都市再生整備計画大曲駅周辺地区 事後評価及びフォローアップの公表について - 都市計画

2013年12月2日

都市再生整備計画大曲駅周辺地区 事後評価及びフォローアップの公表について

 大仙市では、大曲駅の周辺を中心としたまちづくりとして、「大曲駅周辺地区(約100ha)都市再生整備計画」を策定し、 平成18年度に国土交通省の採択を受け、国からの交付金(旧まちづくり交付金)を活用しながら、駅東西のバランスのとれた まちづくりによる中心市街地のにぎわい再生と魅力の向上を図ってきました。

 都市再生整備計画とは、国の 交付金(旧まちづくり交付金)を活用し、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした地域主導の個性あふれるまちづくり を実施するために、まちづくりの目標とその実施状況(成果)を定量化する指標や事業期間内(3~5年)に実施する各種事業等 を記載した計画書のことをいいます。事業の最終年度に、事後評価を行い数値目標の達成状況や事業がもたらした成果等の確認 を行い、その翌年度には、事後評価を補完するフォローアップを行うことが義務付けられています。

 平成18年度から 平成22年度までの5ヵ年で進めてきた事業が最終年度を迎えたことにより、平成23年度からこれまで事後評価の公表を行って おりましたが、この度それを補完するフォローアップを行いましたので、その結果を公表します。

都市再生整備計画大曲駅周辺地区 事後評価及びフォローアップ公表資料

これまでの実施した地域の事後評価及びフォローアップ公表資料

神岡地区の公表資料

旧街道周辺地区の公表資料

羽後境駅周辺地区の公表資料

お問い合わせ

都市管理課
電話:0187-66-4908
ファクシミリ:0187-63-4505

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加