申請書、届出書等の様式について - 農業委員会のお知らせ

2016年12月9日

申請書、届出書等の様式について

 今後、農業委員会にする申請や届出の様式をこのホームページからダウンロードして利用できるよう各種様式を順次掲載する予定です。

 しかしながら、農業委員会への申請や届出は、農地という財産に対し行う権利の設定や移転を伴うことがあります。安易に申請や届出をする前に、お近くの農業委員や農業委員会事務局および各分室に相談することをお勧めします。

農地を売買、贈与、貸し借りしたい (暫定公開)

 農地を売買したり、贈与したり、貸し借りする場合は「農地法第3条」に基づき農業委員会の許可が必要です。(贈与を除いて、農業経営基盤強化促進法による方法もあります。)

農地を相続した・時効により農地を取得した・法人の合併の結果、農地が増えた

 農業委員会の許可が不要で農地の所有権移転登記等をできることがあります。このような場合は「農地法第3条の3第1項」の規定による届出が必要となりました。

耕作証明書の交付を受けたい

 農業機械用軽油の免税申請や、経営所得安定対策申請等に必要です。また、大仙市農業委員会以外の農業委員会に農地法、農業経営基盤強化促進法等の申請をする場合にも必要となる場合があります(当該農業委員会から指示があります)。

 なお、耕作証明書は農業委員会事務局、各分室で交付いたします。

農地基本台帳を閲覧したい

 農地基本台帳は農業委員会事務局、各分室で閲覧することができます。(農地基本台帳が電算化されましたので、実際には当該農家の農地基本台帳を印刷し、それを差し上げています。ただし、農家台帳の写しであることの証明はしません。)

 なお、大仙市に農地を有する大仙市以外の農家につきましては、当該農地のみの表示となります。

お問い合わせ

農業委員会事務局
電話:72-4611
ファクシミリ:72-2413

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加