幼児教育・保育の無償化について

2019年9月13日

 令和元年10月から幼児教育・保育の無償化が開始され、幼稚園・保育所・認定こども園などに通う3歳児から5歳児の全てのお子さんの保育料が無償となります。認可施設(保育所・認定こども園・地域型保育事業所・幼稚園<新制度移行済>)を利用している方(利用される予定の方)は、保育料の無償化の手続きは不要です

 

 幼稚園の預かり保育事業や認定こども園(1号認定)の預かり保育事業、認可外保育施設、一時預かり事業、ファミリー・サポート・センター事業、病児保育事業を利用している方(利用される予定の方)は、保育の必要性がある場合のみ無償化の対象になりますので、保育の必要性の認定申請の手続きが必要です

 

 なお、その他無償化に関する情報につきましては、下記をご覧ください。

 

 

■幼児教育・保育の無償化制度の概要について

 

■「保育の必要性」の認定申請の手続きについて

 

■副食費について

 

■保育施設の設置・運営事業者の申請手続きについて

 

■特定子ども・子育て支援施設等の確認の公示について

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加