古布類を資源ごみとして収集しています

2018年4月25日

燃やせるごみの減量とリサイクルの推進を目的に

 大仙市では、ごみの減量化・再資源化を推進するため、古布類(古着・古布)の資源ごみ収集

を行っています。

 収集した古布類は、東南アジア等へ中古衣料として輸出されるほか、工業用ぞうきん(ウエス)

やルーフィング(屋根材)としてリサイクルされます。

 

古布類の出し方

 古布類は、まとめて透明もしくは半透明のビニール袋に入れて、集積所に出してください。

 収集月は5月、8月、11月の年3回です。収集日は、各地域版の「ごみカレンダー」

をご覧ください。

古布類の出し方

 

出す際の注意事項

  1.出す前に洗濯をお願いします。(クリーニングは不要です)

  2.ボタンや金具は取り外さないでください。

  3.社名や氏名が書かれているものは切り取ったりしないでください。

  4.古布類以外のものは入れないでください。

  5.袋に氏名等の記入は不要です。

 

古布類として出せるもの

【家庭から出される衣料品全般】

 洋服、着物、帯、下着類、体育着、背広、スーツ、制服 など

 

【家庭から出される古布全般】

 タオル、タオルケット、ハンカチ、毛布、カーテン、風呂敷、シーツなど

 

古着         ハンカチ

 

古布類として出せないもの

 ペットに使用したもの、布団や座布団などの「わた」が入ったもの、電気毛布、毛糸や毛糸でできているもの、おむつ、

 布の切れ端、枕、靴、糸くずなど

 

×1                       ×2    

 

 よくお問い合わせがある品目につきましては、こちらをご覧ください。

 

収集日以外に出す場合は大仙美郷クリーンセンターをご利用ください

 収集日以外に古布類を出したい方は、大仙美郷クリーンセンターで受け入れを行っています。

 ご利用にあたっては、下記の点にご注意ください。

 

 1.搬入する際は古布類のみを搬入してください。他のごみを混載して行くと使用料がかかります。

 2.出し方は集積所に出す場合と同じです。

 3.場内では係員の指示に従ってください。

   

お問い合わせ

環境交通安全課
廃棄物班
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加