【企画展】新着情報!

2019年8月29日

旧本郷家住宅什器展 開催

 国登録有形文化財・旧本郷家住宅の文庫蔵において、「旧本郷家住宅什器展」を開催中です。


 本郷家は、江戸時代元禄期(18世紀初頭)にはじまる在方商人地主であり、雄物川舟運を通じた商いで大きく財をなし、その財をもって農地を集積し、明治時代には仙北郡高梨の池田家、秋田の辻家に次ぐ秋田三大地主の1つに数えられるようになりました。

 

 近世には、この集積した農地で作られた米を、雄物川を通じて、秋田藩への上納米として「下り船」で土崎へ運び、帰りの「上り船」では塩、砂糖などの生活必需品や日用雑貨を仕入れていたほか、本郷家は上方商人と直接的なつながりをもち、様々な物資を仕入れていました。


 本企画展では、平成29年(2017)に市へ寄贈していただいた本郷家旧蔵の資料の中から、江戸時代後期の輪島塗など、北前船交易と雄物川舟運によってもたらされた、時代を経てもなお美しい漆器を展示していますので、ぜひご覧ください。

  

 ○日 時 令和元年8月29日(木)~9月1日(日)

      午前9時~午後4時

 

 ○場 所 国登録有形文化財・旧本郷家住宅 文庫蔵内

 

 ○入館料 無料

 

 ○問合せ 文化財保護課 0187-63-8972(平日)

 

     

 

 

鈴木空如展 「密教図像の世界」 開催

 

 旧池田氏庭園内米蔵において、鈴木空如展「密教図像の世界」を開催中です。

 鈴木空如は、法隆寺金堂壁画を焼損前に原寸大で3度模写したことで有名ですが、

彼自身のもう一つの夢として、全国の寺院などに残されている、名品の密教図像を

模写することも大きな夢でした。

 その目的は、多くの人々に仏教美術の素晴らしさと本来の仏画の描き方を知ってもらいたい

との一念から、仏画の教科書を制作しようと考えました。ついには完成しませんでしたが、

現在、その原画が2千点余りが残されています。
 今回の展示では、鈴木空如が模写した国内の密教図像のうち、現在では容易に拝観することが

出来ない図像や散逸した図像を展示します。

 

おもな展示作品

 前期 7月2日(火)~7月28日(日)

  「五部心観」 (園城寺蔵、原本国宝、タテ 40センチ×ヨコ 2211.3センチ) 

  「金胎仏画帖」 (金剛界「大日如来」「金剛波羅密」「金剛薩埵菩薩」、各タテ27センチ×ヨコ39センチ)

  「真言八祖像 空海像」(栂尾山蔵 タテ120センチ×ヨコ114センチ)

 

 

 後期 7月30日(火)~9月1日(日)

  「薬師十二神将図」(定智本、タテ30.5センチ×ヨコ643.5センチ)

  「四種護摩爐形本尊眷属像」(慈尊院本、タテ38センチ×ヨコ1272.5センチ)

 

 出品目録  (PDF 65kb)

 

 

 ○ と き 7月2日(火)から9月1日(日)まで  月曜日休園

         前期:7月2日(火)~7月28日(日)

         後期:7月30日(火)~9月1日(日)

        午前9時から午後4時まで(入場は午後3時30分まで)

 

 ○ ところ 名勝旧池田氏庭園米蔵内

 

 ○ 入園料 300円(高校生以下無料 団体20名以上240円)

 

 ○ お問合せ 庭園に関すること 庭園案内所 0187-62-6257 (月曜日休)

         展示に関すること 文化財保護課 0187-63-8972 (土・日曜日休)

 

 

展示室内

 

 

左:「五部心観」 右:「金胎仏画帖」

 

旧池田氏庭園で「池田家古写真展2」 開催

 池田家は、大正期から昭和初期にかけて1千町歩を越える巨大地主として地域の発展に深く

関わりました。

 池田家には、地域の近代化を伝える古写真2千点余が残されています。

 本企画展では、古写真をとおして池田家の生活と地域貢献を紹介します。

 皆様の御来園をお待ちしております。

 

 ○ と き 6月18日(火)から6月30日(日)まで  月曜日休園

        午前9時から午後4時まで(入場は午後3時30分まで)

 

 ○ 場 所 旧池田氏庭園内米蔵内

 

 ○ 入園料 300円(高校生以下無料 団体20名以上240円)

 

 ○ お問合せ 庭園案内所 0187-62-6257 (月曜日休)

 

    

左から(高梨小学校竣工式、水道管敷設、池田家野球チーム)

 

