大仙市地域水道ビジョン - 各種計画

2013年10月29日

大仙市地域水道ビジョン

 大仙市を含む多くの水道事業においては、昭和30年代から40年代の高度経済成長期に整備されており、事業は今までの拡張事業から更新事業へと大きな転換期を迎えております。また、平成19年度末の全国の水道普及率が97.4%と大部分の国民が利用できるまでに普及しているものの、折からの少子高齢化による人口減少社会の進展により、経営基盤の更なる強化が必要となっております。さらに、使用者ニーズの高まりや災害への備え、水道技術者の高齢化による技術承継の問題など、事業環境は大きく変化しております。

 このような中、厚生労働省においては事業環境の変化や諸課題に対応するため、「世界のトップランナーを目指してチャレンジし続ける水道」を基本理念とし、「安心」、「安定」、「持続」、「環境」、「国際」という5つの政策課題に関する目標を掲げ、具体的な施策及び方策、工程等を示した「水道ビジョン」を平成16年6月に策定し、平成20年7月に改訂を行っております。

 平成17年7月には「地域水道ビジョンの作成について」の通知が発出され、水道事業者も自らの事業の現状と将来見通しを分析・評価したうえで、目指すべき将来像を描き、その実現のための方策等を示すものとして「地域水道ビジョン」の策定が推奨されております。

 これを受け大仙市では、平成19年度に「大仙市水道事業基本計画」を策定、平成21年7月には「安全で安心な水道水の安定供給と持続」を基本理念に、事業環境の変化や内在する諸課題を克服し、大仙市の水道のあるべき姿を明確にするとともに、将来にわたり安定した給水を持続するための基本方針及び目標等を定めた「大仙市地域水道ビジョン」を策定しております。

お問い合わせ

上水道課
企画管理班(内線121)
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加