流雪溝の利用について

2018年2月27日

平成28年1月18日、県内で流雪溝に幼児が転落する事故が発生しました。

流雪溝の蓋を開けっ放しにすることは大変危険であり、歩行者や車両事故が懸念されます。

事故を防ぐために、今一度流雪溝の使い方を見直しましょう。

 

・雪捨てがすんだら速やかに蓋を閉める

・投入口の転落防止格子は絶対にはずさない

・流雪溝に子どもを近づかせない

 

以上の点をしっかり守ってください。

 

また、開けっ放しで投雪する際は、車や人が判る目印を表示するなど安全確保にご配慮をお願いします。

 

事故のないように、お互いに注意しあい、快適な冬を過ごすことができるようにご協力をお願いいたします。

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

道路河川課
電話:0187-66-4905

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加