人市・県民税)といいます。

毎年1月1日現在に大仙市にお住まいの方に課税されます。

前年中の所得に応じて税額が決定されます。

市民のみなさまが居住している地域の費用を所得に応じて広く分担しあう性格をもっています。

※ 平成29年度個人住民税については、平成29年1月1日現在に大仙市内にお住まいの方に対して課税されます。

※ 1月1日以降、お亡くなりになられた場合でも課税されます。この場合、亡くなられた方の相続人が納税義務を負います。

税率の計算

税額は、「均等割額」と「所得割額」の合計額です。

均等割及び所得割の税率

均等割及び所得割の税率は次のとおりです。

なお、この他に分離課税の税率があります。

 

市民税

均等割

市民のみなさまに広く均等に負担していただくもので定額です。

3,500円

所得割  

前年中の所得額に応じて負担していただくものです。

課税所得の段階 標準税率
一律

6%

  

県民税

均等割

県の仕事に必要な費用を広く県民のみなさまから負担していただくものです。

2,300円

(県民税には、秋田県水と緑の森づくり税800円が加算されています。)

所得割

前年中の所得額に応じて負担していただくものです。

課税所得の段階 標準税率
一律 4%

  

復興財源確保のための臨時税制措置により、平成26年度から平成35年度までの10年間、均等割額に市民税・県民税それぞれ500円が加算されています。

 

最近の税法改正の主なものはこちらでご確認ください

 

納付の方法

納付の方法は「特別徴収」と「普通徴収」があります。

納付方法 説明 納期
普通徴収 直接納税義務者から市の窓口や金融機関等で納付していただきます。 4回
特別徴収(給与) 勤務先の給与から天引で納付していただきます。 12回
特別徴収(年金) 公的年金から天引きで納付していただきます。 6回

 

個人市民税の住宅借入金等特別税額控除について

平成21年度まで提出いただいた市・県民税住宅借入金等特別控除申告書は提出する必要がなくなりました。

ただし平成11年~18年中に居住開始され、山林所得・臨時所得・変動所得等があった方については市・県民税住宅借入金等特別控除申告書を提出した方が有利な場合がありますので、ご不明な方は、下記までお問い合わせください。

 

個人市・県民税の減免制度について

個人市・県民税は、前年の所得をもとに税額を決定しますが、失業や経営不振、病気療養、災害等の原因で所得が著しく減少、または皆無と認められる場合は、個人市・県民税を減額または免除(以下、減免といいます)する制度があります。

市では、申請に基づき、申請世帯の同意のもとに、世帯の方々の所得や資産等の調査を行い、総合的に判断し、減免の可否を決定します。

減免申請の受付期間は、納期限の7日前までとなります。納期限を過ぎたものや納付済みのものは減免できませんので、お早めにご相談ください。

 

 

お問い合わせ

税務課
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加