大仙市アーカイブズ閲覧利用の案内

2018年1月17日

閲覧するために

 特定歴史公文書等(以下、史資料)の利用の手続きは、以下のとおりです。わからないことがありましたら、

お気軽に職員へお声掛けください。

 

1 検 索
  ・閲覧室または当ホームページ上の目録データから、史資料の検索をしてください。

   

   公開している史資料の目録について、行政文書は、明治16年から平成10年までの旧大曲市の

      行政文書のものです。

   地域史料は、池田家文書(仙北地域高梨)のうち、「六郷役屋文書」「親郷役所日記」のものです。

     地域史料の公開について、現在、アーカイブズ内でデジタル画像による公開を行っております。

 

  

   目録更新しました。    行政文書_20180113.xlsx(515KB)行政文書_20180113.pdf(3MB)

 

                                                   地域史料_20170919.xlsx(312KB)地域史料_20170919.pdf(842KB)

                                              

  

 

  ・特定できない場合は、職員へお聞きください。

 

2 閲覧・複写申請書の提出
  ・検索後、申請書に必要な事項(資料番号など)を記入し、受付へお持ちください。

          閲覧・複写申請書.doc(59KB)

         閲覧・複写申請書.pdf(80KB)   

 

  
  ・閲覧申請できる史資料の点数は、1回の申請で10点までです。

  ・数十冊以上の史資料を閲覧する場合は、事前に当アーカイブズへ御連絡いただければ、史資料の出納を

   円滑に行うことできます。ただし、一度に閲覧できる史資料は、10点までです。

 

3 利用審査
  ・史資料は、利用が制限されている場合があります。目録の利用区分の公開、一部非公開、非公開の別を

   参照してください。
  ・利用区分が要審査となっている場合は、個人情報や史資料の劣化等の状態などにより、公開できるか

   どうかの判断を行います。その場合、閲覧申請の受付後、15日以内にその審査結果を連絡いたします。
  

 

4 閲 覧
  ・原本またはデジタルデータ画像での閲覧となります。
  ・デジタルデータ画像があるものは、資料保存の観点から、デジタルデータ画像での閲覧となる場合があります。

  ・閲覧にあたり

      閲覧にあたり.pdf(32KB)

 

5 複 写
  ・複写にはデジタルカメラなどの撮影機材による撮影と、職員が行う電子式複写機(コピー機)による

   複写があります。

   ただし、史資料の原本を電子式複写機で複写することはできません。
  ・デジタルデータ画像がある史資料については、複製データの作成による複写となります。

  ・複製データは、当アーカイブズが用意している記録媒体(CD-ROM)へ複写いたします。セキュリティ上

   お手持ちの記録媒体への複写はできません。
  ・デジタルカメラ等の撮影機材での撮影は無料です。撮影場所など、職員の指示に従ってください。
  ・複写料金は以下の料金表のとおりです。

 

 

種類

 

媒体(サイズ)

 

料金

白黒

紙(A4,A3)

10円

カラー

紙(A4,A3)

20円

複製データ

CD-ROM

100円

 
 6 返 却
   ・閲覧が終わりましたら、受付へ史資料を戻しください。
   ・デジタルカメラなどの撮影機材で史資料を撮影された場合は、返却の際に史資料ごとの撮影枚数を

    閲覧・複写申請書に記入してください。

 

関連ワード

お問い合わせ

総務課
大仙市アーカイブズ
電話:0187-77-2004(fax sharing)
ファクシミリ:archives@city.daisen.akita.jp

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加