大仙市花火産業構想

2015年4月1日

大仙市花火産業構想

「花火のまち」そして「大曲の花火」という全国に誇れる地域ブランドを活用し、様々な分野にまたがる発展軸を形成して地域を元気にしようとする、これまでにない概念の産業振興方策を示したものが「花火産業構想」です。

「花火産業」という言葉は、「大曲の花火」を核に、花火製造といった工業分野をはじめ観光分野、商業分野、農業分野などの産業分野に加え、文化や教育といった要素を有機的・複合的に組み合わせることで相乗効果を生む“新たな概念の産業”と定義しています。
大仙市、大曲商工会議所、大仙市商工会と共同で「花火産業構想策定プロジェクト会議」を立ち上げ、平成26年3月、3者による「大仙市花火産業構想」をまとめました。

大仙市花火産業構想アクションプラン

平成27年3月、「大仙市花火産業構想 第1期」で掲げる目標を達成するために実施する具体的な施策・事業を「大仙市花火産業構想 第1期アクションプラン」としてまとめました。

大仙市、大曲商工会議所、大仙市商工会の3者は、引き続き「花火産業構想推進プロジェクト会議」として、関係機関・団体との連携のもと、構想実現に向けた取り組みを進めてまいります。

お問い合わせ

観光交流課
花火産業構想推進室
電話:0187-63-1111(251,252)

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加