H29木造住宅耐震診断支援事業について【再募集】- 建築住宅課のお知らせ

2017年12月1日

木造住宅耐震診断支援事業について【再募集】

 大仙市では、災害に強い安全なまちづくりのために『大仙市耐震改修促進計画(第2期)』を平成28年3月に策定しました。

 その計画では、平成32年度までに木造住宅の耐震化率を75%にすることを目標としています。この目標を達成するために、昭和56年5月31日以前に建築された木造戸建住宅に対して耐震診断費用の支援を行っております。

 

 

 

耐震診断について

【耐震診断】について

 耐震診断士(※1)が木造住宅の耐震診断と補強方法(一般財団法人日本建築防災協会発行)に定める一般診断法(※2)に基づき、木造住宅の地震に対する安全性を評価すること。

 耐震診断を行う耐震診断士については、市が委託する専門機関から耐震診断士を派遣します。

 なお、行うのは耐震診断のみで、耐震補強案の作成や工事などは行いません。

 

 ※1 耐震診断士=秋田県知事が秋田県木造住宅耐震診断技術者として登録した方

 ※2 一般診断法=耐震補強等の必要性の判定を目的とした診断方法。原則として、非破壊による
          調査で分かる範囲の情報に基づくものですが、建物の状態等を可能な限り目視
          で行うことから、床下、天井裏、押し入れ等から床組、小屋組等の躯体調査を

          いたします。

 

 

耐震診断の対象となる住宅について

 

  • 大仙市内の住宅であり、昭和56年5月31日以前に建築された木造戸建住宅であること(丸太組工法は除く)。
  • 店舗等との併用住宅の場合は、店舗部分の床面積が延べ面積の2分の1未満であること。
  • 過去に市の事業による耐震診断又は耐震改修の補助金の交付を受けていないこと。

※対象住宅の着工時期が確認できる書類(建築確認通知書、検査済証、登記事項証明書等)のいずれかの写しが必要です。

 

 

耐震診断にかかる費用について

 

個人負担金1万円。残額については、市・県・国が負担します。

 

 

募集期間について

 

 申請期間:平成29年12月1日(金)~

 

 募集がいっぱいになりましたら、募集期間内でも受付を終了します。

 

募集戸数について

 

先着2戸

  

 ※募集戸数に達した場合は受付を締め切らせていただきます。

 

申請受付場所について

大仙市役所 南庁舎2階 建築住宅課

 

 

申請様式について

 

【申請書様式(耐震診断)】 

 

 

 

お問い合わせ

大仙市 建設部 建築住宅課 管理班

所在地 大仙市大曲日の出町2丁目8-4 大曲南庁舎2階
電話番号 0187-66-4909
ファクス 0187-63-4505

関連ワード

お問い合わせ

建築住宅課
管理班
電話:0187-66-4909
ファクシミリ:0187-63-4505

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加