ため池ハザードマップを活用した防災訓練を実施しました。

2019年9月10日

下記のとおり実施しました。

 

●日時 令和元年9月8日(日) 午前8時~

 

●対象ため池 中沢ため池(大曲球場隣り)

 

●訓練実施地区 大仙市内小友字中沢地区 

 

●避難場所 中沢会館

 

●内容

 集中豪雨(平成29年度豪雨を想定)により、ため池堤体からの越水や山地からの土砂流入の危険性が高いと判断し、ため池管理者(自治会長)から地域の防災員を通じて、消防団と自治会が中沢地域の住民に避難の呼びかけを行い、地元住民は中沢会館に避難しました。

 避難所にでは、ダンボールを用いた簡易居住スペースの作成を市の総合防災課指導のもと体験しました。

 避難完了後、内小友地区防災部長による講評をいただき、地域住民による意見交換を行いました。

 

 当日は、スタッフを含め総勢70名となり、うち地域住民は29世帯40名の参加となりました。

 

itizu2

ため池位置と避難訓練実施範囲

 

HM2

ため池ハザードマップ

 

訓練の様子

 

ミーティング

開始前のミーティング

避難経路や誘導者の立ち位置等を確認しました。

 

行程確認

 

行程2

開始前のミーティング

訓練シナリオの確認及び説明を行いました。

 

連絡

現地確認をしたため池管理者(自治会長)より避難指示を受け、訓練開始です。

 

呼びかけ

消防団と協力し自治会役員による避難周知・呼びかけを実施。

 

避難

地域住民同士で確認し合い、中沢会館へ避難をしました。 

 

受付

 

uketuke2

自治会名簿を基に避難者の確認・受付を行いました。

 

ダンボール

避難所では市総合防災課指導のもと、ダンボールによる簡易居住スペースの作成を体験。

 

講評

避難完了後、内小友地区防災部長による講評をいただきました。

 

意見交換

最後に、地元住民同士での意見交換を行い、終了しました。

関連ワード

お問い合わせ

農林整備課
電話:0187-63-1111(245)

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加