まほろば唐松「能楽殿」 - 観光施設

2013年10月22日

まほろば唐松「能楽殿」

まほろば唐松「能楽殿」

 秋田県でも唯一のこの能楽殿は現存最古の京都西本願寺の北能舞台を模しで造られています。舞台背面に描かれた若々しい松と正面の立派な二本の柱が印象的で、屋外で演じられていた能本来の姿を伝えるにふさわしい堂々たる舞台となっています。衣装や面、鼓などの展示室もあり、能をより身近に感じることができます。

 定着している一流演者による春の「薪能」、秋の「定期能」公演ばかりでなく民謡や踊り、茶会や短歌、俳句などの文化的催しの拠点としても利用されています。

休館日

月曜日、冬期間

所在地

協和境字唐松岳44-2

営業時間

9:00~16:30
4月上旬~11月下旬営業

アクセス

JR羽後境駅から徒歩10分

駐車場

50台

料金

  • 大人 300円
  • 小中学生 150円

問い合わせ

まほろば唐松「能楽殿」

電話 018-892-3500

地図

ほろば唐松「能楽殿」

お問い合わせ

観光交流課
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加