土地取引の届出制度(国土利用計画法) - 都市計画

2018年7月2日

土地取引の届出制度(国土利用計画法)

 一定面積以上の土地取引には届出が必要です!

 一定面積以上の土地取引の契約をしたときは、国土利用計画法により土地の権利取得者(買主)は契約した日を含む2週間以内に届出をする必要があります。(事後届出制)

一定面積以上とは

届出が必要な面積は以下のとおりです。

  • 都市計画区域内 5,000m2以上
  • 都市計画区域外 10,000m2以上

ご注意

  • 契約を数回に分けて行う場合でも、計画段階における土地利用面積が上記の面積以上のまとまった土地(一団の土地)になる場合には、届出が必要となります。
  • 都市計画区域内において10,000m2以上の土地を有償で譲渡する場合は、この届出とは別に契約前に売主から届出が必要となります。
    公有地の拡大の推進に関する法律による届出(秋田県)

届出の必要な取引とは

 売買、売買予約、共有持分の譲渡、営業譲渡、譲渡担保、代物弁済、代物弁済予約、交換、形成権の譲渡、信託受益権の譲渡 等
※ 契約の内容によって届出が不要になる場合がありますので、詳細についてはお問合せください。

届出書様式

 届出書は建設部都市管理課、各支所に備え付けております。また、下記のファイルからもダウンロードできます。
提出部数は3部(正本1部、副本2部)

添付図書

 添付図書の提出部数は2部

添付書類名 縮尺 内容
位置図 縮尺5万分の1以上 位置の把握、管内図等
周辺状況図 縮尺5千分の1以上 周辺の状況等を把握できるもの、住宅地図等
形状図 縮尺500分の1から2,500分の1程度 土地の形状を明らかにした図面(公図、区画割図等)

・土地売買契約の契約書の写し、又はこれに代わる書類(領収書等)

・登記簿謄本(全部事項証明書)

実測図   実測図面等がある場合のみ
森林簿の写し   杉等立木のある場合 ※ 1部提出

届出先

 届出先及び問い合せ先は、建設部都市管理課及び各支所まで

届出先・問い合せ先

  • 建設部 都市管理課 電話:0187-66-4908
  • 神岡支所 農林建設課 電話:0187-72-4609
  • 西仙北支所 農林建設課 電話:0187-75-2971
  • 中仙支所 農林建設課 電話:0187-72-2116
  • 協和支所 農林建設課 電話:018-892-3708
  • 南外支所 農林建設課 電話:0187-74-3005
  • 仙北支所 農林建設課 電話:0187-63-3003
  • 太田支所 農林建設課 電話:0187-88-1116

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加