いっせい防災行動訓練(シェイクアウト)を実施しました

2015年2月27日

 平成27年1月23日(金)、大仙市役所、大曲仙北広域市町村圏組合、大仙美郷環境事業組合の職員が「いっせい防災行動訓練(シェイクアウト)」を行いました。

 「シェイクアウト」は、「まず姿勢を低く(ドロップ)」「頭を守り(カバー)」「動かない(ホールド・オン)」の3つの動作を行う米国発祥の短時間訓練です。

 今回の訓練は、災害時応援協定を結び、平成27年3月に「友好交流都市協定」を締結する予定の神奈川県座間市との共同訓練として行ったもので、大仙市としては初の試みでした。また、今回は参加者を市職員等に限定し、その効果を分析しましたが、来年度以降は市民・自主防災組織の皆様や各事業所、学校などの方々にも参加していただき、皆様に「その日、その時、その時刻に、その時いる場所で実際に地震が発生した場合にどう対処し、どう行動するか」を考えていただきながら防災意識を高めていただく機会にしたいと考えてます。

 

「大仙市役所等いっせい防災行動訓練(シェイクアウト2015 in Daisen)」の成果報告書

 

大仙市シェイクアウト訓練 成果報告書PDF.pdf(3MB)

大仙市シェイクアウト訓練 所見・成果綴り.pdf(3MB)

大仙市シェイクアウト訓練 写真集.pdf(5MB)

お問い合わせ

総合防災課
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加