(仮称)花火伝統文化継承資料館の愛称が『はなび・アム』に決定しました!

2018年3月1日

 資料館機能と生涯学習機能が融合した新たな拠点となる「(仮称)花火伝統文化継承資料館」の愛称を広く募集しましたところ、最年少5歳から最年長85歳までの幅広い年齢層の方から、総数215件のご応募をいただきました。

 花火関係者など民間団体の代表者をはじめ10名の審査員により、2次にわたる審査を行った結果、最優秀賞に大仙市刈和野の白土忠成さんからご応募いただいた「はなび・アム」が選定されたほか、優秀賞3点、入賞5点が決定しました。

 ご応募いただいた白土さんからは、国内外に広く知っていただく施設となるよう、本市を代表する「花火」と英語の「ミュージアム」を合成し、年齢に関係なく覚えやすく親しみやすい呼称、表記としていただきました。また、「・(ドット)」部分を花火が開いたようなマークにしてはどうかとのご提案もいただいており、施設の魅力や期待感の向上、愛着の増進が期待されることから、ご提案に沿ったイメージを検討してまいります。

 決定した愛称『はなび・アム』については、資料館専用ホームページへの掲載をはじめ、PR活動などで広く活用し、定着を図ってまいります。

 

 たくさんのご応募、ありがとうございました。

 

 本資料館は、4K4面マルチシアターによる大迫力の映像シアターをはじめ、花火の歴史を知り、体験できる展示のほか、収蔵点数約14,000点に上る貴重な花火のアーカイブ資料をご覧いただくことができるなど、子どもから花火ファンの方まで楽しめる施設として、平成30年8月5日の開館を予定しております。

 多くの方に愛され、親しみを持って訪れ、活用していただける施設を目指し、整備を進めてまいります。

 

■愛称の選考結果

受賞区分 作品名 受賞者
最優秀賞(1点) はなび・アム 白土 忠成さん(大仙市刈和野)
優秀賞(3点) 花火ミュージアム   吉川 祐弘さん(大仙市大曲)
三浦  哉 さん(仙北中学校)
今野  歩 さん(仙北中学校)
大曲花火伝承資料館『DO~ON(ドーン)』 小原 誠光さん(岩手県花巻市)※
ハナーム大曲 石澤 孝裕さん(秋田市御所野)※
入 賞(5点)

Agalbe(アガルベ)

小松 未旺さん(大曲中学校)
大曲はなび館 -OMAGARI HANABI- 茂木 寿弘さん(大仙市協和)
はなびあむ(花火会夢) 澤口 雄斗さん(協和小学校)
だいせんはなびミュージアム 千葉 陽子さん(岩手県奥州市)※
花火ミュージアム Historical&Cultural heritage  高橋 絢子さん(大仙市大曲)

注)※印の方は花火鑑賞士

 


■担当部局(お問い合わせ先)


  大仙市企画部総合政策課
  電話:0187-63-1111(内線278)

お問い合わせ

総合政策課
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加