(社会資本整備総合交付金)社会資本総合整備計画について

2018年8月3日

  大仙市では国の社会資本整備総合交付金を活用し、社会資本整備総合計画に基づいた道路の整備や維持管理を行っています。

 

【社会資本整備総合交付金】

 社会資本整備総合交付金は、地方公共団体等が行う社会資本の整備その他の取組を国が支援することにより、交通の安全の確保とその円滑化、経済基盤の強化、生活環境の保全、都市環境の改善及び国土の保全と開発並びに住生活の環境の確保及び向上を図ることを目的として、平成22年度に創設されました。

 

【社会資本整備総合計画】

 地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を実施する場合には、社会資本総合整備計画(以下、「整備計画」といいます。)を作成し、国土交通大臣に提出することとなっています。

 

 また、整備計画を作成したときは、これを公表することとなっています。

 

現在、実施している整備計画は次のとおりです。

 

 【P1】社_1_安全で災害に強く、安心・快適に暮らせる県土づくり(一般).pdf(1MB)

 【P1】位置図.pdf(170KB)

 【P1】事前チェックシート.pdf(154KB)

  【P2】防_2_安全で災害に強く、安心・快適に暮らせる県土づくり(防災・安全)(一般).pdf(9MB)

  【P2】位置図.pdf(167KB)

  【P2】事前チェックシート.pdf(156KB)

   【P19】防_19_地域道路網の安全性・信頼性を確保するまちづくり(重点).pdf(3MB)

  【P19】位置図.pdf(162KB)

 【P19】事前チェックシート.pdf(155KB)

 【P21】防_21_通学路の整備により、安全・安心な生活環境を確保するまちづくり(重点).pdf(675KB)

 【P21】位置図.pdf(174KB)

【P21】事前チェックシート.pdf(156KB)

 

お問い合わせ

道路河川課
電話:0187-66-4905

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加