11月の「たんぽぽの会」開催しました!

2016年12月5日

 

たんぽぽの会

 

11月の「たんぽぽの会」は、11月16日(水)大曲交流センターで開催しました

参加者は7名の女性の方々。認知症の方を介護している方、自分自身の勉強の

ためにと参加された方々でした。

 この日は、作業療法士さんをお招きして、「ものづくりを通した認知症予防」と題し

フェイスタオルを使って簡単に作れるぬいぐるみ製作行ないました。身近な材料で

簡単にかわいく作成でき、かつ手先を動かすので”認知症予防”にもつながります。

 

たんぽぽの会写真1

 

たんぽぽの会写真2

 作業療法士さんは、自身の認知症介護体験談も会の中でお話してくださいました。認知

症の方を介護する介護者の気持ちに寄り添いながら、家族介護だけでがんばらないこと、

ケアマネジャー等の第3者に介入してもらうこと等の大切さを伝えていました。

 たんぽぽの会では、毎回テーマを設けて勉強会を開きながら、介護者の気持ち・悩み・つ

らさ・疑問・なんでも、交流会の中で語り合う時間を設けています。明日からの生活・介

護に元気が出るように思いを語り合える時間をみなさんで共有できたらと思います。

 次回は、12月14日(水)10時~ドンパルで開催します。ぜひお気軽にご参加ください。

お問い合わせ

高齢者あんしん相談室(地域包括支援センター)
電話:169

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加