裁判離婚について - 戸籍・住民登録

2017年11月29日

裁判離婚について

調停離婚・和解による離婚・請求の認諾による離婚・審判離婚・判決離婚

当事者間に離婚の合意が整わない場合、裁判による離婚の手続きをとることができます。

いずれの場合も離婚手続きは同じです。

1. 届出期間

調停または和解の成立、請求の認諾または審判・判決の確定日から10日以内

※ 10日目が土曜・日曜等市役所の業務が休みの場合は、その翌開庁日までが届出期間です。

2. 届出人

原則は調停の申立人または訴提起者ですが、相手方も届出人になれる場合がありますので、事前にお問い合わせください。

3. 届出場所

次のいずれかの市区町村役場に届出てください。

  • 夫妻の本籍地
  • 夫または妻の所在地(住所地等)

大仙市役所の窓口

4. 届出に必要なもの

  • 離婚届書 1通
    証人欄の記入は不要
    法務省作成記入例(外部リンク)
  • 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本) 1通
    本籍地以外の場所で届出を行なう場合には提出が必要です。
    (戸籍が電算システム化された市区町村では、戸籍謄本を戸籍全部事項証明書と言います)
  • 届出人の印鑑
  • 国民健康保険証(加入者のみ)

次のいずれかの書類の提出も必要です。

  • 調停調書の謄本(調停離婚の場合のみ)
  • 和解調書の謄本(和解離婚の場合のみ)
  • 認諾調書の謄本(請求の認諾による離婚の場合のみ)
  • 審判書謄本および確定証明書(審判離婚の場合)
  • 判決書謄本および確定証明書(判決離婚の場合)

お問い合わせ

市民課
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加