乳幼児の健康 - 健康

2018年5月2日

出生連絡票の届出

 母子健康手帳交付時にお渡ししている出生連絡票は、出生時の母子の状態などを記入していただき、その後の赤ちゃん訪問や乳幼児健診などの保健指導の際に参考にさせていただくものです。

※ 赤ちゃんが生まれたら1か月以内に、お住まいの地域を担当する健康増進センターまで届け出ください。

※ 出生連絡票を紛失された場合はお住まいの地域を担当する健康増進センターまでお申し出ください。

※ 赤ちゃんの出生体重が2,500g未満の時は、出生連絡票の「低体重児出生届出書」欄にも必要事項を記載してください。平成28年度より「低体重児出生届出書」には母と子の個人番号(マイナンバー)を記入していただくようになっております。

※ 個人情報保護のため、ファックスでの送付はご遠慮ください。

 

未熟児養育医療の給付

 未熟児に対する養育医療の給付に関する手続きを受け付けています。

身体の発達が未熟なままで生まれ、入院を必要とする乳児(満1歳未満)に対し、その入院治療に必要な医療費を市が公費負担する制度です。

申請手続きは、お住まいの地域を担当する健康増進センターにお問い合せください。

 

こんにちは赤ちゃん訪問

 お子さんが生まれておおむね2か月くらいの時期に、保健師または助産師が家庭訪問しています。

お子さんの発達や発育についての相談、お母さんの産後の体調に関する相談、お子さんの乳幼児健診や予防接種の進め方についての説明を行っています。

訪問の具体的な日時については、担当の保健師、助産師からご連絡させていただきます。

 

 

乳幼児健診・乳幼児健康相談

1. 乳幼児健診

 大仙市では下記の乳幼児健診を行っています。

対象となるお子さんには、お住まいの地域を担当する健康増進センターから、健診実施日と会場等の詳細が記載された通知を送付します。

集団健診

  • 4か月児健診
  • 7か月児健診 (4か月児健診時に通知を配布)
  • 1歳6か月児健診
  • 2歳6か月児歯科健診
  • 3歳児健診(3歳6か月児)

個別健診(協力医療機関で個別に実施します)

  • 10か月児健診 (7か月児健診時に通知を配布)

※ 10か月児健診は、10か月から1歳になるまでの間に、個別に医療機関に予約して受診してください。10か月になったらなるべく早めに受診されることをお勧めします。

 

2. 乳幼児健康相談

 保健師や栄養士が、乳児や幼児の発達や発育、育児に関する相談を行っています。参加予約は不要ですので、お気軽においでください。

乳幼児健診・乳幼児健康相談等日程表

 

3. 歯の健康手帳を活用しましょう!

  大仙市では、母子手帳交付時に「歯の健康手帳」を配布しています。

  この手帳には各年齢の歯磨きのポイントやむし歯予防に関することなど、お子さんのお口の健康に関する情報がたくさん掲載されています。

  歯の健康手帳を活用し、お子さんの大切な歯を守りましょう!

離乳食教室

 前期(5~6か月児)離乳食教室、後期(10~11か月児)離乳食教室を行っています。

 前期離乳食教室は、保護者の方が調理実習している間、お子さんの保育もしております。

 事前にチラシを配布しますので、参加を希望される方は、お住まいの地域を担当する健康増進センターへお申し込みください。

離乳食教室日程表

※ 案内通知や教室参加の申込受付につきましては、お住まいの地域を担当する健康増進センターで行います。

 

大仙市に転入された乳幼児の保護者の方へ

 お子様の健康管理と乳幼児健診などのお知らせを確実にお伝えするために、今までお住まいだった地域での乳幼児健診や予防接種状況を、お住まいの地域を担当する健康増進センターにお知らせください。

 

 ※予防接種状況の確認の際には母子健康手帳が必要ですので、忘れずにお持ちください。

 

住民登録地外での乳幼児健診等の受診について

他市区町村に住民登録している方について

 他市区町村に住民票があり、里帰り出産や被災地からの避難等で大仙市に居住している方で、大仙市のこんにちは赤ちゃん訪問や乳幼児健診を受けたい方は、住民登録している市区町村へお問い合せください。

 

大仙市に住民登録していて他市区町村での乳幼児健診等を受ける方について

 大仙市に住民登録していて、里帰り出産等の理由で他市区町村でこんにちは赤ちゃん訪問や乳幼児健診を受けたい方は、お住まいの地域を担当する健康増進センターにお問い合せください。

 

 

お問い合わせ

健康増進センター
電話:0187-62-1015
ファクシミリ:0187-62-9302

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加