刈和野地区都市再生整備計画

2019年6月11日

 都市再生整備計画は、地域の歴史・文化・自然環境等の特性を活かした個性あふれるまちづくりを実施し、地域住民の生活の質の向上と地域経済・社会の活性化を図るため、まちづくりの目標とその実施状況(成果)を定量化する指標や、事業期間内に実施する各種事業等を記載した計画です。

 大仙市では刈和野地区で500年余りの伝統を誇り、当市で唯一の国指定重要無形民俗文化財である「刈和野の大綱引き」を継承し、地域資源を活かした通年観光化による地域活性化を目指し、「刈和野地区都市再生整備計画」を策定しました。

 事業の核となる(仮称)大綱交流館は、老朽化した西仙北中央公民館に代わって西仙北地域の地域拠点・災害時避難施設として利用する他、「刈和野の大綱引き」の展示コーナーや作業棟を設けることで、綱引きの歴史や製作過程、綱飾り作業や大綱引き当日の行事の様子、国外の友好都市で行われている綱引き行事を紹介するとともに、大綱製作に合わせて実際に作業体験ができる施設として整備することで、伝統行事の継承と観光資源としての活用を図るものです。

 合わせて、大綱引き会場に面する大綱交流サロンを改築し、綱引き当日には観覧場として、当日以外は(仮称)大綱交流館のサテライト施設として地域住民の活動・交流の機会を創出します。また、JR刈和野駅前にあり、原寸大の大綱を展示している刈和野大綱展示場を改築し、「刈和野の大綱引き」のPR効果を高めるとともに、刈和野駅を起点としたまちなか回遊を促進します。統一性のある観光案内板の設置や、街灯に添加されている案内板の更新も行い、まちなかの景観形成と回遊性の向上を図ります。

 

都市再生整備計画(刈和野地区).pdf(2MB)

 

社会資本総合整備計画(刈和野地区).pdf(2MB)

お問い合わせ

生涯学習課
電話:0187-63-1111
ファクシミリ:0187-63-7131

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加