山岡 惇 木の作品展「探究 木の表現」 開催

 秋田公立美術大学准教授 山岡惇さんが探求されている、木工による木の表現に関する企画展です。

 山岡さんの作品のほかに、学生の取組をパネル展示で紹介いたします。

 

 ※この企画展は、大仙市と秋田公立美術大学との連携事業です。

 

 ○ と き 5月25日(土)から6月16日(日)まで  月曜日休園(祝日の場合は翌日)

        午前9時から午後4時まで(入場は午後3時30分まで)

 

 ○ 場 所 旧池田氏庭園内米蔵内

 

 ○ 入園料 300円(高校生以下無料 団体20名以上240円)

 

【ギャラリートーク】

 山岡さんが米蔵内で作品を鑑賞しながら、みどころを紹介します。

 

 

 

 

 

 ○ と き 6月9日(日) 午後2時から40分程度

 

 ○ 場 所 旧池田氏庭園米蔵内(入園料がかかります)

 

 ○ 予約不要

 

      

 

     山岡 惇  Being Lady Stool                     山岡 惇 s・car

 

鈴木空如筆 法隆寺金堂壁画展 開催

 平成28(2016)年以来となる法隆寺金堂壁画展を開催いたします。

 

 法隆寺金堂は、昭和24(1949)年に火災に遭い、堂内を荘厳(装飾)していた壁画は焼損し

一部は焼失しました。

 

 鈴木空如は、明治末から昭和初期にかけて独力で3度にわたり、法隆寺金堂壁画を模写しています。 

その手法は、原寸大(縦3・1m、幅1・6~2・7m)で剝落もそのままに描く現状模写でした。

 

 本展示では、3作目の模写絵12点と、1作目の精巧なレプリカ(1/2スケール)12点を展示します。

 大仙市では、これまで3作目(昭和11年完成、生家旧蔵)の模写絵を所蔵し展示をしておりましたが、

昨年11月、1作目の所蔵者である箱根鈴木家から、1作目の模写絵を御寄贈いただきました。

 

 

 

 

 

 

 1作目は初の一般公開となりますので、是非とも御拝観ください。

 

 

 ○ と き 5月24日(金)~6月9日(日) 期間内 無休

        午前9時から午後4時(入場は午後3時30分まで) 

 

 ○ 場 所 太田文化プラザ (大仙市太田町太田字新田田尻3番地4、大仙市役所太田庁舎となり)

 

 ○ 入場無料

 

                             

          鈴木空如(1913年、40歳)        1作目 6号壁画「阿弥陀浄土図」左脇侍「観音菩薩」

 

 

文化財保護課 企画展示年間スケジュールのお知らせ

文化財保護課では、旧池田氏庭園、払田柵総合案内所、角間川旧本郷家住宅、太田文化プラザ、大曲図書館において、市が所有する文化財をはじめとした企画展を開催します。

市に残された歴史と文化は世界で唯一のものであり掛け替えのないものです。

企画展をとおして、新しい文化の創造を皆さんと考えていきたいと思います。

 

 

企画展チラシ

 

 

企画展示年間スケジュール【表】(1MB)

企画展示年間スケジュール【裏】(852KB)

 

 

 

展示日程

○旧池田氏庭園米蔵

・池田家古写真展1: 4月27日(土)~ 5月19日(日)

・池田家古写真展2: 6月18日(火)~ 6月30日(日)

・池田家古写真展3: 9月 3日(水)~10月 6日(日)

・池田家古写真展4:10月19日(土)~11月10日(日)

 

・秋田公立美術大学准教授 山岡 惇 木の作品展「探求 木の表現」:5月25日(土)~6月16日(日)

 

・鈴木空如「密教図像」展:7月2日(火)~9月1日(日)

 

・コーヒー&ニットIVY高畑 「平和の手仕事」:10月9日(水)~10月16日(水)

 

○払田柵総合案内所

・大仙市埋蔵文化財展:4月27日(土)~11月17日(日)

大仙市所蔵の埋蔵文化財を展示

 

○角間川旧本郷家住宅内蔵

・本郷家什器展: 8月29日(木)~9月1日(日)、10月19日~11月10日(日)

 

○太田文化プラザ

・鈴木空如模写「法隆寺金堂壁画」展:5月24日(金)~6月9日(日)

 

鈴木空如模写「法隆寺金堂壁画」12面を展示(隔年開催)

 

○大曲図書館市民サロン展示室

・文化財って何だろう?:1月7日(火)~1月30日(木)

         

 

 

※各企画展の詳細は、文化財保護課ホームページで更新予定です。

 

  展示内容および展示期間については、変更する場合がございます。

 

 

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加