弾道ミサイル落下時の行動について

2017年7月3日

弾道ミサイル落下時の行動について

 弾道ミサイルは、発射からわずか10分もしないうちに到達する場合があります。弾道ミサイルが日本に飛来する可能性があると判断した場合には、政府は、全国瞬時警報システム (Jアラート)を使用し、緊急情報を伝達します。 大仙市では伝達された情報を自動的に市のメールシステムである「防災ネットだいせん」で配信するほか、「大仙市防災ラジオ」による緊急放送により特別なサイレン音とともにメッセージをを流します。また、市のメールシステム「防災ネットだいせん」とは別に携帯電話にエリアメール・ 緊急速報メールの配信も行われます。

 

 詳細については、国民保護ポータルサイト(http://www.kokuminhogo.go.jp/)をご覧ください。

 

koudou.JPG

出典:国民保護ポータルサイトhttp://www.kokuminhogo.go.jp/pdf/290922koudou2.pdf

お問い合わせ

総合防災課
電話:295

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加