家屋を新築・増築したとき - 固定資産税

2019年5月1日

新築・増築したとき

家屋調査

家屋を新築・増築した場合、その家屋の評価額を決めるため、家屋調査にお伺いします。

家屋が完成しましたら、ご都合のよろしい日時をご連絡ください。

調査時間
調査と税金の説明を含め約30分
調査するところ
各部屋の内部仕上げ、設備、建物の外部仕上げ等

※ 事前に平面図等をご用意いただく場合があります。

新築住宅に対する減額措置

次の要件を満たした新築住宅は、一定期間、固定資産税額が減額されます。

要件

居住割合

居住部分の床面積が建物全体の2分の1以上

床面積

居住部分の床面積が50平方メートル(一戸建以外の貸家住宅にあっては40平方メートル)以上280平方メートル以下

減額の内容

対象

120平方メートルまでの居住部分について、税額を2分の1に軽減

期間

  • 認定長期優良住宅
    5年間(3階以上の中高層耐火住宅等は7年間)
  • 一般の住宅
    3年間(3階以上の中高層耐火住宅等は5年間)

申請に必要な書類

※認定長期優良住宅の減額を受ける場合は、認定を受けたことを証する書類(所管行政庁が発行する認定通知書等の写し)を添付してください。

お問い合わせ

税務課
資産税班
電話:0187-63-1111(133,144,179)

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加