所有者が死亡したとき - 固定資産税

2019年5月1日

所有者が死亡したとき

固定資産の所有者が死亡したとき、翌年度以降の課税は次のようになります。

相続登記が死亡した年内に完了している場合

相続された方に対して課税されます。

相続登記が完了していない場合

相続人の方の中から代表者を決めていただき、納税義務承継届を提出していただきます。

相続登記が完了するまで、その方に納税通知書をお送りします。

様式

お問い合わせ

税務課
資産税班
電話:0187-63-1111(133,144,179)

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加