いっせい防災行動訓練(シェイクアウト2019 in Daisen)を実施しました

2019年5月15日

平成31年1月23日(水)午前11時00分、大地震の発生直後に身を守るための「第5回大仙市いっせい防災行動訓練~シェイクアウト2019 in Daisen~」を行いました。

「シェイクアウト訓練」とは、「まず姿勢を低く(ドロップ)」「頭を守り(カバー)」「動かない(ホールド・オン)」の3つの動作を行う米国発祥の短時間で行える訓練で、市では「市民参加型の訓練」として実施しています。

今回は目標を前回の3万人(人口の36%)を更に1万人上回る、人口の約半分にあたる4万人を目標に設定し多くの市民の皆様から参加していただきました。

実績人数としては39,059人の方々から参加をいただきました。目標の4万人には941人足りない結果となりましたが、冬季の停電を想定したプラスワン訓練等、多くの方に意欲的に訓練に取り組んでいただきました。参加者からは「地震から起こる次への行動を考える良い機会になった」などの声もあり、訓練の目的をおおむね達成できたものと考えております。

 

「いっせい防災行動訓練(シェイクアウト2019 in Daisen)」の成果報告書

 

大仙市シェイクアウト2019 成果報告書.pdf(514KB)

 

大仙市シェイクアウト2019 成果報告書(庁内).pdf(362KB)

お問い合わせ

総合防災課
電話:0187-63-1111

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加