鈴木空如筆「法隆寺金堂壁画模写」 - イベント

2013年12月3日

鈴木空如作「法隆寺金堂壁画模写」

 近代の仏画研究に大きな足跡を残した大仙市太田地域出身の鈴木空如が残したこの模写は、「法隆寺金堂旧壁画 第十一号壁 普賢菩薩像」を原寸大で全着彩し、写したものです。

 国宝である法隆寺金堂壁画は昭和24年に焼損しており、壁画の元々の姿を伝える非常に貴重なものです。平成24年3月23日付で秋田県有形文化財(歴史資料)指定を受けました。

 一般公開の詳細等は、その都度ホームページ及び広報だいせん日和でお知らせします。

一般公開日

一般公開日については、作品を再表装しているため未定となっています。

公開会場

太田文化プラザ(大仙市太田町太田字新田田尻3-4 太田庁舎向い)

アクセス

  • JR大曲駅から車で約30分
  • JR角館駅から車で約20分

料金

無料

問い合わせ

大仙市教育委員会文化財保護課 電話 0187-63-8972
または
大仙市教育委員会 太田公民館 電話 0187-88-1119

地図

鈴木空如作「法隆寺金堂壁画模写」

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加