国指定名勝「旧池田氏庭園」特別公開 - イベント

2013年12月2日

国指定名勝「旧池田氏庭園」特別公開

ikedasi.gif

 東北三大地主として知られる池田氏。その庭園は明治時代の末期から大正時代に秋田市千秋公園などを設計した近代公園の先駆者、長岡安平によって築かれた池泉廻遊式庭園です。

 庭園のシンボルとなっている高さ4m、笠直径4mの国内最大級の雪見灯籠や新緑の中にたたずむ白亜の洋館(県内最古の鉄筋コンクリート造)、水辺に咲くカキツバタが彩りを添えます。

 また、庭園の東北東約3kmの国指定史跡「払田柵跡」内にある払田分家庭園は年間をとおして常時、公開されています。

 爽やかな風が吹き抜ける2つの名勝庭園で、初夏のひと時をお楽しみください。

※ 旧池田氏庭園春季一般公開中の一日間、洋館のライトアップを行います。

ライトアップ公開時間

5月31日(金)

  1. 午後7時
  2. 午後8時 (閉園午後9時)

申込方法

電話申し込みにて承ります。各時間30組限定です。

開催日

平成25年5月25日(土)~6月9日(日)

開催場所

大仙市高梨字大嶋1 旧池田氏庭園

スケジュール

【公開時間】 9:00~17:00 最終入場時間 16:00

料金

1人200円(整備協力金)

※ 分家(払田)庭園は無料

アクセス

JR大曲駅から車で10分

駐車場

30台 (土日は臨時駐車場有あり)

お問い合わせ

文化財保護課
電話:0187-63-8972

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加