節水のお願い

2019年8月9日

節水にご協力ください

 上水道及び簡易水道をご利用の皆様には、平素より大仙市水道事業につきまして、ご協力いただき厚くお礼申し上げます。
今年の猛暑、降水量不足により、大仙市水道事業の水源としている河川水位が著しく低下しております。
今後も続く猛暑の中、水道使用量が日々増加しており、深刻な水不足が心配されます。

上水道及び簡易水道をご利用の皆様にはご迷惑をおかけしますが、「節水」にご理解とご協力をお願いいたします。

節水のポイント

● 蛇口はこまめに閉めましょう。
   水を1分間流しっぱなしにすると約12Lの水を使います。
   食器などはため洗いをするなど、蛇口はこまめに閉めて出しっぱなしはやめましょう。

 

● お風呂でのシャワーはこまめに止めるようにしましょう。
   シャワーを15分間出しっぱなしにすると約180Lの水を使います。

   また、浴槽へのお湯の入れすぎや、止め忘れに注意しましょう。

 

 

● 洗濯はできるだけお風呂の残り湯を利用しましょう。
   お風呂の残り湯は水温が高いので汚れもおちやすくなります。浴槽のお湯は捨てずに洗濯に活用しましょう。
   また、洗濯物はできるだけまとめて洗うように心がけましょう。

 

● トイレの大小レバーの使い分けをし、水の流しすぎには注意しましょう。
   トイレの洗浄レバーは、機種にもよりますが大と小では約2L違います。
   大小を適正に使い分けることで節水することができます。

 

● 洗車はバケツに汲み置きした水を使いましょう。

   ホース流し洗いをすると約240Lの水を使いますが、バケツに汲んで洗うと約30Lの水ですみます。

  

 

● 水道メーターを確認しましょう。
   水道メーターの使用量やパイロット(銀色の印)を確認することで、宅内の漏水の早期発見につながります。
   ※蛇口がすべて閉まっているのにパイロットが回転している場合は、漏水している可能性があります。

  

 

  日常のちょっとした節水を続けることで、たくさんの水が節約できます。

 水道料金の節約にもなりますので、何卒ご協力お願い致します。

お問い合わせ

水道課
電話:0187-63-1111(156)

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加