川を渡るぼんでん - イベント

2016年1月14日

川を渡るぼんでん

川を渡るぼんでん.jpg

 大仙市大曲地域花館地区の各町内の当番の家を出発したぼんでんは、ほら貝の音も高らかにぼんでん唄を歌いながら、町内をまわります。一の鳥居前でもみ合いをした後、川舟で雄物川を渡り、標高約207mの伊豆山山頂にある伊豆山神社に奉納します。数あるぼんでん奉納行事の中で川を渡るのはここだけです。雪山を背景に、川舟で雄物川を渡る十数本のぼんでんの姿は、一面の銀世界と川面に映るぼんでんの色彩によって、見るものを幻想的な世界に誘います。

当日は早朝から、花館地区の各町内をぼんでんが練り歩きます。

注意

 写真撮影のため、臨時渡船場から対岸(雄物川左岸)に渡る人は渡し船に乗せてもらってください。対岸の堤防道路は、幅が狭いため、路上駐車出来ません。駐停車されると梵天奉納を終えて下向してくる各町内の人達を迎えに往復するマイクロバスが通行できなくなります。

 当日は、大曲大橋たもとの堤防道路入り口には、バリケードを設置し、交通指導隊を配置する予定ですので、ご協力願います。

 

開催日

毎年 2月11日(建国記念日)

開催場所

大仙市大曲地域花館地区各町内~雄物川(臨時渡船場)~伊豆山

スケジュール

9:30~11:30頃 町内ごとに順次渡船
※ 例年15本位奉納され、一回に1~3本のぼんでんが渡船します。

アクセス

JR大曲駅から車で5分
※ 駅からはタクシーでの移動をおすすめします。

駐車場

ノートルダム大曲様裏手に臨時駐車場を設営します。

  • 秋田市方面から玉川橋を渡って自家用車で来る方は、花館柳町交差点で国道13号バイパスを右折して約400m進むと右側に臨時駐車場入口があります。
  • 秋田自動車道を大曲I Cで降りて国道105号を通り大曲大橋を渡って来る方は、花館上町交差点を左折し、ノートルダム大曲の前を通過して約300m進むと、左側に臨時駐車場入口があります。

駐車台数

約200台

お問い合わせ

  • 川を渡るぼんでん実行委員会 電話 0187-62-3012(花館公民館)
  • 大仙市役所 観光交流課 電話 0187-63-1111(内線273)

地図

川を渡るぼんでん

お問い合わせ

観光交流課
電話:0187-63-1111(273)

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加