避難者支援の5年間についてまとめました

2016年3月23日

 大仙市は、東日本大震災から5年間に渡り、被災地・被災者支援を行ってきました。

 特に、大仙市に避難されている方については、平成23年3月19日から「大仙市避難者サポートセンター」を設置し、避難者の受け入れや心のケアを行ってきました。サポートセンター業務を縮小した現在も、各種の情報発信等に努めています。

 また、避難者同士や大仙市民との交流の場として、平成24年7月から開設した「のびのび交流サロン」(市民交流プラザ「のびのびらんど」(花火庵)を活用)は、開設時から「折り紙教室」「絵手紙教室」「ひなまつり交流会」などの小イベントを開催しながら約3年半が経過しました。おかげ様で「大仙フレンズ連絡会」(ボランティア団体)及び地元「花火通り商店街」の多大なるご理解とご協力をいただき、現在も開催を継続しています。

 この5年間に渡る大仙市の避難者支援についてまとめましてので、ご覧いただけたら幸いです。

 

平成23~26年度 大仙市避難者支援について.pdf(14MB)

 

平成27年度 大仙市避難者支援について.pdf(27MB)

お問い合わせ

総合防災課
電話:0187-63-1111(319)

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加