副食費について

2019年9月13日

 令和元年10月から幼児教育・保育の無償化が開始となります。3歳児から5歳児までの全てのお子さんの保育料は無償となりますが、これまで保育料の一部となっていた副食費については実費負担となり、保育施設等に直接お支払いしていただくことになります。

 

2号認定子ども(3歳児~5歳児)

  保育料は無償になりますが、保育料以外の副食費は無償化の対象になりません。

 

 2号認定子どもについては、副食費が免除となる場合があります。

  ・年収360万円未満相当世帯の子ども

  ・所得階層にかかわらず、第3子(※)以降の子ども

 

  ※ 第3子以降の子どもは、次の算定基準となります。

   ・年収360万円未満相当:年齢にかかわらず被監護者の数(別居・別生計含む) 

   ・年収360万円相当以上:小学校就学前(同一世帯内のみ)

 

3号認定子ども(0歳児~2歳児)

  副食費が保育料に含まれているため、負担していただく内容に変更はありません。保育料は市区町村民税非課税世帯のみ無償化の対象となります。

 

すこやか子育て支援事業

 これまで県と市では、すこやか子育て支援事業として、子育て世帯の経済的負担を軽減するため、保育料等を助成しておりましたが、今般の国の制度の見直しを踏まえ、10月からは副食費についても助成の対象とすることといたしました。

 

《副食費助成制度の概要》

 ○対象年齢   3歳児から5歳児

 ○出生順位  第1子から

 ○対象施設  認可保育所、幼稚園、認定こども園、認可外保育施設など

 ○所得制限  世帯年収360万円~(世帯年収約360万円未満世帯は、国の制度により副食費免除)

 ○助 成 率  ・市町村民税所得割課税額に応じ、1/2または1/4

                      ・ひとり親世帯は一律1/2

                      ・平成28年4月2日以降に第3子以降が生まれた世帯の第2子以降の副食費を全額助成

                      ・平成30年4月2日以降に生まれた第2子以降の副食費を全額助成

 

 ■大仙市すこやか子育て支援事業保育料等減免申請書

 

 ■幼児教育・保育の無償化に伴うすこやか子育て支援制度の変更について

関連ワード

お問い合わせ

子ども支援課
幼保推進班
電話:0187-63-1111(103)

ソーシャルメディア

このエントリーをはてなブックマークに追加