【大雨被害関連情報】大仙市住宅リフォーム支援事業について【災害復旧に関する工事】

2017年7月28日

【災害復旧に関する工事】大仙市住宅リフォーム支援事業について

 

 平成29年7月22日から翌日にかけて発生した水害により、被害を受けた住宅を復旧する工事に対して補助金を交付します。

 災害復旧工事の場合は、過去に住宅リフォーム推進事業を利用したことのある住宅も対象になります。

 

 なお、秋田県においても災害復旧に関するリフォーム支援事業を行っております。大仙市との併用は可能となっております。

 秋田県のリフォーム支援事業の概要は、以下をクリックしていただくとご覧になれます。

 秋田県住宅リフォーム推進事業(災害復旧工事)

 

 

○災害復旧工事に関するパンフレット

 災害復旧工事に関するパンフレットを作成しましたのでご覧ください。



○対象となる住宅

  • 平成29年7月22日から翌日にかけて発生した水害により被害を受けた自らが居住する住宅であること。
  • 市が発行する罹災証明書があるもの。
  • ただし、空き家、農作業小屋、車庫、物置等の非住宅建築物、増築を伴う工事は対象となりません。


    交付対象者

     次の要件をすべて満たす方。

    • 大仙市の住民基本台帳に登録されている方で市内に住んでいる方。
    • 対象者及び同居する家族が市税を滞納していないこと。

    対象工事

    ◎災害復旧工事分

    1. 災害復旧に要した費用(税抜き)5万円以上の工事。
    2. 災害復旧工事に限り、施工中、施工後の工事も対象となります。ただし、施工前の場合は、事前の申請をお願いします。

     

     対象となる工事の例については、次のとおりです。

     

    • 床上浸水になったため、畳を新しくする。
    • 床上浸水になったため、外壁に水が入ったことによる外壁張替。
    • 床上浸水になったため、電気配線、照明等を修理する。
    • 床上・床下浸水により、壁(壁紙等を含む)、床、天井を修理する。
    • 床上・床下浸水により、建具のゆがみ、窓、ガラス等の破損等による交換、修理。
    • 床上・床下浸水により、給湯器等の固定式機械設備の交換、修理。ただし、冷蔵庫、テレビなどの備品等は対象となりません。

     

    補助金の額

     ◎災害復旧工事分

      対象工事費(消費税を除く)の20%(1円未満切捨て)で、上限額は30万円です。

     

      最終的な補助対象額は、領収書に記載された額から消費税相当分を除いた額となります。

      過去にこの補助金を受けている方でも申請が可能です。

      今後、リフォーム支援事業を行いたい方でも今回の災害復旧工事の補助金額は、リフォー

       ム支援事業の累計額として計算されません



    受付窓口

    • 大曲地域:建設部建築住宅課(大曲南庁舎2階)
    • 大曲以外の地域:住宅のある地域の支所の農林建設課


    申込期間

     

      平成29年10月31日(火)まで

     

       平成29年11月1日(水)以降の申請の場合、罹災証明書がある場合でも対象となりません

        ので、ご注意願います。



申請様式



お問い合わせ

大仙市 建設部 建築住宅課 管理班

所在地 大仙市大曲日の出町2丁目8-4 大曲南庁舎2階
電話番号 0187-66-4909
ファクス 0187-63-4505

お問い合わせ

建築住宅課
電話:0187-66-4909

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加